タグ:労働運動 ( 4 ) タグの人気記事



 昨年二〇一四年九月の大月書店本社前での社前行動については、隠し撮りを行うカメラマンから「ファックユー!」のサインを受けたことも含めて報告しました。当時の動画や写真を漁っていたのですが、やはり残念なことに、大月書店側がそうした行動に出たところそのものを、とらえた動画なり写真なりはありませんでした。

 ですが、姿を隠して社屋の二階から隠し撮りしているところを移した動画が出てきたので、紹介します。この隠し撮りしているカメラマンが(おそらくは)私たちに、「ファックユー!」の仕草をして見せたのです。

 大月書店との係争の発端は、大月書店現編集部長の岩下結が、私に対して、「売り上げに響くから、日の丸批判をやめよ。やめなければ契約はやらない」と言ってきたことにありました。

 それに加えてこの仕打ちですから、大月書店というのはよくよくそうした出版社だと思わざるを得ません。

e0252050_14401091.png


by BeneVerba | 2015-05-05 14:40 | 意見 | Trackback | Comments(0)
 昨年九月一二日に、文京区本郷にある大月書店本社前で、全国争議団の仲間たちと、全国結集行動の一環として、社前闘争を行ってまいりました。大月書店に対しては事前に、この日に団体交渉申し入れに行くこと、そして、大月書店社長中川進が在社していることを、要求する要請文を送信しておりました。

 ずいぶん遅れた、闘争報告にて、申し訳ありません。

 この日、まず数名の人間で下見に行ったところ、なんとまあご丁寧なことに「団交拒否通知」が、大月書店本社ビルの正面玄関にでかでかと貼ってある始末でした。

e0252050_23461039.jpg


 言葉を交わさないうちから、緊張感が増す中で、私たち、福岡地区合同労働組合の仲間たちや、全国争議団の仲間たちが、シュプレヒコールを上げ、大月書店ビルの入り口に近づこうとすると、玄関のガラス戸を挟んで、社内に数名の人影が現れました。どうやら社員と思しきこの数名と私たちの間で、まずは言葉のやりとりがありました。

e0252050_23521488.jpg


 「団体交渉の申し入れをしたい。中に入れてくれ」「入れることはできません」といったやりとりが、数回にわたって繰り広げられました。玄関の社内部分にたたずむ数名は、「中川進と岩下結は在社しているのか」「そもそもおたくらは大月書店の社員なのか。名前は何というのか」と聞いても、一切何も答えず無言のままでした。

 そこでふと上を見上げると、二階部分にある、正面部分に向いて開いた小さめの窓から、ビデオカメラのみを差し出して、自らの姿を隠しながら私たちを撮影する輩が、いました。さらに、あろうことか、この撮影者は、私たちの「撮影やめろ!」という訴えに反応するように、私たちに対して指で「ファックユー」の仕草を何度もしていました。

 大月書店現編集部長岩下結は、私宛のメールで、自社のことを「伝統的な左翼出版社」と誇っていたのですが、そうであるならば、大月書店の犯した民族差別・思想差別に対して真摯に対応すべきでしょう。しかし、今回の振る舞いは、「伝統的な左翼出版社」にあるまじき、敵対者に対しては何をしても許されるという、倫理も何もあったものではない振る舞いでした。

 また、この社前闘争には、私が福岡地区合同労働組合とフリーターユニオン福岡という、二つの組合に加盟している関係で、フリーター全般労組からも、支援の人が駆けつけてくれました。その人は、「(ファックユーの仕草も含めて)これでは大月書店は、しばき隊と変わらない」という感想を漏らしていました。

 福岡県労働委員会での団交要求は、却下という不当な結果に終わりましたが、大月書店闘争は、志気も高らかに、まだまだ続いていきます。

by BeneVerba | 2015-01-09 23:56 | 労組 | Trackback | Comments(0)
 大月書店の民族差別・思想差別・言論弾圧事件(大月書店が私に働いた仕打ちはこれらの要素を持っています)、及び団交拒否による不当労働行為事件に対し、支持を表明してくださるみなさまに対して、報告いたします。
 
 福岡地区合同労働組合の組合員である私は、福岡県労働委員会において、実質的な団交拒否を続ける大月書店に対して、昨年より不当労働行為に対する救済を申し立てていました。この度、福岡県労働委員会は、私の労働者性を認めず、不当にも救済申し立てを棄却しました。
 
 しかし、重要なのは、今回否定されたのは私の労働者性であって、大月書店が民族差別などを働いたかどうかではない、ということです。
 
 「実質的な団交拒否」というのは、私の居住地も組合の所在地も福岡県であるのにも関わらず、大月書店は、福岡地区合同労働組合からの要求書に対し、あくまでも会社所在地である東京での団交開催に固執し続けたことです。
 
 こうした「実質的な団交拒否」を不誠実団交と言い、労組法では不当労働行為として定めています。
 
 福岡地区合同労働組合は、やはり本社が福岡ではなかったサン・パートナーの係争において、「福岡での団交開催」命令を獲得し、これは中央労働委員会を経て、既に命令が確定しています。
 
 大月書店は、当初、私たちの組合の要求に対して、東京開催という条件付きでしたが、団交には応じると回答書を送っていたのです。しかし、労働委員会に救済申し立てを起こすと態度を翻し、合理的な理由も述べることなく、「撤回する」としました。
 
 団体交渉というのは、使用者の側に対して弱い立場にある労働者が、団結することで交渉力を獲得しようとするものです。ですので、組合が交通費その他を負担して、遠隔地である会社の所在地で団体交渉を開くことは、団体交渉の趣旨から言って、本末転倒なのです。
 
 また、私は、民族的・思想的なアイデンティティを捨てて、大月書店の指示に従うか、それとも、それらのアイデンティティを守って、翻訳契約を失うかという、非常に困難な立場に立たされたのですが、そうした困難は独力では解決できません。
 
 今回の福岡県労働委員会の今回の判断は、不当であると同時に、非常に保守的なものでした。
 
 労働委員会という場では、「労働者性」を判断するに当たって、労働基準法研究会「労働基準法の『労働者』の判断基準について」や労使関係研究会「労働組合法上の労働者性の判断基準について」といった辺りに示された判断基準が、デファクトスタンダードとなっています。
 
 私たちの組合では、「労働者」概念をより広くとった、革新的とも言える川口美貴『労働者概念の再構成』(2012年)を武器として、労働委員会で主張しました。
 
 また、前述のように大月書店事件は、民族差別、思想差別、言論弾圧としての性格も持ち合わせています。この点についても、労働委員会という場ながら、人権の問題として、ある程度は主張することができました。
 
 労働者性を判断する学説が複数あるのだから、それを踏まえて判断されるべきであるとの主張を、労働委員会にて展開したのですが、福岡県労働委員会の命令書には、私たちが特に念入りに述べたこの主張すら、触れられていません。あくまで、従来通りの基準に則った判断を下しました。
 
 それにまた、「労働者性」が争点として挙げられたのは、労働委員会が大月書店側の主張に引きずられたものです。労働委員会は、労組法に「労働者が団結することを擁護」するものとして定められているのだから、その点も不当であると言えます。
 
 大月書店側が、特に私の労働者性に焦点を当てた主張を展開した理由としては、団体交渉となれば、民族差別などが問題とならざるを得ないために、それを回避し、会社のメンツを守るためだと考えられます。
 
 今後の手続きとしては、中央労働委員会に再審査を請求するか、地方裁判所に行政訴訟を起こすかという二つの道があります。
 
 不当な棄却命令が出たところで、今後も闘い抜いていく決意に変わりはありません。それどころか、ますます闘う決意を強くしております。今後とも、ご支持のほどをよろしくお願いいたします。

e0252050_171477.jpg





by BeneVerba | 2014-08-16 17:43 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
 以前のエントリでも書いたように、私は大月書店との仕事を始めるに当たって、自分のエスニックアイデン・ティティを知らせていました。そして、大月書店はそれに一定の理解を示していたのです。また、大月書店は日本軍政奴隷制度(「従軍慰安婦」制度)関連の本も出しており、マイノリティに理解のある版元に思えました。
 なぜマイノリティとの連帯ではなく、右翼の受け入れなのでしょう。ブログやツイッターにも書きましたが、先行きに危ういものを感じます。また、自分の持つ思想から言っても、アイデンティティから言っても、自分の居場所がここにはないと感じます。
 ――芦原メール
 これから必要なのは、差異の尊重が同時に「自分たち」の利益であると素直に思えるようなアイデンティティを、広範に育てていくことのように思います。ベーネさんご自身がそうするかは別にして、やはり在日はじめさまざまな差異をもつ人々が、脱原発運動の中でも声をあげ、それに多数者の側が学んでいくほかはないのでしょう。

 実際、野間さんなども、ベーネさん自身のバックグラウンドを知っていれば、全然違った捉え方をするだろうと想像します。もちろん、そのような人の属性で対応を変えることはあるべきではないし、当事者からの開示がなくてもそのような可能性を考えておくのが、あるべき市民のふるまいなのですが。これは、PC的な最低限のモラルとしてすら多様性への配慮が共有されていない日本の限界だと感じます。
 ――岩下メール
 その後、前回のエントリで紹介したように、私は大月書店の担当編集者から、「反原連を批判するなら契約はやらない」という趣旨の脅しを受けます。私は、大いに悩みはしたものの、契約を失う可能性を承知した上で、「反原連批判をやめよ」という脅しにきっぱり反対しました。なぜなら自らのエスニシティはそれほどかけがえないものだからです。
 反原連批判を止めるつもりはありません。理由の一つとしては、アイデンティティは「中断」することができないものだからです。反原連批判を控えてくれというのは、「しばらくの間存在しないでいてくれ」というのと同じことです。勘違いなされては困るので、もう一つの理由も挙げましょう。それはこれが脱原発運動全体にとって重大な問題であるからです。
 ――芦原メール
 その後、大月書店は私個人の資質を非難するようになっていき、最終的に「翻訳契約はやらない」と言いました。

 反原発デモに日の丸が翻る間だけ、朝鮮半島にルーツがあることを忘れるのは不可能です。そして、日の丸は、反原連的な「右も左もない脱原発」運動によって持ち込まれるようになったものであり、私は実際に反原発デモで、意図せずに日の丸と歩かされるという人生でも最悪の屈辱的な体験をさせられました。自分は思想的にも民族的にも日の丸を否定しているにもかかわらずです。

 大月書店のやったことは人権侵害であり、思想差別であるとともに民族差別(私の仲間の一人の言葉を借りれば、「ぶんなぐられても仕方のないようなこと」)なのです。


関連リンク:
  • 『はじまりの物語』が出版された直後の大月書店からの電子メールの抜粋
  • 寄付のお願い及び大月書店との係争について
  • 株式会社大月書店(サイト外)

  • by BeneVerba | 2014-05-23 11:40 | 意見 | Trackback | Comments(0)