意見:ルーツを公表していない在日朝鮮人に「死ねばいい」と言った渡邊芳之
 二〇一一年、私がツイッターを初めてそれ程には経っていない頃だ。渡邊芳之帯広畜産大学享受が、差別語について話しているのに危うさを持ち、次のようなメンションを付けた。当時は、エスニシティを公表していなかった。

渡邊芳之(@ynabe39)
だからさあ「この言葉を言ったら差別になる」とか「この言葉なら差別にならない」なんてないのよ。あなたが差別してればどんな言葉も差別になるし差別してなければどんな言葉でも差別じゃないのよ。
2011年6月21日

渡邊芳之(@ynabe39)
当事者にはわかりますよ。当事者なんだから。 RT @BeneVerba: 誰が当事者で誰が当事者でないか、あらかじめわかるはずもないでしょう。
2011年6月21日

渡邊芳之(@ynabe39)
だからどうした? 何を言おうと「あなたが差別していない」という保証などないよ。RT @BeneVerba: でも当事者は、差別されることを恐れて、「何々が差別語だとされているのは言葉狩りだ」みたいな議論に参加しないかもしれません。
2011年6月21日

渡邊芳之(@ynabe39)
「自分は非当事者だが差別してない,自分以外の非当事者は差別している,だから差別撲滅のために活動している」みたいな人はいちど死ねばいいと思う。2011年6月21日


 渡邊が、私を日本人と誤認として見ているのは、明らかだろう。その上で、「死ねばいい」とまで言う。一方私の方は、非常におぼろめかした書き方をしている。

 自分のルーツを語ることは、プライバシーに属する。自分のルーツを語っていなかったからと言って、渡邊の差別性が消えてなくなるわけではない。

by BeneVerba | 2014-07-10 10:43 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/22187948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。