意見 - 日の丸は帝国主義の残滓でしかない
 基本的人権にも保障されている思想信条の自由を使用しただけで、なぜ私はこんなにも苦しまなければならないのでしょうか?私がやったことと言えば、大月書店からの「反原連批判をやめよ」「日の丸批判をやめよ」という指示に従わなかったことです。その結果、半ば決まりかけていた次の翻訳書をチャラにされました。

 大月書店には、私が祖父を朝鮮半島に持つ、日本国籍の在日朝鮮人であることを伝えていましたし、また、大月書店との契約に先立って、日の丸の持ち込みに代表されるような反原発運動の国民運動を批判してきました。大月書店はその点を踏まえて契約したとみなされて仕方ありません。


 当然ながら、大月書店との契約に当たって、「反原連批判をやめる」「日の丸批判をやめる」などという条項に同意したりもいたしていません。つまりは、私の言論活動は、大月書店との契約とは関係なく、大月書店が私の言論活動に注文を付ける権利はないということです。ましてや、それを餌に「反原連批判をやめないと契約をやらない」などという権利はありません。

 わずか一冊のみ翻訳書を出した人間が、二冊目を断ることは勇気が要ることでした。断ったとして二冊目の依頼が来るかどうかわかりませんから。それに大月書店側がつけこんだと言えることもできると思います。それでも私のルーツと思想信条はかけがえないのものです。比較にすべきものとは思えませんでした。

 思想信条の自由と、エスニシティとは、人権の中でもかけがえないもののはずです。大月書店は私へのメールの中で「伝統的左翼出版社」と言ってきたのですが、その一番大切なものを踏みにじるこの会社が「伝統的左翼出版社」と言えるでしょうか?

 また、大月書店による人権侵害は今でも続いています。二〇一四年の社前行動では、終結した私たち全国争議団に、大月書店社員一名が終始「ファック・ユー!」のサインを出していました。担当編集視野の岩下結も、精神障害者差別や失業者差別をツイッターアカウントで、繰り返しています。これが「伝統的左翼出版社」のあり方でしょうか。

 つまり、大月書店のしたことと言えば、私が以前からそうした活動を行っていたことを知りつつ、また、在に朝鮮人であることを知りつつも、私の自由な言論活動に口出しし、(日の丸や極右を擁護する)反原連と日の丸批判をやめるように自作の翻訳契約とバーターで脅迫したということなのです。

 さらに、私の健康問題もあります。会社から不当な仕打ちを受けることは、それだけで大きな痛手です。それに加えて労組に入り争議を起こし、労働委員会やら行政訴訟で争うことも大きな負担になります。大月書店との仕事を始めるまで、比較的に健康だった私の健康はぼろぼろになってしまいました。

 また、私はこの問題が、(意外にも支持してくださっている方も多いとはいえ)さほど注目を集めていないことに腹を立てています。私があまり好きではない喩えですが、ナチスドイツに喩えるとします。ハーケンクロイツを批判するユダヤ人著述家に対して、「それでは受けない。ハーケンクロイツ批判はやめてくれ」などという出版社があるものでしょうか?

 日の丸を良しとする風潮には、日本人の歴史への忘却と関わっています。「日の丸くらいいいじゃないか」という体制に流されず、私は最後まで日の丸を帝国主義のシンボルとして認めない人間であろうと思います。

 それならそれでいいでしょう。日の丸は帝国主義の残滓でしかないということを明らかにするためにも、これからも戦い続けます。

by BeneVerba | 2016-07-05 00:06 | 意見 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beneverba.exblog.jp/tb/24505778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。