タグ:ニューヨーク市の占拠の宣言 ( 3 ) タグの人気記事

ニューヨーク市占拠宣言
Declaration of the Occupation of New York City
2011年09月29日 - ニューヨーク市総会
原文:http://translation.nycga.net/?p=122


これの文章は、2011年9月29日、ニューヨーク市市民集会(NYC General Assembly) によって承認された。

われわれは、大規模な不正の数々に対する憤りを表明するために連帯し集まったのである以上、われわれを結びつけたものを見失ってはなりません。

世界の企業権力から不当に扱われたと感じるすべての人々に対して、われわれがあなたの味方であるということを知ってもらうために、これを記します。



ひとつの、団結した民衆<people>であるわれわれは現実をしっています。

人類の将来のためには、その構成員が協力しなければならないということを。

われわれの社会制度はわれわれの諸権利を守らなければならず、その制度が腐敗した時、自分自身の、そして隣人の諸権利を守るのは一人一人にかかっているということを。

また、民主的な政府の公正な権限は人々の同意に依るものだが、企業は人々と地球から富を引き出す際に何ら同意を求めないということを。

そして、諸般のプロセスが金力によって決定されている限り、真の民主主義は実現できないということを。

人間よりも利潤を優先し、正義よりも自らの利益を優先し、平等よりも抑圧を優先する企業というものが各国の政府を動かしているいま、以下の事実を人々に伝えるため、われわれは、われわれの権利として、平和裏にここに集まります。



企業や企業家たちは、そもそも抵当権などないにもかかわらず、不法な差し押さえによってわれわれの家を取り上げました。

かれらは、平然と公的資金の注入を受け、その一方で会社の幹部に莫大なボーナスを支払い続けています。

かれらは、年齢や、肌の色や、性別や、ジェンダーアイデンティティ、そして性的指向を言い訳として、職場における不平等と差別を固定化してきました。

かれらがその義務を怠った結果、食糧は汚染され、彼らの独占化により農業システムは蝕まれました。

かれらは無数の動物を拷問し、監禁し、残酷に扱うなかから利益を挙げる一方で、そういった行為の数々を積極的に隠してきました。

かれらは、よりよい賃金とより安全な労働条件の交渉権を従業員からはく奪し続けてきました。

かれらは、教育を受ける権利がそれ自体、人権の一部であるにもかかわらず、何万ドルもの教育ローンで学生を人質にしてきました。

かれらは労働の外部委託(アウトソース)に固執し、そのアウトソーシングをテコとして、労働者の健康保険と賃金をカットしてきました。

かれらは、企業法人に、実際の人間と同等の権利を、しかし過失責任も責務も伴わない形で認めさせるため、裁判所に影響力を行使してきました。

かれらは、健康保険の契約に合法的な抜け道を探し出し、支払いを回避するために、法律家チームに対して何百万ドルも注ぎ込んできました。

かれらはわれわれの個人情報を商品として売ってきました。

かれらは軍隊と警察を利用して報道の自由を妨害してきました。かれらは、利潤追求のため、人々の生命を危機に晒す不良品のリコールを意図的に拒否してきました。

かれらは、かれらの政策が過去にもたらし、現にもたらし続けている壊滅的な失策にもかかわらず、経済政策を決定し続けています。

かれらは、かれらを監視し規制する立場にいる政治家に巨額の資金を寄付してきました。

かれらは代替エネルギーへの移行を妨害し、われわれが石油に依存し続けるよう仕向けています。

かれらは、すでに大きな利益を上げている投資を守るために、人々の命を救い、または症状を軽減し得るジェネリック医薬品を妨害し続けています。

かれらは利潤追求のため、石油の流出、事故、不正会計、そして添加物を故意に隠蔽してきました。

かれらは、メディア操作によって意図的に誤った情報を人々に与え、怯えさせ続けています。

かれらは(訳者注:刑務所の)民間委託を引受け、冤罪の可能性が高かった囚人でさえ殺害しました。

かれらは国内でも国外でも植民地主義を固定化しています。かれらは外国の無辜の市民への拷問と殺人に加担しています。

かれらは政府から契約を取り付けるため、大量破壊兵器を生産し続けています。*



世界の人々よ。

リバティスクエアのウォール街を占拠している、われわれ、ニューヨーク市市民集会は、あなたに、あなたのもてる力を発揮するよう、呼びかけます。



平和裏に集まる権利を行使し、公共の空間を占拠し、われわれが直面している問題を明らかにするためのプロセスを生み出し、すべての人々が参画できる解決策の数々を考え出しましょう。



直接民主主義の精神のもとに行動を起こし、結束しているすべてのコミュニティに対してわれわれは、支援と、資料と、われわれのもちうるすべての資源を提供します。



われわれとともに、声を挙げましょう!





*これらは抗議のごく一部にすぎません。



訳者コメント:
 ニューヨーク市の占拠の宣言(ここでは「ニューヨーク市占拠宣言」)が正式に翻訳されていたので、転載。以前に拙訳を勝手に送りつけたことがあるので、参照してくれたのか、それともこんなのが流通してはたまらんと思われたか。

by BeneVerba | 2012-02-09 14:13 | 転載 | Trackback | Comments(0)
ニューヨーク市の占拠の宣言
Declaration of the Occupation of New York City
2011年09月29日 - ニューヨーク市総会
原文:http://www.nycga.net/resources/declaration/


 この文書は2011年9月29日に、ニューヨーク市総会によって承認された。


 大規模な不公正への感情を表明するために、連帯し、共に集いし我々は、何ものが我々をここに結集させたのかを見失ってはならない。世界の企業の諸力により、不当な取り扱いを受けたと感じている全ての人民が、我らがあなた方の盟友であると知ることができるよう、これを書き記す。

 一つの人民として、団結し、我々は以下の現実を承認する:人類の未来は、その成員たちの協働を要求すること;我らの体制は、我らの諸権利を守らねばならず、その体制の腐敗においては、自らの諸権利を守ること、また隣人たちの諸権利を守ることが、諸個人の務めとなること;民主的な政府は、その正当な権力を、人民に由来すること。しかし、諸企業は、人民及び地球から富を絞り出すことに、同意を求めたりしないこと;また、経済的な力によって、物事が決定される時には、真の民主主義は達成されないこと。我々は、人民よりも収益を重んじ、正義よりも私利を重んじ、平等よりも抑圧を重んじる諸企業が、我らの政府を運営している時において、あなた方のもとへとやって来た。我々は、我らの権利として、ここに平和的に集い、これらの事実を知らせるものである。

  • 彼らは、原抵当権を所有していないにもかかわらず、違法な差し押さえ手続きにより、我らの住居を奪ってきた。
  • 彼らは、刑罰を受けることもなく、納税者からの救済措置を受けており、重役らへ法外な賞与を与え続けている。
  • 彼らは、職場において、年齢、肌の色、性、ジェンダー・アイデンティティ、性的志向に基づく、不平等と差別を永続化させてきた。
  • 彼らは、怠慢により食糧供給を汚染しており、独占により営農組織を損なってきた。
  • 彼らは、無数の動物たちへの拷問、監禁、非道な仕打ちを利用して収益を上げており、かつ、それらの慣行を積極的に隠匿してきた。
  • 彼らは、継続的に、被雇用者から、より良い賃金とより安全な労働条件を求めて、交渉する権利を奪おうとしてきた。
  • 彼らは、教育それ自体が人権であるにもかかわらず、数万ドルもの教育費を借金として、生徒たちを人質に取ってきた。
  • 彼らは、一貫して労働を外部に委託しており、またそれをレバレッジとして、労働者の医療費と賃金を削減してきた。
  • 彼らは、自らの過失性、有責性を認めることなしに、人民と同じ権利を得るべく、司法に影響を及ぼしてきた。
  • 彼らは、医療保険に関する契約から、免れる方法を見つけるための法律家集団に、数百万ドルを費やしてきた。
  • 彼らは、我らのプライバシーを、商品として売ってきた。
  • 彼らは、言論の自由及び報道の自由を妨げるために、軍事力及び警察力を行使してきた。
  • 彼らは、利益の追求のため、命を危うくするような欠陥商品についても、意図的にリコールを拒否してきた。
  • 彼らは、彼らの経済政策が、破滅的な失敗を生み出し、生み出し続けているにもかかわらず、経済政策を決定している。
  • 彼らは、彼らを規制するべき責任のある政治家らに、莫大な額の寄付を与えてきた。
  • 彼らは、石油に依存させておくために、代替となる他の形態のエネルギーを妨害し続けている。
  • 彼らは、既に相当の利益を上げている投資を守るために、人民の命を救うかもしれない、もしくは、安らぎを提供するかもしれない、ジェネリックな形態の薬品を妨害し続けている。
  • 彼らは、利益を追求するために、石油流出、石油事故、不正経理、非活性成分を故意に隠蔽してきた。
  • 彼らは、意図的にメディアを支配することで、人々に誤情報を与え、怯えさせてきた。
  • 彼らは、有罪であることに重大な疑惑が持ち上がっている時ですら、囚人らを殺す随意契約を受け入れてきた。
  • 彼らは、国内においても、国外においても、植民地主義を永続化させてきた。
  • 彼らは、無辜の海外の市民の拷問及び殺人に、関与してきた。
  • 彼らは、政府から契約を受注するために、大量破壊兵器を作り続けている。*

 世界の人民へ、

 我々、ウォール街リバティ広場を占拠中のニューヨーク市総会は、あなた方の本来の力能を見せるように、強く促すものである。

 あなた方の平和的に集会を行う権利を実行したまえ;公共の空間を占拠し;我らが直面している問題に対処するプロセスを形成し、誰もが近づくことのできる解決策を生み出すのだ。

 直接民主主義の精神において、行動し集団を形成している全ての共同体へ、我々は支持、文書、我らの意のままのあらゆる資源を提供する。

 我らに加わり、共に声を上げよう!

*これらの不満は包括的なものではない。


訳者コメント:
 既に複数の訳があり、自分でも前文を訳したことがある、「ウォール街を占拠せよ」の基本的な文書「ニューヨーク市の占拠の宣言」を改めて訳した。訳に当たっては禁欲的であるように務めた。つまり、原文の持つ意味の上の厳格さを損なわないように、修辞的な技法を極力廃し、日本語に移し替えていった。

 そのような方針で臨んだにもかかわらず、本日の朝にさしあたっての訳文を慌てて投稿し、夜になって訳を見直したところ、副詞の訳し忘れ、成句を誤読したことによる誤訳、時制の誤りなどが見つかり、我ながら呆れている。

 「ウォール街を占拠せよ」は、アメリカの原点への回帰でもあるとの思いから、にわか勉強であることを承知で、岩波文庫の『人権宣言集』と『世界憲法集』を参照したが、やはり付け焼き刃のものとなったかもしれない。

 今回の訳に際してはJNK氏の翻訳を参照させてもらったことを、感謝の念と共に記しておきたい。

by BeneVerba | 2011-11-08 07:27 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
We Are the 99% (As We Gather Together)
2011年10月20日 - ビリー牧師
原文:
http://www.youtube.com/watch?v=IgEdrh617qs
http://www.nycga.net/resources/declaration/






We are the 99%...
We are the 99%...
We are the 99%...
We are the 99%...

私たちは99%だ……
私たちは99%だ……
私たちは99%だ……
私たちは99%だ……

We are the 99%
We are the 99%
We are the 99%
We are the 99%
We are the 99%
We are the 99%

私たちは99%だ
私たちは99%だ
私たちは99%だ
私たちは99%だ
私たちは99%だ
私たちは99%だ

Mic Check
Mic Check
Mic Check

マイク・チェック
マイク・チェック
マイク・チェック

As we gather together in solidarity
To express a feeling of mass injustice
We must not lose sight of what brought us together
We write so that all people who feel wronged
By the corporate forces of the world

私たちは連帯しつつ共に集う
とてつもない不正義に対する感情を表現するために
何が私たちをここに連れてきたのかを見失ったりはしない
私たちはこれを書く、不当な扱いを受けたと感じている全ての民衆が
世界の企業の力によって、不当な扱いを受けている全ての民衆が

Can know that we are your allies
As one people, united

私たちは、あなたの仲間なのだと知ることができるように
一つになった民衆として団結し

We are the 99%
We are the 99%
We are the 99%

私たちは99%だ
私たちは99%だ
私たちは99%だ

Mic Check
Mic Check
Mic Check

マイク・チェック
マイク・チェック
マイク・チェック

We acknowledge the reality
That the future of the human race requires
The cooperation of its members
That our system must protect our rights

私たちは次の現実を承認する
人類の未来は要求するのだ
その成員の協働を
私たちの体制は私たちの権利を守るべきなのだ

And upon corruption of that system
It is up to the individuals to protect their own rights
And those of their neighbors
That a democratic government derives its just power from the people

そして腐敗した体制においては
自身の権利を守ることが個人の責務となるのだ
隣人たちの権利を守ることも責務となるのだ
民主政府はその正当な権力を民衆に由来するのだ

But corporations do not seek consent
To extract wealth from the people and the Earth

だが、企業は決して同意を求めたりしないのだ
民衆と地球から富を絞り出すことについて

We are the 99%
We are the 99%
We are the 99%

私たちは99%だ
私たちは99%だ
私たちは99%だ

And that no true democracy is attainable
When the process is determined by economic power

そして、真の民主主義は達成できないのだ
その手続きが経済の力によって決定される時には

Mic Check
Mic Check
Mic Check

マイク・チェック
マイク・チェック
マイク・チェック

We come to you at a time
When corporations which place profit over people
Self-interest over justice and oppression over equality
Run our governments

同時に私たちはあなたのところへとやって来た
民衆より利益を重んじる企業が
正義より私欲を重んじる企業が、平等より抑圧を重んじる企業が
私たちの政府を運営しているのだと知らせるために

We are the 99%
We are the 99%
We have peaceably assembled here
As is our right, to let these facts be known

私たちは99%だ
私たちは99%だ
私たちは平和的にここに集まった
私たちの権利として、これらの事実を広めるために

We are the 99%!

私たちは99%だ!


下:もうひとつのヴァージョンも紹介(例によって@byondakiさんから)。こちらも素晴らしい。非常に生々しくパワフル。これがアップロードされた日付は10月18日になっている。いずれにせよ、この数日間に出てきたものだと思われる。それにしても、素晴らしい。ずっと聴いていたい。そして一緒に歌いたくなる。




訳者コメント:
 「ビリー牧師と買い物止めようコーラス(Reverend Billy & The Stop Shopping Choir)」による、「ニューヨーク市の占拠の宣言」の前文の感動的で美しく、力強い楽曲化を紹介する。

 この深く感動的なコーラスの中には、9月29日の「ニューヨーク市の占拠の宣言」に基づいているのはもちろんのこと、その後現れた「We are the 99%」というスローガンや、「人間マイクロフォン」までもが盛り込まれていることがわかるだろう。

 何人もの人が指摘するように、人間マイクロフォンは音楽のコール・アンド・レスポンスを思い起こさせる。ビリー牧師たちは、素晴らしいやり方で、まさにそれを実証して見せたわけだ。こうしたグループが出てくるのも「ウォール街を占拠せよ」運動の面白さであり、可能性だろう。

 話は変わるが、前の記事で紹介した「NY金魚 - ナオミのチャントから、この大陸での太古からの母権民主制を思う」には、こう書かれている。
 ここにいたって、資本主義を批判するのにわれわれは、ナオミやスティグリッツのことばを反復し、反芻し、くり返し、すべてを暗記するまでに声にする。そのおおぜいの声は宇宙に向かってこだまし、99%のわれわれにとっていったいなにが悪かったのか、魂の底まで納得できるような理解が生まれる

 革命とは案外、そんな原始的な方法で個々を変革することなのかもしれないと、いま感じている。

*協調は引用者による。
 NY金魚さんは、ネイティブ・アメリカンの民主主義のあり方に、あるいは、ナオミ・クラインの演説にそれを見ていると思われるが、そこにさらに、この「We Are the 99% (As We Gather Togethor)」を重ね合わせて考えてみるのも、面白い考え方だ。それが何であるのか名指すことは難しいが、コール・アンド・レスポンス的な共働の営みから生まれる共感や合意があるのではないか、と私は今考えている。

 訳に当たっては、「レイバーネット - ニューヨーク占拠宣言:『私たちが99%』の曲ができました」、「虹とモンスーン - Occupy Wall Street-ウォール街を占拠せよ ニューヨーク声明」、「今日、考えたこと - 『ニューヨーク市の占拠の宣言』」を参照した。これらの訳者たちに感謝の言葉を申し上げる。

 なお、原文URL先にあるように、この曲のMPが配布されていることを付け加えておく。


10/23の更新:
 訳文をあらため、歌詞的であるよりも、英語の歌詞を理解する補助とする方向で手直しした。上のコメント欄を、大意を変えないようにしつつ、多少の手直しを加え、さらにNY金魚さんのブログ記事からの引用とそれに対するコメントを付け加えた。

 エキサイト・ブログではTABLEタグが使えないため、苦心の末段差をつけるというやり方で、原文と訳文を併置した。少しでも可読性が増していれば幸いである。

 なお、この機会に述べたい。私のブログに対してもっとフィードバックがほしいと感じている。コメント欄及びトラックバックの承認制は、スパムやレイシスト、歴史修正主義者などの否定されるべき価値観の持ち主に対しての防衛である。また、リンクは自由にしてほしい。

 トラックバックやコメントすることに、気後れしないでほしい。そして、リンクを貼る際には、このブログが参照元であることを明示してほしい。インターネットの片隅の孤独なブロガーから、読者の皆様に対して、時折の私へのささやかな力づけ(エンパワーメント)をお願い申し上げる。

2012/7/8の更新:

 全角空白での表記を止めて、<center>タグを使用して中央揃えとした。

by BeneVerba | 2011-10-22 17:27 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)