転載:勝見貴弘 - ある哲学者の発想から得た、資本主義との「正しい離婚」のススメ
 スラヴォイ・ジジェクが先日アルジャジーラに語った論説(原文記事の最終更新日は10月29日)を、勝見貴弘氏が訳されたのでぜひ紹介したい。詳しい解説は不要だと思う。彼が「ウォール街を占拠せよ」運動で語った内容と重なりつつ、異なる部分があり興味深い。

 なお、転載は末尾リンクにも記した『ある哲学者の発想から得た、資本主義との正しい「離婚」のススメ』より。そこでの勝見貴弘氏の見方もまた、私の見方と重なる部分と異なる部分があり、これも興味深い。読者の方の見方はどうだろうか。



アルジャジーラが取り上げた、スロベニア哲学者Slavoj Zizekが語る「民主主義と資本主義の結婚は破綻した」(改訳しました)という論説の全訳。 http://t.co/OoBz8aDf #OccupyTokyo #Occupy
tkatsumi06j 2011/10/30 03:54:47



人類は、真に代替となるシステムを求めている。

アングロサクソン的な価値にまみれたネオリベラリズムと、
中国・シンガポールのアジア的な価値にまみれた資本主義。
あなたなら、どちらを選ぶだろうか?

このまま何もしなければ、いずれ我々は新たな
権威主義社会に近づいてしまうと、私は断言する。

ここに私は現代の中国で起きていることに歴史的意義を見出す。

これまで資本主義の良いところは、いずれ
民主主義を希求することになることだとされてきた。

しかし、アジア的価値観の資本主義を追求すれば、
果たして西欧側よりもより効率的でダイナミックな
資本主義となるのだろうか。私はそれを懸念する。

私は、十年も経てば、(確実に)天安門事件のような
大規模なデモが再び起きるだろうという、
リベラルな人たちが抱く淡い期待を共有しない。

もはや起こりえない。

資本主義と民主主義の結婚は、破綻したのだ。

Slavoj Zizek



リンク:



Twitterより:
 YouTubeのどこかで見た誰かの傑作な言葉の紹介をかねて、少しだけTwitterでのやりとりを引用。

@tkatsumi06j 勝見貴弘
あ、なるほど。あなたも「結婚」と素直に訳されたんですね。ここ私実は最初悩みました。RT @BeneVerba 同じ人です。重なるといったのは内容の方ですね、失礼。資本主義と民主主義が一体である状態は終わったからおおいに資本主義批判をしよう、ということかと。

@BeneVerba BeneVerba
@tkatsumi06j そこは実は何も考えず訳しました。最初に @toshiogr さん経由で知った時に、そういう風に訳されていたので。でも、その後彼の演説のYouTubeでのコメントに「結婚生活は終わったよ、だって資本主義の家庭内暴力がひどいんだもん」みたいなのがありました。

@tkatsumi06j 勝見貴弘
あはは、それは素晴らしい!RT @BeneVerba 最初に @toshiogr さん経由で知った時に、そういう風に訳されていたので。でも、その後彼の演説のYouTubeでのコメントに「結婚生活は終わったよ、だって資本主義の家庭内暴力がひどいんだもん」みたいなのがありました。


by BeneVerba | 2011-10-30 08:07 | 転載 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/16312184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。