なぜ社会運動に日の丸が持ち込まれるのか。これは私がずっと追ってきたテーマだ。追わざるを得なくなったテーマといった方が正確かもしれない。それには複数の理由があるのだろうが、根本的な理由は「日本がアジア・太平洋戦争の過去を充分に反省し、精算できていないから」であろう。

 数個前の記事を書いていて気がついたのは、反原発運動や反差別運動に日の丸を持ってくる輩は、過去の戦争の記憶を意図的に無視して、日の丸を使おうとしているということだった。

 だが、それは無理というものだ。モノの意味はその使用法によって決まる。日の丸や旭日旗はその血塗られた歴史によって、既に意味が定まっている。それを今さら変えることはできない。

 そのような歴史的経緯を無視して、今さら日の丸を使ってみせるのは、既に意味づけられているものをまっさらだと言い張るという意味で、歴史修正主義的な用法である。私は数個前の記事でこう書いている。
 二〇一三年以来のカウンターは、おおよそこういうものだった。「在特会と対峙するのに、細かいことを考える必要はない。在日朝鮮人の歴史や社会的な構造的差別を考える必要はない。ただ、在特会と対峙して罵倒すれば良い」。……「在日朝鮮人の歴史や社会的な構造的差別を考える必要はない」とは、つまり「未来志向」「和解」「転向」の時代に沿うように、日本人の持つ歴史的な加害責任をオミットするものではないだろうか?
 古くから活動している私の地元の中に訊くと、社会運動に日の丸が持ち込まれたのは、今日の反原発運動が初めてのことであるという。しかし、今現在福岡都市部での反原発運動への日の丸の持ち込みを問題とする人々は、私も含めて少数派である。それは少なくとも、次の二つのことを意味する。

 第一に、日の丸の持つ加害の歴史に敏感なのは、特に私のような被害を受ける側のマイノリティ(が全てではないにしろ)が多いのではないかということ。もう一つは、その裏返しとして、日本がかつて与えた植民地支配や侵略戦争といった加害に鈍感な人間が、社会運動に携わっている人間の大多数を占めていること。つまるところは、マジョリティは、日本の過去の戦争を忘れたがっているのだ。

 第二の点に関しては、またナルシズムやナショナリズムにも関わっている。昨今良く聞かれる「戦後七〇年間の平和」や「日本は七〇年間外国に兵士を送らなかった」というフレーズは、端的に言って欺瞞だ。安倍政権に代表される日本の支配勢力に対抗していると称する勢力も、このように存在したことのない美化された「戦後ナショナリズム」を基盤としているのだ。

 そのことを考えると、どうしても暗い光景が広がってしまう。安倍政権という極右政権との対決が昨今のテーマである。とは言っても、それと対決する側も値は同根なのではないだろうか。相手と同じナショナリズムという平面に乗った上で、対決するふりをしているだけではないだろうか?ないしは、対決しているつもりでいるだけではないだろうか?

 そうであるのならば、社会運動に日の丸が登場するのは、皮肉な意味で、今の日本の自己陶酔的な状況に似つかわしいとすら言えるだろう。問題は、日の丸を持参する人だけのものではないのだ。社会運動が何を反省し、どのような戦略を立て、何を実現しようとするかに関わっているのだ。

 これまでの社会に問題があったからこそ、安倍政権のような極右政権が登場し、しかも政権の座から落とすことができないでいるのだ。決して、これまでは社会に問題はなかったのに、突然安倍政権が現れて、悪政を行い始めたのではない。

 私たちが精算できなかったものは、いくつもある。私たちは自衛隊を解散させることができなかった。靖国神社を解体することもできなかった。天皇制を破棄することもできなかった。アメリカの核の傘に守られ、沖縄に七〇パーセント以上もの基地を押しつけている。日章旗と旭日旗が未だ悪として共有されていないのも、そのような文脈にあると言える。

 ひょっとしたら、私たちはそれらを変えることができたかもしれないが、そうはならなかった。現在の状況は、もちろん、安倍自民党政権に第一の責任があるにしろ、私たちが精算できなかったものたちが、蘇っていると受け止めるべきではないだろうか?

 そして、充分ではないにしろ、上に述べたような点を考慮すると、今のところ社会運動の側に何かを期待するに足る要素は、見当たらない。一方で、今の社会運動から何を切り捨てていくべきなのかは、推測できる。

 「戦後七〇年間の平和」などという欺瞞に酔っているほど状況は甘くはない。私たちは今、約束しながらも果たせなかった理想、結局精算できなかった戦前の残滓に復讐されているのだ。それらから目を背けていては、前に進むことすらできない。

 偽りの「戦後七〇年間の平和」を打破し、これまでの全てのシステムを点検して、もっと自分たちの根っこを掘るような作業が必要だ。そして、その成果はすぐに現れるものではない。それでも私たちは、表層的な「新しい運動」に浮かれ騒ぐ人々を置き去りにして、安易な道ではない、地道で苦労の多い道を選ぶべきであろう。


# by BeneVerba | 2016-06-14 05:18 | 運動 | Trackback | Comments(0)
 本日、管理画面上のトータルアクセス数が一〇万人を超えたことを記録するとともに、読者の皆様に感謝の念を持ってお知らせしたいと思います。

 海外の社会運動を紹介していくという、当初のコンセプトと異なって、大月書店との係争やうつ病との闘病に時間を取られざるを得ませんでしたが、それでも政治の話題が中心の、ある意味地味と言えるこのブログに読者がいるのはありがたいことだと感じています。

 日頃、閲覧してくださっている方々に、改めて感謝いたします。


  • 以下はおまけです。

e0252050_527719.jpg


# by BeneVerba | 2016-06-13 18:33 | 運営 | Trackback | Comments(0)
 差別的な理由で契約交渉を破棄した上に、さらにツイッターで精神病者差別、無職差別、営業妨害などで私を攻撃する大月書店岩下本部長(だったかな?)である。特に三つ目は、明白な営業妨害だと言える。

 他人を論敵であるとみなしたときにどれだけ公平に振る舞えるかで、その人物の程度がわかるのかもしれない。これらのツイートを見れば、岩下結が差別者であることを再確認せざるを得ないだろう。さすが、団体交渉を求めて本社を訪れると、陰に身を隠しながら参加者をビデオ撮影し、さらに中指を突き立てて「ファックユー」のサインを振りかざす出版社だけのことはあると思う。

 なお、日付からわかるように、今現在どれも民事として時効は迎えていない。


e0252050_19025151.jpg


# by BeneVerba | 2016-06-13 13:02 | Trackback | Comments(0)
 以下が、福岡の在特会とその自称「カウンター」である。どちらも日の丸を掲げていて見分けがつかない。いったいどうしろというのか、というのが一人の在日朝鮮人としての気持ちである。言うまでもなく、日の丸は日本の朝鮮侵略のシンボルのような旗である。日の丸を掲げて「カウンター」を行うということは、在特会には反対するが、日本の侵略責任については不問にしたい、という態度を表明していると受け取られても仕方がない。「線引き」を行っていると言ってもいい。

e0252050_226031.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=clrrMFD0NA4

 カウンター参加者の一人は、たぶん大月書店とのトラブルの元になった入江亮であろう。

 入江について何から語ったものやら。私がTwitterで反原発運動の日の丸批判をしていた時に、日の丸肯定派としてしつこくからんできたのが入江亮である。私は誠実に対応していたのだが、彼はこちらの主張を聞かず幾度も同じことを繰り返すのみであったので、私は「なめるな」と言い返した。他に場強い言葉を使ったわけでもなく、マイノリティとしての最低限の反撃である。

 すると大月書店の岩下結編集者が「汚い言葉」であるとしてそれを問題にし始めた。岩下編集者とは、ほとんどメールでやりとりしていたのだが、彼は私に突っかかってくるようになり、このようなことがあってはならない、というメールを送ってきた。私は不本意ながら受け入れるしかなかった。

 しかし、侵略者の末裔である日本人が日の丸を拒否している朝鮮人に、日の丸は問題ないとして、しつこく絡む方がよほど暴力ではないだろうか。日本人が日の丸をやめる方がよほど簡単でもあり、理にかなったことではないだろうか。また、在日朝鮮人に日の丸を受け入れることをすすめる「左翼出版社」とは、いったい何であろうか。岩下にはそんなことにすら、思いをはせることができなかったようである。

 そして、その後のある日、集会に向かうためにある時九電本店前を歩いて通りかかると、入江亮がその場で日の丸を掲げているのに出くわした。この時には直接言葉を交わした。私「それはなんですか」入江「日の丸です」「九電を応援しているようにしか見えません。やめてください」。すると入江は突然態度を変え、「なんやコラ、きさん!」などと、チンピラ口調になって私を罵倒し始めた。

 また昨今、ちまたを賑わしている自称「カウンター」勢のリンチ事件を受けて、入江亮はこんなことを言っている。

 写真見ましたが、エル金さん、ようあそこまで我慢しんしゃったですね。俺が同じ立場だったら、我慢できずに殺してますね。
https://twitter.com/fcknzsfuk/status/736953795779776513

e0252050_3384239.jpg


 日の丸を拒絶する在日朝鮮人にしつこく絡み、反原発運動にも「カウンター」にも日の丸を持って現れ、注意されると逆上する。これのどこが反原発運動だろうか。これのどこが反差別運動なのだろうか。大月書店は、この程度の低劣な人物を気づかって、私よりもこの男を選んだのだ。

 また、今や「なめるな」という言葉が、問題視されなくなった現状がある。だからこの言葉に問題がないというのではない。これはマジョリティから発せられる言葉であり、その点で大いに問題がある。しかし、岩下が「なめるな」という言葉を批判しているという話は聞かない。

 そして、マイノリティが追い詰められて発する「なめるな」という言葉と、「マジョリティ」が発する「なめるな」では、自ずと意味が違うはずだ。大月書店とその編集者の岩下結の言動は、ご都合主義であり、不当ではないだろうか。

 二〇一三年以来のカウンターは、おおよそこういうものだった。「在特会と対峙するのに、細かいことを考える必要はない。在日朝鮮人の歴史や社会的な構造的差別を考える必要はない。ただ、在特会と対峙して罵倒すれば良い」。それに対しては様々な批判が寄せられたが、「新しいカウンター」のデマゴーグである野間易通や木野トシキは、「ヘサヨ」というレッテルを貼るのみであった。

 「在日朝鮮人の歴史や社会的な構造的差別を考える必要はない」とは、つまり「未来志向」「和解」「転向」の時代に沿うように、日本人の持つ歴史的な加害責任をオミットするものではないだろうか?在日朝鮮人は日本の帝国主義によって生まれた存在である。そこに自ずから日本の責任というものがあるはずだ。

 果たしてそれで良いのだろうか?この間の「カウンター」は、そうしたものをオミットしたところに成り立つ「反差別運動」という新たな「発明品」を、産み出したのではないだろうか?この問題はよくよく考えてみなければならない深刻な問題であろう。


  • 文面を変えているところもありますが、基本的にTwitterからの転載です。誤記を訂正したり、いくつか文章を足したり、引いたりもしています。


# by BeneVerba | 2016-06-13 02:15 | 意見 | Trackback | Comments(1)
 昨年のおおよそ11月から続いている抑うつ状態は、非常に緩慢な曲線を描きながらも、好転している。数ヵ月をかけてほんの少しだけ向上しているといった具合だ。

 私にとっては、良い知らせと悪い知らせがある。悪い知らせは、これが十数年ぶりに体験するような重い症状だということ。良い知らせは、恢復する時の感覚を過去の体験から知っていること。

 私は十代の早くから、既に自分の人生を諦めていた。症状は劇的に重く、自分が死ぬまでそれが続くように思われた。文字通りの地獄の中にいて、出口はなかった。死ぬことは一つの終わりかもしれないが、地獄には終わりがなかった。

 だが、私が自分の人生を捨て去ったその後で、何があってもこれだけは起きない、と思っていたことが起きた。おそらくはいくつかの好条件が重なったせいで、私は、非常に幼かった頃を除いて、生まれて初めて生きることに喜びを感じるようになった。

 恢復時には、言葉にしづらい予兆のようなものが訪れる。と云っても神秘的なものではない。単にある種の体験は言語化できないというだけだ。今はまだ充分に恢復したとは言えないが、その時の感覚は未だに覚えている。それは助けとなることができる。
 
 それは、ひとつには、明確にすることができない謎めいたサイン、もしくはシンボルのようなものだ。そういったものは、つかまえようと思っても逃げていく。だが、確かにある方向を指し示している。

 まだ出会っていない困難も多いのだろうが、おそらくは、聞こえないものを聞こうと努めるように、見えないものを見ようと努めるように、それに従って歩いていくべきなのだろう。絶望することを諦めるように。

 ……もっと散漫な脈絡のない文章を、いったん書いた後で読み返すことのないメモのようなものを書きたかったのだが、あまり成功していないようだ。

# by BeneVerba | 2016-05-16 17:26 | 未分類 | Trackback | Comments(0)