2012年 02月 01日 ( 2 )


コメント:
 主に自分のためのリンク集。私は後追いですので、他に情報がありましたら、ぜひ教えてください。

by BeneVerba | 2012-02-01 18:08 | Trackback | Comments(0)
 私は、脱原発デモには多種多様な考えの持ち主が参加していいと思っている。しかし、もし脱原発運動と共に、なし崩し的に右翼との癒着が広がるのならば、危惧せざるを得ない。それはマジョリティによるナショナルな運動でしかないのではないのか。被曝は国籍を選ばないというのに。

 また、それは日本の為政者にとっても都合がいいものではないだろうか。日の丸を取り上げてみよう。一時期スポーツで日の丸を振ることは自然なことだというキャンペーンがあった。それは財界の意向の元に行われた雰囲気作りだったのではないか。本当に自然に選んだのか選ばされているのか、よく考えてみた方がいい。私自身は日の丸に直接的な好感情も悪感情もない。しかし、我々はこのような歴史を忘れさせられているのではないだろうか。

[1]日本の長い歴史のうち、政府がもっとも強い軍事力をもったのはいつだったでしょうか?
[2]日本の長い歴史のうち、国民が暴力によって殺された数がもっとも多かったのはいつだったでしょうか。

正解――同じ時期
(C・ダグラス・ラミス『普通の国になりましょう』、大月書店)

 私はいくつかのデモで日の丸を掲げている人を見た。他のデモでも同様だという。なぜ、侵略のシンボルであるだけでなく、自国民をも殺した旗を誇らしげに振るのか、私には理解ができない。今もまさに私たちは国家によって苦しめられているというのに。日の丸もまた原発同様、施政者によって騙されて来たことだったのではないか。

 どうすれば民衆の力で原発を止めることができるのか。それはわからない。ある人が言ったことだが、もし仮にレイシストと手を組んで原発が止まるならいい。だが、そのような条件はもちろんない。客観的に見れば、脱原発は進まず、レイシストを含む右翼との連携が進んでいるだけである。そしてそれは日本の民主主義を確実に蝕んでいる。

 「危機だから他に方法はない」とは、ショック・ドクトリンの時期における為政者の言葉だ。国民は「ショック・ドクトリン」を自らに実行しているのだろうか。

 本当に他に方法はないのか。

 それどころか、そうした右翼を抱擁する脱原発運動は大同団結をうたいながら、暗黙のうちにマイノリティを、右翼と手を組みたくはないという人を、日の丸や君が代は嫌だという人々排除している。

 また、右翼にあわせることが一つの基準になっているのはおかしい。右翼が参加したければ、すればいい。しかし、なぜそうではない人々がそれに合わせなければならないのだろうか。

 「脱原発運動はワン・イシューだ」とよく言われる。そうであるならば、日の丸のような問題はなおさらち込むべきではないのではないか。

 日の丸が好きだという持ち主の人も脱原発運動をする権利がある。しかし、脱原発のためにこそ折れるべきなのは、彼らだ。日の丸は掲げない、レイシスト、歴史修正主義者は呼ばない、そういう方針で脱原発運動をやればいい。


 繰り返しになるが、こうやれば確実に原発を止めることができるという方法はない。しかし、少なくとも悪影響を避ける方策はとれるはずだ。あくまでもラフな草案だが、次のようなことが私たちにはできるのではないか。


  • 事前にデモ主催者に連絡を取り、日の丸を掲揚しての参加を認めているのかどうか確認する。
  • 認めている場合、止めてもらうように要請する。
  • 主催者が応じないなら、「日の丸が掲げられる限りあなたたちのデモには行きません」と理由を告げ、そのデモに行くのは止める。
  • いずれにしろそのことをインターネットで報告する。
  • Twitter、ブログ、facebook などで、自分のポリシーを表明する。
  • 「原発はいらない」というだけでなく「君が代も日の丸いらない」「レイシズム反対」などという意思表示をする。
  • 他者を排除しないデモを自ら開催する。



*2/2、深夜改稿。「日の丸と脱原発――脱原発デモを選ぶ」から「『他に方法はありません』――脱原発運動のヴィジョンを拡げる」に改題。


2/3の追記:
 この記事についてはいろいろと反響があったが、私は「脱原発と反TPP」のセットはよくて、「脱原発と反レイシズム」等のセットがタブー視されるのはおかしなことだと思う。脱原発は誰しもの願いだ。しかし、脱原発だけにフォーカスが当たって、他のことが見過ごされるのは何かが間違っているのではないだろうか。「脱原発と反レイシズム(ないし反歴史修正主義)」を掲げることが当たり前になるように願わざるを得ない。

by BeneVerba | 2012-02-01 13:01 | 意見 | Trackback | Comments(2)