意見:『はじまりの物語』が出版された直後の大月書店からの電子メールの抜粋
以下抜粋。

 繰り返しますが、誰かを批判するのをお止めする権利はありません。(友人として悲しいという気持ちはありますが。)しかし一方で、我々にとってはビジネスの問題でもあります。たとえば反原連を支持する論者を批判するのは自由ですが、それが結果的に本が売れる道をいっそう狭くしていることはご自覚ください

 最初から申し上げているように、この本は、国内でOWSに関心を寄せる方(知識人、といってもいいでしょう)に媒介してもらえない限り、売れる見込みのない本です。…

 そうしたきわどい戦略を顧みず、売れなくても構わない、わかる人だけにわかってもらえればいいということであれば、お止めすることはしませんが、ビジネスパートナーとしての信頼関係もそれまでということになるでしょう。

 ******* は、***さんが訳す予定はないそうです。さっそく***さんに紹介してもらえました。社内で了解が取れしだい近日中にオファーする予定ですが、訳者をお願いするかどうかの判断にあたって最大のネックが上記のような懸念であることはお伝えしておきます。取引材料にするようなつもりはありませんが、個人的にこんな思いは何度もしたくありませんし、会社への責任としてもビジネス上の判断を外すわけにはいきませんから。ビジネスパートナーとしての信頼関係もそれまでということになるでしょう

注:伏せ字や太字での強調は芦原による。

 上述のように、「誰かを批判するのをお止めする権利はありません」とか「取引材料にするようなつもりはありませんが」などと言いながら、実質的には、翻訳契約と引き替えに反原連批判をやめるように取引を要求していることは明らかだろう。また、このブログでは伏せ字にしてある翻訳候補の書名について、「訳者をお願いするかどうかの判断にあたって最大のネックが上記のような懸念である」と言っているという点にも注目されたい。

 換言するならば、大月書店は私が朝鮮半島にルーツを持つことを知った上で、私に、日の丸の持ち込みと右翼との共闘に代表される反原連的なあり方を批判するな、と言いはなったのだ。

 大月書店はまぎれもない民族差別出版社である。


関連リンク:
  • 寄付のお願い及び大月書店との係争について
  • 株式会社大月書店(サイト外)

  • by BeneVerba | 2014-05-15 22:08 | 意見 | Trackback | Comments(6)
    トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/21996623
    トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    ※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    Commented by BeneVerba at 2014-05-16 19:33
    はてなブックマークで、何か言っておられる方がいますが、この「抜粋」はほとんどひとかたまりであり、公開していない部分に、この「抜粋」を覆すようなことが書かれているわけではありません。
    Commented by sigesige00 at 2014-05-18 17:39 x
    単なる民族差別ではありえません。スパイ反原連の背後にいる勢力(原子力ムラ=国家権力)からの圧力に大月書店が屈服したということですよ。日共じゃありません。日共はもう大月書店に命令を出すほどの支配力は持ってませんから。
    Commented by kiya2015 at 2014-05-18 20:24 x
    結局のところ世界にほとんど何の影響も与えなかったウォール街デモもそうだが、
    「はじまりの物語」とか言っておいて一歩も進まず内輪もめばかりしている人文系は相変わらずね。
    Commented by BeneVerba at 2014-05-29 22:40
    答える必要もないような揶揄ですが、OWS以降、資本主義が不平等を生み出すことを公然と語れるようになったことが、かの運動の成果でしょう。

    それを知るには、『はじまりの物語』を大急ぎで買って読む、と(笑)
    Commented by かわいそうに at 2016-01-05 06:51 x
    もちろん、大月書店のほうが。「換言するならば」以降はあなたの妄想。こんな訳者と誰が仕事したいと思うか。
    Commented by BeneVerba at 2016-01-23 00:32
    > もちろん、大月書店のほうが。「換言するならば」以降はあなたの妄想。こんな訳者と誰が仕事したいと思うか。

    こりゃまたどうしようもないコメントがつきました。晒しとして公開しておきます。
    大月書店と仕事するに当たって、ルーツは公開してましたよ。妄想なのはあなた。