カテゴリ:運営( 3 )

 本日、管理画面上のトータルアクセス数が一〇万人を超えたことを記録するとともに、読者の皆様に感謝の念を持ってお知らせしたいと思います。

 海外の社会運動を紹介していくという、当初のコンセプトと異なって、大月書店との係争やうつ病との闘病に時間を取られざるを得ませんでしたが、それでも政治の話題が中心の、ある意味地味と言えるこのブログに読者がいるのはありがたいことだと感じています。

 日頃、閲覧してくださっている方々に、改めて感謝いたします。


  • 以下はおまけです。

e0252050_527719.jpg


by BeneVerba | 2016-06-13 18:33 | 運営 | Trackback | Comments(0)
 それまで、「ウォール街を占拠せよ」運動にそれ程関心を払って来なかった私が、ナオミ・クラインのスピーチを翻訳し公開しようと思ったのは、私自身がそれに深く心を動かされたからだった。短い言葉で言えば、そこに資本主義批判と環境問題との接合を見たからだ。「ウォール街を占拠せよ」運動と脱原発運動の接合を見たからだ。

 訳に取り掛かると、早速「I was honored...」という、はしがきの最初の一文に引っ掛かることになった。この難しい単語が一つもない文が意外にも訳しにくいのは、「honor(名誉)」という単語が動詞として受身形で使われているからだ(訳文では「栄誉を授かった」としている)。そうした言い回しは日本語に移しにくい。

 このブログは当初、彼女のスピーチを紹介するために開設されたのだったが、アクセス数は開設後の数日間で2千人を越えた。おそらく、それらの人々も変革を求めており、より良い社会を築くための可能性を彼女のスピーチに見たのだろう。


 ところで、匿名で翻訳するということは、何重もの意味で隠れたあり方だ。

 匿名であるということは、実名を明らかにしていないということだけでなく、なぜ実名を明らかにしないのかその理由も明らかにしないということだ。そして、翻訳者は原文の書き手に対して、追い越すことも後れを取ることもできないし、押しのけることもできない。ただ、後を追いかけることができるだけだ。

 一方、それを公開するということは、何も隠すところのない行為だ。そしてその二つの間に、問題が一つある。もし、インターネット上の匿名の翻訳者という曖昧で複雑な存在に対して「名誉」が与えられるとしたら、誰がどんなやり方でそうするのかということだ。


 この問題に対して、昨日27日の朝日新聞朝刊の「祝島からNYへ 希望の共同体を求めて」と題された論壇時評で、高橋源一郎氏と朝日新聞は一つの回答を与えた。それは実際に私の訳文そのものを引用し、注記でこのブログの名称とURLを紹介するというものだった。

 引用された言葉は、私が考えあぐねた末に訳したという意味で、紛れもなく私の言葉だった。

 例えば、「stay put」は改稿を重ねるうちに「とどまり続ける」から「居続ける」になった。「flowers」を「花」にするか「花々」にするか考え、後者にした。「the information age」は「この情報の時代」とでも訳したかったが、「情報化時代」としなければならなかった。「a fact」を「現実」とするか「事実」とするか迷ったあげく前者とした。

 「have roots」は最初「根を持っていない」と直訳していた。その後、「root」という単語が動詞として「根づく」という意味があることを考慮し、「根をはって」とした。今となっては正確に思い出せないが、そこには祝島への思いがあったかもしれない。なぜなら、震災からそれ程経っていない時期のある集会で、初めて祝島と上関原発のことを知り、それについて考えざるを得なかったからだ。


 それ以外の方法が採用されるおそれもあった。実際には私の訳文を参照しているのにこっそり訳し直したり、引用せず単にナオミ・クラインがこういう話をしたという形で内容だけを伝えたりといったやり方で。しかし氏はそうしなかった。

 そして、題名からもわかるとおり、ニューヨークと祝島を重ね合わせて新たな社会のあり方を探ることが、この時評のテーマだ。高橋氏もまた訳文を読んだ一人であり、そこに可能性を見た一人であり、私が半ば無意識的に訳文に盛り込んだ意味を探り当てたのかもしれない。


 日本の社会は、そして日本のインターネット社会は、匿名性の強いものになっている。そして今私はこんなことを考えている。もし、日本の社会に匿名であることや、社会への主張を控えることを強いるような何かがあるのならば、個人に対するそうした抑圧を取り除くことで、社会を変革していくことが可能になるのではないか。

 私は、自分の訳した文章が引用されることによって、匿名であるまま記名性を与えられた。それは「honor(名誉)」の問題というよりは、「credit(名誉)」の問題だ。高橋源一郎氏と朝日新聞にあらためて感謝の言葉を申し上げる。

 そして、そういう風に匿名の存在をとり扱うのは「honorable(立派)」な態度だと言いたい。なぜなら、それが個人への抑圧を取り除くかもしれないからだ。私以外の人々に対しても、そうした「名誉」が与えられることを願う。

by BeneVerba | 2011-10-28 14:53 | このブログ | Trackback | Comments(0)
ブログ始めました。Twitterで活動中。とりあえずはTwitterの補助として使うつもり。




by BeneVerba | 2011-10-09 15:18 | このブログ | Trackback | Comments(0)