翻訳:マイケル・ムーア - アメリカの民衆は私たちを支持している
アメリカの民衆は私たちを支持している
The American People Agree with Us
2011年10月20日 - マイケル・ムーア
原文:
http://www.youtube.com/watch?v=6bT8ust5oIw
http://www.youtube.com/watch?v=xmqPp1cncek






 君たちは、この国の歴史において、最も重要な運動の一つを始めた。なぜなら、この国は民主主義国家として建設されたからだ。それはつまり、私たち民衆が統治するということだ。そして、私たちの代表としてワシントンにいる人たちは、私たちの意志によってのみ、そこにいるということだ。

 You have started one of the most important movements in the history of this country. That's because this country was established as a democracy. That meant that We the People were to govern. And that those who represent us in Washington are only there by the will of the people.

 どの世論調査も、アメリカの民衆の大半が、私たちを支持していること示している。ここリバティ広場にいる私たちをだ。私たちは、今夜ここに来られなかったその大半のアメリカの民衆の代表として、そして代理としてここにいるのだ。

 Every single public opinion poll shows that the vast majority of the American people agree with us, here in Liberty Plaza. We are here as representatives and stand-ins for that vast majority of people who can't be here tonight.

 だが、この数週間この国を駆け回って言えることは、君たちがここに彼らの代理として存在することに、本当に多くの人々が感謝しているということだ。ありがとう!

 But I'm here to tell you, having traveled across this country in the past few weeks: There are so many people grateful for you being their stand-ins. Thank you!





 私は、これからキース・オルバーマンと対談する。なぜなら、主流派メディアにこの出来事を、この蜂起を、この民衆のための反逆を報道させることが、当初からの私の仕事だからだ。

 I'm gonna go talk to Keith Olbermann now because it's been my job since the beginning to get the mainstream media to cover this event, this uprising, this rebellion for the people.

 そして、私は大勢の中の一市民であることに光栄だ。私がここにいることに感謝させてほしい。私がこの運動の一部であることに感謝したい。私は、君たちと一緒にこの運動の一部でいられて、とても幸せだ。

 And I am honored to be just one citizen amongst many. Thank you for being here. Thank you for being part of this with me. I'm so happy to be part of this with you.

 私たちは、ここでみな平等だ。声を上げ続けよう。決して諦めないようにしよう。この闘いは長いものになるだろう。私たちはどこにも去らない!

 We're all equals here. Let's keep our voices strong. Let's not ever give up. This struggle may be long. We're not going anywhere!



訳者コメント:
 「ウォール街を占拠せよ」の常連であるマイケル・ムーアのごく短い演説を、少しでも「ウォール街を占拠せよ」運動に、マイケル・ムーアに興味を持ってもらえないかと思って、原文の書き起こしと一緒に掲載してみた。

 彼のYouTubeのチャンネルは、どうやら書き起こしを一緒に掲載する方針らしいので、おすすめだ。英語と共に今のアメリカを知ることができると思うのだが、どうだろう。誰かそういう風にでも関心を持ってくれる人が現れたら良いのだが。

 私的に気になるのは、以前から感じていたことだが、「ウォール街を占拠せよ」運動はアメリカ建国の原点に(そこには先住民の問題もあるとはいえ)立ち返ろうとしているのではないかということ、そして、やはり代表制民主主義の機能不全が問題なのではないかということだ。

 「ウォール街を占拠せよ」は、あまりにも行き過ぎた資本主義に対する民主主義の反抗なのかもしれない。

 ところで、先住民に関連しては、ブログ「壊れる前に… - 占領と連帯」と「NY金魚 - ナオミのチャントから、この大陸での太古からの母権民主制を思う」の二つの記事を興味深く読んだので、併せて紹介したい。

10/26の追記
 その後、この翻訳を元にスピーチの動画に字幕を付けたので、このエントリの中で紹介しておく。

by BeneVerba | 2011-10-22 05:50 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/16089152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。