お知らせ:大月書店争議報告、及び夏期カンパのお願い
e0252050_11245385.jpg

 大月書店不当労働行為事件は、地方労働委員会にて、七月二八日に双方が最終準備書面を提出し、後は判断を仰ぐばかりとなりました。それに先立つ審問においては、大月書店社長中川進に反対尋問を行い、主張の矛盾点を明らかにすることができました。

 例えば、私に民族差別・思想差別を働いた当時の担当編集者岩下結が、翻訳者の訳文に口出しするタイプであることを明らかにできたことなどです。他にも、組合の仲間の質問に答えて、中川が思わず『ウォール街を占拠せよ——はじまりの物語』が売れていたら、私との次の契約もあったと答える場面もありました。

 私が大月書店と争議を構えることにしたのは、お金が目的ではありません。もし、お金が目的だったら、朝鮮民族としてのプライドを捨てて、「反原連批判をやめよ、日の丸批判をやめよ」という岩下の指示に従い、二冊目の契約を得ていたことでしょう。

 しかし現実には、争議を闘い続けて、お金が減る一方なのです。闘いを継続するには、資金が必要です。心苦しくも、私は、皆様方にカンパのお願いをしなければなりません。

 翻訳者が出版社に団体交渉を挑むのは、前代未聞の事態だといわれます。大月書店は当初、私たちの組合の要求書に答えて、付随的な条件こそ違ったものの、団交に応じる旨回答していました。その点を地労委でも訴えたのですが、不本意にも大月書店側の主張を飲む形で、団交拒否(不誠実団交)以外にも、私が労組法上の労働者であるか否かも争点とされました。

 この点を理解するのに、決め手となるのは「労働者」概念です。私たちの組合では、川口美貴『労働者概念の再構成』を参考にして、翻訳者も労働者であると堂々と主張しています。この主張が行政委である労働委員会で認められるなら、労働者の概念を拡張することになると考えています。

 この闘いは、勝ち目が薄くとも闘わざるを得ない闘いであり、負けられない闘いです。八月中にも労働委員会の決定が出るとされています。どんな結果が出ようとも、民族差別を受けたという当初の怒りを寸毫も忘れることなく、闘い続けていきたいと思います。

 何卒、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。


▼カンパのお願い
郵便振替
口座名義:芦原省一
口座記号:01710-5-72665

店名:一七九
預金種目:当座
口座番号:0072665
*ゆうちょ銀行以外から振り込む場合

9/2の追記
 なお、上記の郵便振替口座に振り込まれたカンパは、私が寄付を募りながら活動する「オンライン上の無償の翻訳者」であることもあり、福岡地区合同労働組合とは独立会計ですが、組合に対して収支報告をすることで、公正さを維持いたします。

by BeneVerba | 2014-08-09 11:26 | 情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/22274903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。