翻訳:「僕の人生を占拠してくれないか?」リバティ広場でのプロポーズ
「僕の人生を占拠してくれないか?」リバティ広場でのプロポーズ
Occupy My Life (Marriage Proposal at Liberty Plaza)
2011年10月16日 - ビージーとデブ
原文:http://www.youtube.com/watch?v=3KzMT2u0nlE



訳文:
マイク・チェック!

デブ!

僕が君をここに連れてきたわけはね、デブ、このみんなを使って、君がずっと待ち望んでいたあることを伝えたいからなんだ。けれど短くても一年も前から、君への愛を示す機会を待っていたんだよ。君の全て、君が信じるもの全てに対する愛を示す機会を。だから少しばかり言わせてもらえないか。その瞬間が今なんだ。僕が大好きで信じているみんなの声を使って、君に結婚してもらえないかどうか訊きたいんだ。この運動がどうなるかわからない。けれど、僕はそれがこの告白と同じくらい成功することを願っている。だから、デブ、僕の人生を占拠してくれないか?

いいわ!


訳者による書き起こし:
Mic Check!

Deb!

I brought you, Deb, for all these people to give you something you desired for a long time. At least a year, so I say, but I'm waiting for a moment digging up to demonstrate my love for you, all you are and all your believing. So, got my speech a little bit. That moment is now, using all those people that I'm loving and believing and their voices to ask you to marry me. I don't know what is going to happen to this movement, but I hope it has as successful as a marry just gonna be. So, Deb, will you occupy my life?

Yes!


訳者コメント:
 The New York Timesのこの記事経由で知った、「ウォール我を占拠せよ」参加者による愛の告白の場面。女性はデブ・ゼップ(Deb Zep)という名前で、動画は告白した本人がアップロードしたものであるらしい。彼のチャンネルによれば、名前はビージー(Beezy)となっている(付記:Beezy Douglasとのこと)。

 訳者が、聞き取って書き起こしたものの翻訳であるため、正確さには自信がないが、それでも彼らの愛だけは伝わるはずだ。これは人間マイクロフォンが愛を伝えた瞬間だ。

by BeneVerba | 2011-10-23 12:31 | 翻訳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/16120981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nyckingyo at 2011-10-23 19:45
「私の人生を占拠してくれ」すばらしいですね。革命とは必ず攻撃性を伴いますが、革命がなった暁にはチェ・ゲバラのように自分の新しい城を明け渡す。
いやいや、世界中のひとがこのBeezy君のように、自分を明け渡し、他者に愛を告白する時代になりつつあるんですよ。あの攻撃性のかたまりとばかり思っていた、ナオミ・クラインが「I love you!」からはじめましたからね。世界中のひとが「明け渡し」できるようになったとき、このわがまま資本主義が崩壊し、この運動が成功したということでしょう。
ところでこのBeezy君、最後に赤ちゃんを抱いていましたが、そうだとすると、かれの人生はとっくに占拠されていたわけですね。むかしの自分を思い出しますが、NYCでは子どもがひとりでも、共稼ぎしても食べていけなかった。やはり先にウオール街を占拠してから、ですか。
BeneVerba様、今後も名訳・名文を期待しています。 NY金魚
Commented by BeneVerba at 2011-10-23 20:35
 とても「様」なんて呼ばれる柄ではありません。私の訳が名訳なのではなく、ナオミ・クラインのスピーチが名文・名演説だったのでしょう。

 他人を愛するということは、自分の一部あるいは全部を相手に「明け渡し」、分かち合うということなのでしょうね。私がこの運動に「愛」を感じたのは、ノー・ヘイトが宣言されていた時です。「占拠せよ」は他人の排除ではないと考えています。あと、ビージーはデブから「いつになったら結婚してくれるの?」と何度も言われていたと思います(笑)

 ところで、本当にあなたの記事は面白く読みました。OWSには、これまでを変えようとする方向と、民主主義の原点に立ち返ろうとする方向があると感じているのですが、後者のさらに以前にまで遡って民主主義について考えさせてくれる内容でした。その二つが交差する場所で、先住民とそれ以外の両者に対していい解決法が生まれるかもしれません。

 私の感謝を恩義に感じることなどなく、たまにちょっとした感想や誤訳などの指摘などを、お気軽にコメントしていただけたら幸いです。