タグ:ニューヨーク市警 ( 6 ) タグの人気記事

「ウォール街を占拠せよ」に捧げる詩
2011年11月16日 - ザック・デ・ラ・ロッチャ
原文:http://www.billboard.com/news/zack-de-la-rocha-pens-poem-for-occupy-wall-1005537452.story


原詩:
The beginning spills through city veins
Into the arteries
And under powers poison clouds
We move like the shadows
Through the alley ways
Through nightmares bought and sold as dreams
Through barren factories
Through boarded schools
Through rotting fields
Through the burning doors of the past
Through imaginations exploding
To break the curfews in our minds

Our actions awaken dreams of actions multiplied
A restless fury
Once buried like burning embers
Left alone to smolder
But together stacked under the walls of a dying order
All sparks are counted
Calloused hands raised in silence
Over the bonfire of hope unincorporated
It's flame restores tomorrows meaning
Across the graveyards of hollow promises
As gold dipped vultures pick at what is left of our denial

And the youngest among us
Stare at us stoned like eyes determined
And say
Death for us may come early
Cause dignity has no price
At the corner of now and nowhere
Anywhere
Everywhere
Tomorrow is calling
Tomorrow is calling
Do not be afraid


-- Zack de la Rocha


拙訳:
都市の隅々に張り巡らされた静脈を通り抜け
はじまりが溢れ出し動脈へと流れ込んでいく
有毒性の雲の切れ目を見上げつつ
我らは影の様に躍動していくのだ
いくつもの窮屈な路地裏をくぐり抜け
夢の名で売買される悪夢をくぐり抜け
何も生み出さない工場群をくぐり抜け
板で囲われた学校群をくぐり抜け
腐敗した草木の平野をくぐり抜け
焼けつける過去の扉をくぐり抜け
打ち破られた想像力をくぐり抜け
我らの心の外出禁止令を破るために

我らの行為が次々に夢見る行為を目覚めさせる
安堵の来ない激憤を
燃えさしのように打ち消し埋められて
内奥に人知れず火を宿していた激憤を
だが消えゆく秩序の壁の下、共に我らは積み重なり
あらゆる火の粉は残り無く全てを勘定に入れられて
冷たく硬められた手は音も無く空へと高く掲げられ
今なお併有されていない希望の篝り火を乗り越えて
明日の意味を取り戻す、それは燃えさかる炎なのだ
空約束たちを埋葬する墓場をこれより過ぎ去りて
金に浸けられた禿鷹が我らの拒絶の残飯を啄むまさにその脇で

そして、我らの中でいちばんに年の若き者たちは
決意を込めた目のように固まる我らを見つめている
そして、こういう言葉を告げている
私たちにこそ死は早くおとなうはず
なぜなら尊厳に値札は付けられない
今この時とどこにもない場所が交差する街角で
どこででもある場所で
あらゆる場所で
明日の声が呼びかけている
明日の声が呼びかけている
恐れを抱かず我を迎え入れよと


――ザック・デ・ラ・ロッチャ



訳者コメント:
 Twitter経由で、先日のニューヨーク市警による「ウォール街を占拠せよ」の強制排除を受け、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのヴォーカリスト、ザック・デ・ラ・ロッチャが詩を発表していたことを知ったので、翻訳。

 詩ということで、通常このブログで訳している記事とは異なる難しさを抱えた。一つの言葉に複数の意味が込められているのだが、それをどう訳すかの問題、中途半端にどちらにもとれる言葉を使うとかえって意味が薄れてしまう問題など。本来なら長い時間をかけ、原詩の持つ複雑な意味を読み込んだ上で、言葉を厳密に選定しつつ行われるべきだ。

 そんなわけで、まず原詩を味わってもらうために、拙訳と同時に掲載した。なお、この詩と同時に何か声明が添えられていたようなのだが、その全体を発見することはできなかったので、原文として提示したリンク先にあるその一部を、下記に訳しておく。

この詩は、その勇気が世界を変えつつある占拠運動に捧げたものだ。強くあり続けるんだ。我々は勝利しつつある。

 ところで、私生活の野暮用がようやく一段落ついたので、平日をかけて数本、土日に数本ぐらいのペースで翻訳や訳文の見直しをしていきたいと思っている。
 


by BeneVerba | 2011-11-21 18:31 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
NY市警、リバティ・スクエアを占拠 要求は不明

【NY、ニューヨ-ク発】昨夜未明から続いているNY市警(NYPD)によるリバティ・スクエアの占拠はもうすぐ二日目に突入しようとしています。この新たな占拠について、歴史社会学者のパトリック・ブルーナー氏は、「いったい彼らは何を求めているのだ?」と問い、次のように述べました。「彼らははっきりとした目的を語ることができないだから、彼らのことを真剣にうけとめろといわれても無理なはなしですよ」。また、この運動の背後にマイケル・ブルームバーグの関与を指摘する声もあります。

[写真] ニューヨーク証券取引所を占拠するNYPDアフィニティグループの一味
e0252050_188321.jpg


2011年11月15日18時51分配信 OccupyWallSt



運営者より:
 以上、イルコモンズ氏のブログより訳文を転載。これは先日のニューヨーク市警による強制排除を「ウォール街を占拠せよ」公式サイト自身がニュース記事の体裁で茶化し、それをイルコモンズ氏が訳したもの。転載に当たってなるべくそれらしく見えるように若干の変更を加えた――記号類の削除、写真の大きなものへ入れ替え(クリックにて拡大)など――ものの訳文そのものへの変更は無し。

 情報を記載しておくと以下の通り:
 これでこの記事を訳す理由が無くなった。もちろん喜んでいる。

by BeneVerba | 2011-11-18 18:29 | 転載 | Trackback(1) | Comments(0)
11月17日 世界一斉行動!
#N17 Global Day Of Action!
2011年11月16日 - ウォール街を占拠せよ
原文:http://occupywallst.org/article/n17-global-day-of-action/


 この闘いが六十日を迎えようとした時に、ニューヨーク市警によって「ウォール街を占拠せよ」は暴力的に排除された。彼らはリバティ広場の我々の家を解体し地面を均した。だが、我々の運動はこれまでよりなおいっそう強くなっている。この六十日間で我々は大規模な目覚めをもたらした。それは、おそらくこの国においては五十年前の公民権運動以来最も大きな目覚めであり、そして、現代の歴史においては間違いなく最初の世界的な目覚めだろう。スペインからオーストラリア、チリからアメリカまでの世界中の人々が、我々を搾取している共通の体制の退廃と不公正に対して、共に目を見開くようになったのだ。我々が深い意味を込めて次の言葉を言う時、まさにこのことを意味している。時が満ちたイデアを止めることはできない。

 9月17日にズコッティ公園で始まった占拠は、人間として、我々にはまだこれらの腐敗した制度を団結して変革する機会、我々の政府を浄化する機会、そして我々の尊厳を回復する機会があることを証明した。我々は、我らが胸に抱く理想が最終的に達成されるまで、この世界において休息も平穏も認めないであろう。我々は、正義が回復されるまで、政治的言説によって被せられた覆いから民主主義が回復されるまで、99%がもう一度その未来の正当な主権者となるまで、ウォール街の投げかける影がその暗がりと権力を剥ぎ取られるまで、止まらないであろう。我々は、銀行家たちと各政府に彼らの犯した罪の責任を取らせるまで、彼らが踏みにじっている全ての基本的な人権が尊重されるようになるまで、前進することを止めないであろう。

 包摂と寛容に基づいた創造的な運動を、社会的な不平等に深く根ざした体制に対する輝かしい勝利を望まない1%に対して、我々は最早寛容ではない。それが我々が明日11月17日の#N17に反撃する理由である。我々は、我らの身体と声とイデアをもって、ウォール街を封鎖し、ニューヨーク市全体を占拠するだろう。

 そして同じ日にそのメッセージは世界中で共鳴することだろう!国際学生日のため、スペインの我々の兄弟姉妹たちは、教育の無償化を拒否する資本家の論理への反応として、教育ストライキを開始する。そして、ドイツ、ベルギー、イタリア、エジプト、インドネシア、ポーランド、ナイジェリア、ブルガリアで、数々のデモや占拠が行われる。我々はこの運動に一斉参加するように呼びかける。あなたがいる場所で抗議運動に参加してほしい。「ウォール街を占拠せよ」と全ての排除された広場に連帯する抗議運動を組織してほしい。家でじっとしているのではなく、自分の役割を果たすのだ。行動しよう!

 耳障りに聞こえるかもしれないこの瞬間の重要性を見過ごしてはいけない。生活と公共サービスを破壊しながら市民社会が崩壊し、負債によって奴隷となり家から追い出され、市場の捕食者たちによってフォークロアには地雷が設置され、地球規模の環境が我らの種が絶滅するのを脅かすまでに崩壊するのを傍観しながら見つめ、我々は今行動するように迫られているのだ。明日11月17日、我々は1%とその代弁者であるブルームバーグ市長に対し、時が満ちたイデアを止めることはできないと思い知らせるだろう!

 ニューヨークにいる全ての人は、午前7時のリバティ広場での朝食会で我々に会いに来てほしい。昼食は「地下鉄を占拠せよ」にて午後3時、夕食は我らの創造的で平和的な精神でフォーリー広場を乗っ取った後に振る舞われる予定。我々は明日、株を取り引きするのではなく、互いのイデアを交換しよう!



訳者コメント:
 日本時間では既に17日を迎えているが、この文章は3時間ほど前(現地時間16日午後4時40分)にアップロードされたもの。グリニッジの地を基準に考えれば、日本は極東、アメリカは極西になるわけでいたしかたない。

 おそらく昨日のニューヨーク市警による強制排除の影響はまだあるのだろうが、この文章からは、また、しばらくインターネット中継で見ることのできた総会の様子からは、彼らが全く意気消沈していないことが伝わってくる。それどころかこれまでになく志気が高まっているようだ。彼らはこれが長い闘いになることを知っているからだろう。なお、この17日の国際一斉行動が近づいていたから、ブルームバーグとニューヨーク市警が強制排除に踏み切ったという見方は、それが全ての理由ではないにしても、正しいと思う。

 ところで最近訳文の再チェックのための時間を捻出しづらいので、いずれ時間ができた時にまとめてやりたいと思っている。なるべく正確な訳になるように努めているが、そうでない場合は今しばらくご容赦を。

by BeneVerba | 2011-11-17 10:19 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
「ウォール街を占拠せよ」持続可能性ワーキング・グループからの声明
Statement From Occupy Wall Street Sustainability Working Group
2011年11月15日 - 持続可能性ワーキング・グループ
原文:http://www.seismologik.com/journal/2011/11/15/statement-from-occupy-wall-street-sustainability.html


 我々、「ウォール街を占拠せよ」持続可能性ワーキング・グループは、この運動に参加している我々の兄弟姉妹たちへ連帯を表明する。

 我々は、ズコッティ公園で野営する平和的な抗議者たちへ暴力的な襲撃を行った、ニューヨーク市警とブルームバーグ市長に激怒するものである。

 それは全く抑圧ではなかったどころか、この世界での積極的な変革を可能にする、全く革新的なことだった。

 持続可能性ワーキング・グループは、この運動の中における強烈で革新的な飛び地として、倫理と道徳をもって行動すべき道を探しながら、それを案内とし、自らの役割を果たしてきた。昨晩の野営の撤去において、ニューヨーク市警は、最近配備された野営地の全てに電力を供給できる自転車のペダルによる発電装置を含め、我々のこれまでの全ての労働を破壊した。それは人々のために発電され、人々によって発電され、人々に直接電力を届ける発電システムだ。ニューヨーク市警の暴力は、その軽率な行為によって、我々の革新的な努力を軽んじようとした。彼らが予想していなかったのは、この運動のねばり強さであり、あらゆる存在が、全てにとってより良い未来に生きることができると信じている人々である。

 我々、持続可能性ワーキング・グループは、ニューヨーク市警に、このワーキング・グループの全ての所有物と、その貢献者たちを直ちに返すように要求する。その一覧は以下のものを含むが、それで全てではない。自転車、自転車のスタンド、バッテリー、インバーター、工具、雨水を集める屋根、パーマカルチャーの道具、LED電球、布、資材、個人的な所有物。

 ニューヨーク市警とブルームバーグ市長によって、占拠運動に対して加えられた不法な行為をものともせず、我々は果敢に共に立ち上がる。

 我々は必ず再建する。そして我々はこの運動に力を与え続ける。今もこれからも。

 我々の仕事は続く、この場所で、そしてこの場所を越えて。

 我々は、この言語道断の出来事の間に拘束された我々の兄弟姉妹に敬意を表する。そして、我々は、市の、社会の、そして世界の抱える、我々が直面している、多くの複雑な環境問題に取り組むため、オルタナティブな解決策を開発する努力を続けると誓う。

 それは、教育を、協働を、デモを、積極的な実践を、そして我々が真に持続可能な社会を作るという成果を通して行われるだろう。このズコッティ公園で、より大きな共同体で、そして全世界で。

e0252050_1014493.jpg



訳者コメント:
 「ウォール街を占拠せよ」の全体が承認した文書ではなく、その中のワーキング・グループが出した声明。公式サイトやそれに類するサイトからリンクは発見できず、それ故に、どれ程正式なものであるかは確認できない。

 だが、読むに値する内容だと思う。「人々のために発電され、人々によって発電され、人々に直接電力を届ける発電システム(a system of power created for the people, by the people, delivered directly to the people)」という部分などどうしても、日本の独占的な電力事情が、原発のない社会の実現を阻害していることを思わずにいられない。

 ニューヨーク市警による強制排除という事態を受けて、立て続けに何本かの記事を翻訳せざるをえなかったが、充分に訳文をチェックする時間が持てていない。いずれ再チェックすることになるだろうが、誤訳や誤字脱字などがあれば指摘を歓迎したい。

by BeneVerba | 2011-11-16 10:18 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
時が満ちたイデアを立ち退かせることはできない
You can't evict an idea whose time has come.
2011年11月15日 - ウォール街を占拠せよ
原文:http://occupywallst.org/article/you-cant-evict-idea-whose-time-has-come/

 大規模な警官隊が、今まさに我々を立ち退かせようとしている。過去二ヶ月の間「ウォール街を占拠せよ」の本拠地であり、アメリカ中に、そして世界中にさえ広まった99%ムーブメントの生誕の地であるリバティ広場から、我々を。

 警察の急襲は、ちょうど午前一時を回った時から始まった。支持者や盟友たちがニューヨーク中から結集し、現在はフォーリー・スクエアに集まっている。支持者たちはまた、来るべき日に向けて、占拠を含む抗議行動の計画を練っている。

 時が満ちたイデアを立ち退かせることはできないのだ。

 二ヶ月前、数百人のニューヨーカーたちが、ウォール街の入り口で野営を始めた。それ以来、「ウォール街を占拠せよ」運動は、国家的な、そして国際的な象徴となった――類似した流儀の占拠運動がアメリカ中の、そして世界中の街で出現すると共に。今なお成長中のこの民衆運動は、経済、民主主義、そして我々の未来についての国民的話法を著しく変えた。

 アメリカ人は今、私たちの社会における富と権力の集中強化について語り、最富裕層の1%が我々の政治制度にかけた拘束について語っている。アメリカ人はますます、我々の経済危機と民主主義の危機は、体制の問題だと見なすようになっており、治療のためには集団的な行動が必要だと感じている。そしてまた、アメリカ人はますます、自らを99%の一人だと見なすようになっており、「もうたくさんだ!」と言うようになっている。

 この成長が著しい運動は、単なる抗議活動、占拠運動、あらゆる戦略を越えるものである。この運動における我々とは、物理的な占拠に参加可能な人々よりも、遙かに幅広いものなのだ。この運動とは、食料品などを送ってくれたり、友達や家族と社会の根底にある問題について話したり、この市民的なプロセスに巻き込まれるべく、何らかの形で行動を起こした全ての人々のことなのだ。

 今この時、本来のアメリカが持つ力の再発見において、不足はない。それは、我々全員に影響を与えている危機に対処すべく行動を起こすため、市民として協力し合う時に発揮されるのだ。

 そのような運動を立ち退かせることはできない。おそらく何人かの政治家たちが、我々を公共の空間から――つまり私たちのものである空間から――物理的に排除しようとし、それに成功したのかもしれない。物理的には。だが、我々はイデアをめぐって闘っているのだ。我々のイデアは、我々の政治組織は我々人民に仕えるものでなくてはならないというものだ――巨大な富と権力を蓄えた人々だけに仕えるのではなくして、全ての人々に。我々は、それが民衆に高く受け入れられたイデアであると信ずる。そして、それが、なぜこんなにも多くの人々が、直ちに自分と「ウォール街を占拠せよ」を結びつけ、99%ムーブメントに共鳴したのか、その理由であると。

 時が満ちたイデアを立ち退かせることはできない。



訳者コメント:
 「ウォール街を占拠せよ」運動が、リバティ広場から強制的に立ち退かされるという緊急事態を告げる先の文書に続いて発表された文書。発表された時刻は午前1時36分になっており、文中にもある通り強制排除が進行中の中で発表された文章だ。

 これ自身が重大な局面における重要な文書であるだけでなく、他にも着目すべき点は多い。「国民的話法(national narrative)を変えた」、「我々はイデアをめぐって闘っている」という箇所などは、この運動の本質を物語るものだと思われる。「自由民主主義」社会において、人々の間で当然視されている話法を変えるということは、政治的な行為であり、イデオロギーにおける闘争なのだろう。そして「ウォール街を占拠せよ」は確かにそれに成功しつつある。

by BeneVerba | 2011-11-16 02:58 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
ニューヨーク市警が「ウォール街を占拠せよ」を急襲中!
NYPD IS RAIDING OCCUPY WALL STREET
2011年11月15日 - ウォール街を占拠せよ
原文:http://occupywallst.org/article/nypd-raiding-liberty-square/


 我々は今まさに、二ヶ月の間「ウォール街を占拠せよ」の本拠地であり、アメリカ中に、そして世界中に広まった99%ムーブメントの生誕の地であるリバティ広場(ズコッティ公園)から、暴動鎮圧用の装備を完全装備した大規模な警官隊によって、立ち退きを迫られている。

 我々は再占拠する!

  • 午前1:20 ブルックリン橋が閉鎖される。
  • 午前1:20 警官たちがブルドーザーを運んで来る。
  • 午前1:20 警官たちは暴動鎮圧用の装備を着けている。
  • 午前1:20 占拠者たちが「これが警察国家だ」とチャントする。
  • 午前1:20 地下鉄の停留所が閉鎖される。
  • 午前1:27 警察が全員を排除しようとしているとの未確認情報。
  • 午前1:34 CBSニュースのヘリコプターによる中継
  • 午前1:38 屋上に狙撃手がいるという未確認情報。
  • 午前1:43 上空にヘリコプター。
  • 午前2:03 カナル・ストリートとブロードウェイに、大規模な警官が結集。
  • 午前2:07 催涙スプレーが配置される。最低でも一人が催涙スプレーを使用された模様。
  • 午前2:10 報道機関がリバティ広場に入ることを禁じられる。
  • 午前2:15 散会させられた占拠者たちが、フォーリー・スクエアに集まり始める。
  • 午前2:22 ニューヨーク・タイムズのトップ記事になる。
  • 午前2:29 報道機関のヘリコプターが上空から立ち退きされる。ニューヨーク・タイムズのリポーターが逮捕される。
  • 午前2:32 R以外の全ての地下鉄が閉鎖される。
  • 午前2:38 四百人から五百人の人々が、行進しながらフォーリー・スクエアへと向かう。
  • 午前2:42 ブルックリン橋が閉鎖されたことを確認。
  • 午前2:44 ニューヨーク市警が「ウォール街を占拠せよ図書館」を破壊。五千冊の本が廃棄される。
  • 午前2:44 反抗的な占拠者たちが、リバティ広場のキッチンにバリケードを築く。
  • 午前2:55 ニューヨーク市議の Ydanis Rodríguez 氏が、頭から血を流しながら逮捕される。
  • 午前3:05 ニューヨーク市警がリバティ広場の木を切り始める。
  • 午前3:08 インターネットの生中継で誰かが言ったことよれば、「奴らはホースを持ち込んでいる」。
  • 午前3:13 ニューヨーク市警がサウンド・キャノンを配置。
  • 午前3:15 ニューヨーク市警が個人の私物を破棄。占拠者たちは、自分たちの持ち物を持って立ち去ることはできなかった。
  • 午前3:16 機動隊を囲み、占拠者たちが腕を取り合ってスクラムを組む。
  • 午前3:33 ブルドーザー進入。
  • 午前3:36 報告によれば、キッチン・テントが催涙ガスによって襲撃され、警察がジップ式の手錠で進入してきた。
  • 午前6:05 リバティ広場は一掃された。フォーリー・スクエアにて総会が進行中。

電話:
 ニューヨーク市にいるなら311にかけてください。

  • ニューヨーク市警第1分署:212.334.0611
  • ニューヨーク市警中央受付:718.875.6303
  • ニューヨーク市警内務部:212.487.7350
  • ニューヨーク市役所:212.788.3058

追加:


訳者コメント:
 ニューヨーク市警が深夜に「ウォール街を占拠せよ」を急襲、正当な理由なく立ち退きを強制した。今もその余塵は続いているようだが、速報として翻訳。翻訳しながら視聴している生中継の一つからは、人々が何度も何度も人間マイクロフォンで互いの気持ちを確かめている声が聞こえてくる。これでこの運動が終わるはずもない。なお、原文のリンクは全てそのまま。

11/16の更新:
 私も慌てていたのだろう、訳し忘れた部分があったので追加。また、原文へのリンクも忘れていた。そうした訂正の他に、彼らが次に発表した文章に合わせて変えた箇所や、追記された部分を追加するなどした。いつものように誤訳などの指摘は歓迎。だが、この文章はリアルタイムに更新されているようなので、原文を読んだ方がいいかもしれない。

by BeneVerba | 2011-11-15 20:03 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)