動画:ナオミ・クライン - ウォール街を占拠せよ:今世界で最も重要なこと
ウォール街を占拠せよ:今世界で最も重要なこと
2011年10月6日 - ナオミ・クライン
URL:
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF483E06AFAA6C9F4





キャプション:
 リバティ広場では拡声器が禁止されていたため、人間マイクロフォンが解決策になった。遠くの人々も聞こえるように、群衆が演説者がしゃべったことを反響するのだ。


 「ウォール街を占拠せよ」の皆さん、こんにちは。

 あなたたちを愛してます。

 私は今あなたたちに「私を愛しています」と返すように、とは言いませんでしたね。これは明らかに人間マイクロフォンのボーナス機能です。他の人たちからあなたへと言われたことを、あなたから他の人たちへと言ってください。ずっと大きな声で。

 昨日、労働者のデモで講演者の一人がこう言いました。「我々はお互いを見つけたのだ」と。今ここで形成されている空間の美しさをこの感想はまさに捉えています。大きく開かれた空間の美しさを。同様に、どの空間も収容することができないほど大きなアイディアを。より良い世界を望むすべての人々に、大きく開かれた空間を。それらの人々がお互いを見つけるための。私たちは大きな嬉しさに包まれています。

 私が知っていることが一つあるとすれば、1%の富裕層は危機を愛しているということです。なぜなら危機の間に、パニックと恐怖が支配する時に、彼らのほしい物リストを押し通すことが可能になるからです。さもなければ押し通せない企業優先政策のリストです。そして、彼らは教育を民営化します。そして、彼らは社会保障を狙い打ちにします。そして、彼らはわずかばかりの公共サービスを大幅に削減します。私たちの中でも最も脆い環境に置かれてる人々の役に立つものをです。そして「すまないが、他に選択肢はない。今は危機なのだ」と言うのです。この経済危機の最中、これが世界中で起こっていることなのです。1%の富裕層は、残りの99%である私たちに彼らの法案を押しつけるのです。彼らの危機に乗じてです。

 幸いにも、この戦略を防ぐたった一つのものがあります。それはとても大きなものです。それは99%です。それがマディソンからマドリッドまでで、起こっていることなのです。「私たちはお前たちの危機に金を払うつもりはない!」

 そのスローガンは、2008年にイタリアで始まりました。それはギリシャに素早く広がりました。フランスにもです。そして世界中に飛び火していき遂に故郷へと帰り着きました。危機が最初に生まれた場所へと。

 「彼らはなぜ抗議しているんだ?」当惑した識者たちが訊ねています。その一方で世界の残りはこう訊ねているのです。「何でそんなに時間がかかったんだ?」と。「いつになったら現れるのかと思っていたよ」。そして何よりもこう言っているのです。「ようこそ」と。

 多くの人が類似点を比較しています。「ウォール街を占拠せよ」とかつて反グローバリゼーション抗議運動と呼ばれたものとの。それはとても縛りのない集りの運動でした。そして、反資本主義の運動でした。シアトルで1999年に世界の注目を集めた運動です。私はその一部だったことを誇りに思っています。私たちが呼ぶところの「運動の運動」の一部だったことを。

 両者には類似点もありますがしかし違いもまたあるのです。サミットは一時的なものです。それらはたった一週間続くだけです。そのことが私たちも一時的な存在にしました。私たちは現れ、消えました。それからの愛国心と軍国主義の狂乱の中で、9.11の攻撃に続く狂乱の中で、容易なことでした、私たちを完全に一掃するのは。

 一方「ウォール街を占拠せよ」は、固定された場所を選びました。場所に終わりはありません。これはとても賢明なことです。あなたたちが居続けるその間だけ、根をのばすことができるのです。だから嵐が来た時、私たちが洗い流されることはないでしょう。





 水平的かつ深く民主的であることは、素晴らしいことです。しかしこうした原則は、深い互換性を持っています。建造物や団体を築き上げる重労働と。やって来る嵐を乗り切るのに充分なほど頑丈なそれらを築く行為と。私はそれがやがて起こるのだと確信しています。そしてこの運動はその準備ができているのだと。

 他にもこの運動は、正しいことをしています。あなたたちは非暴力であろうと決心しています。あなたたちは、メディアが切望している壊れた窓や、通りでの乱闘のイメージを与えることを、拒否しています。そしてその驚くべき規律は、警察の恥ずべき不当な暴力に話が及ぶ結果を引き起こしています。それこそがまさに、私たちが昨晩に多く目撃し、非難したものです。一方で、この運動への支持はより強く拡大し続けています。日々拡大しているのです。

 十年という時がもたらした他の違いは、私たちが通りに繰り出していた時には、経済が好景気を迎えていたということです。本当に大変なことだったのです、規制緩和の資本主義について話すのは。特に豊かな国々ではそうでした。

 しかし、十年後の今、もはや豊かな国などないかのようです。たくさんの豊かな人たちがただいるだけです。公共の富を略奪し、豊かになった人たちです。天然資源を使い尽くし、汚染しながらです。

 今日では誰もが見て取れるように、このシステムは制御不能です。足かせをはずされた貪欲は、世界経済を破壊しました。そしてそれは同じく、地球を破壊しているのです。私たちは海を乱獲し、水圧破砕法と深海掘削で水を汚染し、地球上で最も汚い形態の化石燃料へと向かっています。あなたが指揮者ね?そんな感じ。アルバータ州のタール・サンドのようにです。私の国の真ん中に空いたブラック・ホールです。そして、大気は私たちが排出する炭酸ガスの総量を吸収しきれないのです。したがって、新たなる常態は連続的な災害です。経済的であり生態的である災害です。

 私たちがみな知っているように、あるいは少なくとも感じているように、この世界は逆さまなのです。私たちはまるで尽きることがないかのように振る舞っています。実際には有限である天然資源に対してです。そして私たちは、まるで厳格で不動の限界があるかのように振る舞っています。実際には豊富であるものに対してです。私たちが理想とする社会を築くための財源のことです。

 私たちの時代の課題は、これをひっくり返すことです。まともで包摂的な社会築くことは可能なのだ、と主張し続けることです。一方で同時に、地球の自然の限界に注意を払うことです。

 気候変動が意味しているのは、私たちはこれを、締め切りまでに成し遂げなければならない、ということです。今度は私たちの運動は、気を逸らされてはなりません。分断されても、燃え尽きてもなりません。そして私たちは、ここに居続けることで、彼らを崩壊させることができるのです。





 今度こそ、私たちは成功しなければなりません。私が言っているのは、銀行を規制し、金持ちに課税することだけではありません。それらも、ぜひともやるべきですけど。

 私が言っているのは、私たちの文化の根本的な価値観を変える、ということです。それは難しいことです。それをメディアのサウンドバイトにぴったり収めることも難しい。しかし、難しくてもなお緊急を要することなのです。

 それがまさに、この広場で起こっていることです。互いに食べ物を与えあうというやり方の中に。そして、互いに暖めあい、無料で医療を提供し、「瞑想のクラス」と呼ばれているものを提供するというやり方の中に。何?私が瞑想が好きだって知らなかった?私のここでのお気に入りのサインは「私はあなたを気にかけている」というものです。お互いの視線を避けるように人々を訓練する文化において、私たちを「奴らには死なせておけ」と言わせるように訓練する文化において、これはラディカルな声明です。

 私たちのみながその一部であるこの偉大な闘争において、重要ではないいくつかのことがあります。

・私たちが何を着ているのか。
・私たちは拳を振り回すのか、それともピース・サインを作るのか。
・私たちのより良い世界への理想を、合わせることができるかどうか。メディアのサウンドバイトに。

 そして、この偉大な闘争において、重要ないくつかのことがあります。

・勇気。
・私たちの倫理的な基準。
・私たちがお互いをどのようにとり扱うのか。

 私たちは、地球上で最も強力な勢力に、喧嘩をふっかけました。それは少しばかり恐ろしいことかもしれません。この運動が強力に成長するにつれ、もっと恐ろしいことになるでしょう。そこには誘惑が常にあるでしょう。小さな目標へと移行する誘惑が。例えば、あなたの隣に座っている人に対して、のように。結局のところ、それは勝つのがより容易な闘いなのです。

 私はくだらないことで言い争うな、とは言いません。しかし私が言いたいのは、私たちが協力して働こうと計画したかのように、お互いをとり扱いましょう、ということです。これからの長い長い年月のために。なぜならこの闘いが、まさにそれを要求するからです。

 この素晴らしい運動を取り扱いましょう、それが世界で最も重要なことであるかのように。なぜなら、実際にそうだからです。

 ありがとうございました。


運営者より:
 ナオミ・クラインの「ウォール街を占拠せよ」でのスピーチ動画に、日本語字幕を付けて公開。パート1からパート3までの全三本。オリジナルのキャプションと重なって読みにくい部分はご容赦を。既に公開している、彼女の「定稿」に基づく拙訳とはまた違った趣があると思う。例によって、誤訳が含まれている可能性がある。

 字幕を付けるにあたっては、彼女の筆が入ったはずのその「定稿」と、それに対する拙訳とを参照しながら、実際の演説との異同を確認し、ふさわしいものに仕上げたつもりだが、訳者の能力の限界に基づく誤訳があれば、申し訳ない。せめて、彼女の真摯な姿勢と「占拠」の現場の臨場感を感じ取っていただきたい。

by BeneVerba | 2011-10-25 14:01 | 動画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/16181794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ETCマンツーマン英会話 at 2011-10-28 23:07 x
すばらしいです。やはり日本人の大半の方が、日本語字幕に頼らなければ海外の人々のメッセージを理解できないのが現実です。「運営者」の方の行動に感謝です。twitterでも紹介させていただきました。
Commented by BeneVerba at 2011-10-29 00:01
 ありがとうございます。ナオミ・クラインのスピーチを広めたいと思って動画を作成したのですが、実際のスピーチにあって原文にはない部分を聞き取り訳すのに苦労しました。

 あなたのブログを拝見(といっても全ての記事は見ていません、失礼)しましたが、英会話レッスンを運営され、英語に関する記事を発信されているとのことなので、機会があれば、誤訳のなどの指摘をしてくだされば嬉しく思います。

 それから、私もTEDはよく見る方です。英語の字幕を読みながらスピーチを聴くというのは、あなたも言う英語に対する壁を取り払い、英語に慣れる良い方法だと思っています。

 ちなみに、「運営者」としたのは「訳者」とするのはちょっと違うかな、と思ったもので。「(動画)作成者」とでもした方が良かったかもしれません。後で直すかもしれないですね。