動画:アンジェラ・デイヴィス - 全てのマイノリティは新しいマジョリティである [1/2]
全てのマイノリティは新しいマジョリティである
The All Minority Are The New Majority
2011年10月30日 - アンジェラ・デイヴィス
原文:http://www.youtube.com/watch?v=dVm9oIt5vPk





 この午後に、あなた方の中に加わるのは、本当に名誉なことです。なぜなら、あなた方は私たちの政治的世界を再発明したからです。あなた方は、私たちの集団的な情熱を新たにしました。あなた方は、私たちに思い起こさせてくれました。抵抗の共同体を築くことは未だ可能だと。あなた方は、私たちに示し続けています。その参与、献身、協働の姿勢を。そして、容認を拒否するあなた方の姿勢を。階級的ヒエラルキー、人種的ヒエラルキー、ジェンダー・ヒエラルキー、セクシャル・ヒエラルキーを拒否する姿勢を。

 あなた方の運動は、マジョリティに呼びかけるものです。マイノリティに対して立ち上がることを。あらゆるマイノリティは、今や新たなマジョリティとなったのです

 そうして、私たちはウォール街に対して「ノー」と言うのです。大銀行に対して「ノー」と言うのです。年に数百万ドルも稼ぐ大企業の経営陣に対して「ノー」と言うのです。学生の抱える負債に対して「ノー」と言うのです。強制排除に対して「ノー」と言うのです。警察の振るう暴力に対して「ノー」と言うのです。グローバル資本主義に対して「ノー」と言うのです。刑務所産業複合体に対して「ノー」と言うのです。レイシズムに対して、「ノー」と言うのです。階級的搾取に対して、ホモフォビアに対して、ゼノフォビアに対して、トランスフォビアに対して、身体障碍者への差別に対して、環境汚染に対して「ノー」と言うのです。そして私たちは、軍事的な占拠に対して「ノー」と言うのです。戦争に対して「ノー」と言うのです。

 私たちは「九九%」として団結しています。そこには重大な責任があります。この場所に共同体として集う決断をしたことについて。どうすれば、私たちはともに結びつくことができるのでしょうか?どうすれば、私たちは一つに結ばれることができるのでしょうか?過度に単純化されたものでなく、抑圧的なものでもない統一においてです。どうすれば私たちは、複雑でありながら、解放するような統一において結びつくことができるのでしょうか?

 ここでアフリカ系のフェミニスト、オードリー・ロードの言葉を引用したいと思います。「差異は単に容認されるべきものではない。それは欠かせない極性として見なされなくてはならない。私たちの創造性が誘電体のように火花を散らすために必要なものとして」

 このような複雑な統一の中において、私たちは、人生に対して「イエス」と言うのです。幸福に対して
「イエス」と言うのです。共同体に対して「イエス」と言うのです。教育に対して、教育の無償化に対して「イエス」と言うのです。経済的な、人種的な、ジェンダー的な、セクシャルな平等に対して「イエス」と言うのです。そして、私たちは想像力に対して「イエス」と言うのです。創造性に対して「イエス」と言うのです。希望に対して、未来に対して「イエス」と言うのです。

 最後に、私の故郷について、少し述べたいと思います。カリフォルニア州オークランドです。「オークランドを占拠せよ」での警察の襲撃については、ご存知ですね。撃たれたスコット・オルセンはまだ病院にいます。オークランドのジェネラル・アセンブリーは、オスカー・グラント広場で集会を開き、警察の襲撃への応答として、一一月二日のゼネストを呼びかけました。ゼネストです。これは革命的なことです。

 オークランドの抗議者たちの言葉を、あなた方と分かち合いたいと思います。「オークランドを非植民地化せよ」「我々は九九%だ」「我らは団結し立ち向かう」「二〇一一年一一月二日」「ゼネスト」「労働を拒否せよ」「学校を拒否せよ」「あらゆる場所を占拠せよ」。

 どうもありがとうございました。



訳者コメント
 昨日7月17日投稿したアンジェラ・デイヴィスの「ウォール街を占拠せよ」でのスピーチの翻訳を元に、動画に日本語字幕を付けて公開。上記テキストは字幕を形式のみ整えたもの。詳しいデータなどはそちらを。字幕付き動画の作成よりも、スピーチの質疑応答部分の翻訳を優先するつもりだったが、あまりにも分量があるため(後半部分は40分の長さ)先にこちらを。

by BeneVerba | 2012-07-18 20:51 | 動画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/18394525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。