翻訳:アドバスターズ - ウォール街を占拠せよ [新訳]
ウォール街を占拠せよ
#OCCUPYWALLSTREET
2011年07月13日 - アドバスターズ
原文:http://www.adbusters.org/blogs/adbusters-blog/occupywallstreet.html

e0252050_636712.png


 さあ、そこの九万人の解放者、反逆者、急進派[1]の諸君!

 未来にとって良い前兆となる、革命戦術の世界規模の移行が今まさに進行中だ。タハリール広場とスペインの野営地(acampadas)の融合[2]である、この真新しい戦術はどのようなものなのか?その精神は、次の引用によくとらえられている。
 反グローバリゼーション運動は、道のりの第一歩でしかなかった。振り返ってみると、我々のモデルは、狼の一群のように体制を攻撃することにあった。そこには最高位の雄、つまり群れを率いる一匹の狼と、後ろからそれに従って行く人々とがいた。今やこのモデルは進化を遂げた。我々は、ひとまとまりの巨大な群がりとなった民衆なのだ[3]
  ――ライムンド・ヴィエホ、ポンペウ・ファブラ大学、バルセロナ、スペイン

 この新方式の美しさは、そして、この新戦術がエキサイティングなのは、その実践的な簡潔さにある。種々の物理的な集会で、ヴァーチャルな集まりで、私たちはお互いに語り合う。私たちは、自分たちのたった一つの要求[4]が、どんなものであるのかに焦点を合わせる。想像力を目覚めさせるような、そして、できることなら、未だ到来していないラディカル・デモクラシーへと、私たちを押し進めるような要求だ。私たちは外へと繰り出し、類のない象徴的な意義のある広場をぶんどって、我々のケツに賭けてその出来事を引き起こすのだ。

 私たちの民主主義をもっとも腐敗させている輩に対して、この新しき戦術を展開する時がやってきた。それはウォール街だ。金融におけるアメリカのゴモラ(罪悪の町)だ[5]

 九月一七日に、二万人の人々がロウアー・マンハッタンへと押し寄せて、テント、食堂、平和的なバリケードを設置し、数ヵ月の間ウォール街を占拠するのを見たい。いったんそうなれば、私たちは、一つの簡潔な要求を、多数の声で絶え間なく繰り返すことだろう。

 タハリール広場の抗議が成功した理由の大半は、「ムバラクは退陣せよ」という明快な最後通告を、エジプトの民衆が勝利するまで、いくどとなく繰り返したせいだった。このモデルに従うならば、私たちの簡潔な要求とは何に当たるのだろうか?

 これまでに私たちが聞いた中で、もっともエキサイティングな候補は、なぜアメリカの政治的な支配層が、現在では民主主義の名に値しないのかという、その核心を突いたものだ。私たちは、バラク・オバマに対して、ワシントンの私たちの代表者たちへマネーが与えている悪影響を根絶する任務を帯びた、大統領委員会を任命するよう要求する。今こそ「企業支配は民主主義ではない!」と声を上げる時だ。さもなくば私たちに望みはない。

 この要求は、現在の国民的な雰囲気をとらえていると思われる。なぜなら、ワシントンから腐敗を一掃することは、右翼であれ左翼であれ、全てのアメリカ人が切望するとともに、支持できるものであるからだ。私たち二万人規模の民衆が、ウォール街から私たちを追い払おうとする警察や州兵の試みに対して、数週間に渡って耐え抜けば、オバマも私たちを無視することができなくなるだろう。私たちの政府は、民衆の意志とワシントンのお金のどちらを選ぶのか、公然と強いられることになる。

 これはアメリカにおける全く新しい社会的変動のはじまりとなるかもしれない。ティー・パーティー運動を乗り越え、現在の権力構造に囚われる代わりに、世界中にある一〇〇〇のアメリカ軍基地の半分を廃棄することであれ、グラス・スティーガル法[6]を復活させることであれ、企業犯罪に対して三振法[7]を制定することであれ、我ら民衆が自らが望むものを獲得し始めるのだ。政治から金を引き離す大統領委員会という一つの単純な要求を皮切りに、私たちは、新しいアメリカのためのアジェンダを設定し始めるのだ。

 コメントを投稿し、お互いに助け合って、私たちのたった一つの要求がどんなものであるべきかについて、焦点を合わせてほしい。その次には、勇気を振り絞って、テントを携え、復讐の九月一七日にウォール街へと向かおう。



野性のために、
カルチャー・ジャマーズHQ




    訳註:
  1. 原文では「redeemers, rebels and radicals」となっている。「読者(reader)」とかけてあると思われ、また「r」で始まる単語が並べられている。こうした言葉遊びを訳すのは困難なため、無理な訳語を当て嵌ることは控えた。
  2. タハリール広場は、エジプトの首都カイロにある広場。二〇一一年初頭にムバラクを辞任に追い込んだエジプト革命において、中心的な役割を果たした。「スペインの野営地」とは、「ウォール街を占拠せよ(OWS)」に先だってスペインで起きた、15M運動のこと。
  3. 引用元は不詳だが、二〇一一年に起きた運動のあり方をよく表している。それは相互につながることによって、ひとまとまりでありながらも、それぞれの部分が自律しているような存在の様式である。また、バルセロナは、スペインの首都マドリッドと並ぶほど15M運動が高揚を見せた土地である。
  4. 文章全体に見られるように、「ウォール街を占拠」するというアイディアは、『アドバスターズ』誌が呼びかけた時点では、一つの要求に的を絞ることにこだわっていた。だが、実際に起きたのは、無数の要求があるような(それゆえに却って「要求がない」という非難を受けた)運動だった。
  5. ウォール街というアメリカの、そして世界の金融的な首都を標的に選んだこの運動は、いずれにせよ何らかの意味において、反資本主義的な性格と真の民主主義を求める志向を持っていた。
  6. 銀行業と証券業の分離を定めた法律。一九三三年に制定され、ビル・クリントン大統領期の一九九九年に無効化された。このことが金融危機を招いた要因の一つと考えられている。
  7. 重大な刑事犯罪を三回以上犯した人物に、より厳しい刑罰を与えることのできるアメリカ合衆国の州法。一九九三年にワシントン州で初めて制定された。




訳者コメント:
 「ウォール街を占拠せよ」運動を引き起こすことになる、『アドバスターズ』誌による呼びかけを新たに訳し直した。また、当初同誌のブログに掲載されていた画像も日本語版を作成してみた(現在は外されている模様)。

 ここに初めてウォール街を占拠するというアイディアが生まれたわけだが、それ以前に「アラブの春」があり、スペインの15M運動があったことをこの文書は伝えている。反資本主義的な性格と直接民主主義的な志向が既に現れている一方で、「一つの要求」にこだわるなど、後に実際に起きた運動とは異なる部分もある。

 なお、時間がないために、この記事の訳註やコメントは後で見直し、書き換える可能性があることをお断りしておく。

by BeneVerba | 2013-03-20 12:27 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/19970720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。