2012年 10月 24日 ( 1 )

e0252050_16363450.jpg


 いつ頃からかは忘れたが、おそらくは『ウォール街を占拠せよ/はじまりの物語』を訳していた期間に、これまでに発表した「ウォール街を占拠せよ」(OWS)関連の翻訳を基本的に全て見直して、PDFとして配布することを考え始めた。もちろんOWSは『はじまりの物語』にも書かれているように、現在も進行し、発展している運動である。同書中の登場人物ベッツィ・フェイギンの言葉を借りれば、「これは、はじまり――いえ、はじまりですらない。これは今も続いている。急速に発展していってる」ということなのだ。

 とはいえ、もしくはそれだけに、ある程度の期間を区切るのならば、そうした試みには記録としての意味があるはずだ。例えば、OWSが始まってからの一年間、あるいは今年のメーデーまでの文書に限るなど。昨年九月一七日以前のドキュメントを入れることも考えられる。そうすれば、OWSの初期の動向を示すことができるはずだ。また、時系列表のようなものや解説(訳註になるかコラムのようなものになるかわからないが)を、加えることも考えられる。それに写真も入れたい。

 こじつけかもしれないが、OWSが流動的な運動体であるのなら、その翻訳もそうであって良いのではないか?これ以上変更することはないと明言していた、ナオミ・クラインのズコッティ公園でのスピーチ「ウォール街を占拠せよ:今もっとも重要なこと」の訳文も見直すつもりだ。読者がそのPDFを読んで、OWSの最初の一年間(これは厳密な区切りではない)がわかるような小冊子にしたい。

 配布するPDFのライセンスとしてはクリエイティブ・コモンズを考えているが、これはもう少し考えてみる必要がある。なんにせよ、まずおそらくはブログでの更新が最初となるだろう。それらが一通り済んだ段階で、PDFとして配布するという手順になるはずだ。

 私が先に進むためにも、おそらくそれは必要なことだ。




by BeneVerba | 2012-10-24 16:42 | お知らせ | Trackback | Comments(0)