二〇一一年、私がツイッターを初めてそれ程には経っていない頃だ。渡邊芳之帯広畜産大学享受が、差別語について話しているのに危うさを持ち、次のようなメンションを付けた。当時は、エスニシティを公表していなかった。

渡邊芳之(@ynabe39)
だからさあ「この言葉を言ったら差別になる」とか「この言葉なら差別にならない」なんてないのよ。あなたが差別してればどんな言葉も差別になるし差別してなければどんな言葉でも差別じゃないのよ。
2011年6月21日

渡邊芳之(@ynabe39)
当事者にはわかりますよ。当事者なんだから。 RT @BeneVerba: 誰が当事者で誰が当事者でないか、あらかじめわかるはずもないでしょう。
2011年6月21日

渡邊芳之(@ynabe39)
だからどうした? 何を言おうと「あなたが差別していない」という保証などないよ。RT @BeneVerba: でも当事者は、差別されることを恐れて、「何々が差別語だとされているのは言葉狩りだ」みたいな議論に参加しないかもしれません。
2011年6月21日

渡邊芳之(@ynabe39)
「自分は非当事者だが差別してない,自分以外の非当事者は差別している,だから差別撲滅のために活動している」みたいな人はいちど死ねばいいと思う。2011年6月21日


 渡邊が、私を日本人と誤認として見ているのは、明らかだろう。その上で、「死ねばいい」とまで言う。一方私の方は、非常におぼろめかした書き方をしている。

 自分のルーツを語ることは、プライバシーに属する。自分のルーツを語っていなかったからと言って、渡邊の差別性が消えてなくなるわけではない。

# by BeneVerba | 2014-07-10 10:43 | Trackback | Comments(0)
 在特会の行う街宣のみが差別デモなのではない。日の丸掲げ、右翼と一緒に歩くようなデモもまた、思想信条や、参加者のルーツによって選別しているという点で差別デモなのだ。

 この点を抜きにする者に、三・一一からの運動を語っても上滑りするだけである。

 そして、今も、日の丸の掲げる反原発運動は行われている。それは安倍政権の上からのファシズムに対して、下からのファシズムとして、ファシズムを補完する役割を果たしている。

 希望のなき時代は、これからも続くだろう。

# by BeneVerba | 2014-07-10 09:39 | 意見 | Trackback | Comments(0)
 反原発運動の国民運動化において、原田裕史という人物の罪は重い。2012年の段階で、彼は反原発運動への日の丸の持ち込みを肯定的にとらえている。それは、もちろん日の丸の下に束ねられたくない、というものを排除するものであり、マジョリティに媚びを売るものである。そして、彼らは負け続けている。

原田裕史 (‏@harada_hirofumi)
原発というのは「親方日の丸」の代表選手の一つです。ですから「日の丸」は敵の象徴でもあります。 原発政策に抗議の場に日の丸が立つこと「反旗が翻った」という意味を持ちます。 もともと敵の象徴ですから気分が悪くて当然ですが、闘いに於いて「反旗」は大事にしなければならないと思います。
2012年6月10日




 また、あろうことか、原田は私が精神医療ユーザーであることをいうことで、私の発言内容そのものがとるに当たらないものであるかのような印象操作すら行っている。

原田裕史 ‏(@harada_hirofumi)
@BeneVerba 療養中ならTwitterで議論しようなんて思わない方が良いですよ。 碌なことが無いから。
2013年9月14日




# by BeneVerba | 2014-07-10 02:56 | 意見 | Trackback | Comments(0)

 私は、精神医療ユーザーであることを明らかにしているが、上瀧浩子はツイッター上で私に対する差別発言を行っている。

@SANNGATUUSAGINO
@k2gtr @sunafsunafsunaf @ppponsu ほんとにご病気だとしたら、ツィッターはあまりよくない気が。
2013年12月26日



私はこの人物を決して許さない。草の根を這い分けてでも必ず責任をとらすことを誓う。

# by BeneVerba | 2014-07-10 02:02 | 意見 | Trackback | Comments(0)
日の丸を掲げた反原発運動という不正義は自然に終わったりはしない。
日の丸を掲げた反差別運動という不正義は自然に終わったりはしない。
差別者が行う反差別運動という不正義は、自然に終わったりはしない。

野間や木野、あるいはbcxxxや原田裕史は、自ら決して差別暴言を認めたりしない
のいえほいえや上瀧浩子は、自ら決して差別暴言を認めたりしない。

マスメディアは決して、座るひとの排除も、ヘイトスピーチに反対する会の排除も伝えたりはしない。
マスメディアは決して、野間やその他の差別暴言や学習会の妨害を伝えたりしない。

では、どうするのか。
私たちがやるのだ。
彼らをとめるのだ。
彼らに責任をとらせるのだ。

踏みにじられた尊厳は、もはや沸点に近づいている。

# by BeneVerba | 2014-06-28 06:40 | 意見 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >