タグ:バンクーバー ( 1 ) タグの人気記事

俺はもう一人ぼっちじゃない
I used to think I was alone. I'm alone no more.
2011年10月19日 - トム・モレロ
原文:http://www.youtube.com/watch?v=GI20M-wkGV8





 マイク・チェック。今日君たちと一緒にこの場にいられて光栄だ。俺は「L.A.を占拠せよ」を訪れた。「ウォール街を占拠せよ」も訪れた。「シアトルを占拠せよ」も訪れた。そして今ここバンクーバーにいる。(一同:歓声)

 マイク・チェック。北部の四つの占拠された都市を見て、千三百人以上の人々に会って言えることは、まだ全ての国々が占拠されたわけじゃないのはいいことだ、ってことだ。

 マイク・チェック。この運動は他の運動とは違っている。この運動は悪い奴らが誰かわかっている。マイク・チェック。この運動は99%の側に正しさがあることがまさしくわかっている。

 歴史は、大統領とかそんな奴らによって作られるものじゃない。王や女王や軍人や、薬をさばいているCIAのお偉方によって作られるものじゃない。歴史は、億万長者や銀行家によって作られるものじゃない。

 今奴らは金を振り撒いているかもしれない、誰か買収できる奴がいないか探しながら。自分を安く売る奴がいるかもしれない。自分で思っていたよりも強さを見せる奴がいるかもしれない。俺たちはここで立ち上がり続ける。俺たちの国で、俺たちの故郷で。

 俺は昔自分は一人ぼっちだと考えていた。だが、俺はもう一人ぼっちじゃない。

 マイク・チェック。マイク・チェック。今日俺はここで何曲か演奏する予定だった。雨の中で立っている君たち素晴らしい人々のために。だが、気が変わった。別のアイディアがあるんだ。もっといいアイディアだ。招待したいんだ、「バンクーバーを占拠せよ」を。君たちみんなを招きたい、「ヴォーグ劇場を占拠せよ」に。マイク・チェック。俺のゲストとして、タダでだ。

 マイク・チェック。だから、総会で投票にかけようぜ。君たちがトム・モレロを観たいかどうか。つまりザ・ウォッチメンを観たいかどうかを。今夜は思い切りロックしようぜ、ヴォーグ劇場を。支持する人間は「賛同」と言ってくれ。(一同:賛同!)

 今手の中に今夜のコンサートのチケットを持ってるんだ。だけど、俺たちにはだからもう必要ない。「教育テント」の向こうで、普通通りに並んでくれ。タダ券を手に入れて、今夜のショーに来てくれ。全員分あるから、急ぐ必要はない。

 肩を並べるのを(shoulder to shoulder)楽しみにしてるぜ、君たちと今夜ヴォーグ劇場で。協力して(shoulder to shoulder)「バンクーバーを占拠せよ」をやっていこうじゃないか。今日という日から、俺たちが勝利するまで。

 マイク・チェック。もう一つだけ言うことがあった。のんびり行こうぜ(take it easy)。だが、手に入れろ(take it)!



訳者コメント:
 非常に無謀な翻訳。書き起こしが存在しないものを、自分で聞き取って、書き起こして、翻訳した。珍訳が含まれている可能性大。ぜひご指摘を。

by BeneVerba | 2011-10-23 22:49 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)