タグ:反原連 ( 5 ) タグの人気記事

 基本的人権にも保障されている思想信条の自由を使用しただけで、なぜ私はこんなにも苦しまなければならないのでしょうか?私がやったことと言えば、大月書店からの「反原連批判をやめよ」「日の丸批判をやめよ」という指示に従わなかったことです。その結果、半ば決まりかけていた次の翻訳書をチャラにされました。

 大月書店には、私が祖父を朝鮮半島に持つ、日本国籍の在日朝鮮人であることを伝えていましたし、また、大月書店との契約に先立って、日の丸の持ち込みに代表されるような反原発運動の国民運動を批判してきました。大月書店はその点を踏まえて契約したとみなされて仕方ありません。


 当然ながら、大月書店との契約に当たって、「反原連批判をやめる」「日の丸批判をやめる」などという条項に同意したりもいたしていません。つまりは、私の言論活動は、大月書店との契約とは関係なく、大月書店が私の言論活動に注文を付ける権利はないということです。ましてや、それを餌に「反原連批判をやめないと契約をやらない」などという権利はありません。

 わずか一冊のみ翻訳書を出した人間が、二冊目を断ることは勇気が要ることでした。断ったとして二冊目の依頼が来るかどうかわかりませんから。それに大月書店側がつけこんだと言えることもできると思います。それでも私のルーツと思想信条はかけがえないのものです。比較にすべきものとは思えませんでした。

 思想信条の自由と、エスニシティとは、人権の中でもかけがえないもののはずです。大月書店は私へのメールの中で「伝統的左翼出版社」と言ってきたのですが、その一番大切なものを踏みにじるこの会社が「伝統的左翼出版社」と言えるでしょうか?

 また、大月書店による人権侵害は今でも続いています。二〇一四年の社前行動では、終結した私たち全国争議団に、大月書店社員一名が終始「ファック・ユー!」のサインを出していました。担当編集視野の岩下結も、精神障害者差別や失業者差別をツイッターアカウントで、繰り返しています。これが「伝統的左翼出版社」のあり方でしょうか。

 つまり、大月書店のしたことと言えば、私が以前からそうした活動を行っていたことを知りつつ、また、在に朝鮮人であることを知りつつも、私の自由な言論活動に口出しし、(日の丸や極右を擁護する)反原連と日の丸批判をやめるように自作の翻訳契約とバーターで脅迫したということなのです。

 さらに、私の健康問題もあります。会社から不当な仕打ちを受けることは、それだけで大きな痛手です。それに加えて労組に入り争議を起こし、労働委員会やら行政訴訟で争うことも大きな負担になります。大月書店との仕事を始めるまで、比較的に健康だった私の健康はぼろぼろになってしまいました。

 また、私はこの問題が、(意外にも支持してくださっている方も多いとはいえ)さほど注目を集めていないことに腹を立てています。私があまり好きではない喩えですが、ナチスドイツに喩えるとします。ハーケンクロイツを批判するユダヤ人著述家に対して、「それでは受けない。ハーケンクロイツ批判はやめてくれ」などという出版社があるものでしょうか?

 日の丸を良しとする風潮には、日本人の歴史への忘却と関わっています。「日の丸くらいいいじゃないか」という体制に流されず、私は最後まで日の丸を帝国主義のシンボルとして認めない人間であろうと思います。

 それならそれでいいでしょう。日の丸は帝国主義の残滓でしかないということを明らかにするためにも、これからも戦い続けます。

by BeneVerba | 2016-07-05 00:06 | 意見 | Trackback | Comments(0)
 東日本大震災が起きたときに、私はすぐさま地元福岡の反原発運動に参加した。やがて知ることになるのは、主に東京の方で「反原発運動に右翼を迎え入れるかどうか」「反原発運動での日の丸を許容するかどうか」という問題があることだった。

 その時、すぐさまそれはあまりにばかげた問題だと思った。原発政策は国家により進められており、右翼は各地の原発建設において下働きの仕事をしてきたことは知られることだ。つまり、反原発運動に両者の要素が入り込む余地はない。だが、この時また、私は、これはおそらく東京という特異な場所のみの現象だろうと考えていた。

 だが、やがて、福岡の地で日の丸を掲げようとする馬鹿者が現れることになる。私は、大月書店と日の丸の一件で揉めたり、その後労組に加盟して活動するよりも以前から、この傾向に抗ってきた。持ってくる人に個人で注意に行ったりしていたのも、それらの前だ。

 さて、一方で「日の丸にも右翼にもノー」という同様の主張をインターネット上でも繰り返してきた。その結果受けたのは、それらを快く思わない人々からの差別暴言だった。


 これまでにも告発してきたが今回は少し、それを改めて一覧したい。

 「(反原発運動における日の丸の問題は)君が朝鮮人かどうかはこの場合全く関連しない。君の「運動原則論」じたいが迷妄している、というだけ」(山本夜羽根)。

 日の丸と一緒に反原発デモを歩けないのは、日本帝国に(あるいは日本に)踏みにじられたルーツを持つものとして当然のことであろう。山本はこのように言うことによって、「自分は差別主義者ではなく、しゃかいうんどうろんの問題として、日の丸問題を話し合っている」と主張したいのだ。

 「お前日本人だろ」(凡)

 ここで凡が言っているのは私が日本国者であるという意味ではない。お前には在日朝鮮人について、語る資格がないと言っているのだ。だが、当然のことながら日本国籍の在日朝鮮人も存在しており、それ特有の悩みがある。それを否定するのは差別である。何よりも理解していないのは、私のような存在が朝鮮人でもあり日本人でもあるということだろう。

 「日本国籍の匿名のクォーターが、民族名で矢面に立ってる「バリバリの在日」に向かってすごいこと言うな……」(野間易通)

 上と同様の「日本国籍の在日朝鮮人」「クオーター(私はあまりこの言葉を使わないが)」である。ここで野間がやっていることのひどさを見よう「日本国籍の匿名のクオーター」と「民族名で矢面に立っている『バリバリの在日』」を、マジョリティである日本民族・日本国籍の立場からかくづけしているのである。これが差別でなくて何であろう。

 このような使われ方をされて、侮蔑されたと感じられない李信恵の差別への鈍感さも信じられないことである。なお、そもそも野間が「私が在に朝鮮人として何をしているか」に口出しする権利がないことは言うまでもないし、私は自分の活動を全ては後悔していないので知るはずもない。

 「療養中ならTwitterで議論しようなんて思わない方が良いですよ。 碌なことが無いから」(原田裕史)

 他も似たり寄ったりながら、原田裕史は生粋の差別主義者だろう。反原発運動の右傾化路線を肯定した調歩運人であるにとどまらず、そのことを私に追求された時の捨て台詞がこれである。ここには悪辣な意図がこもっている。それは「相手は病気だ。病気だから相手の言うことは、無視して良い」というものである。

 相手の議論を封じ込める手段として最悪のものであろう。野間易通も「キチガイ」と言う言葉を多用する。、私は「キチガイ」とか「チョン(この言葉を書くのにも抵抗があるのだが))という言葉だけが、差別だと思って欲しくない。「療養中ならTwitterで議論しようなんて思わない方が良いですよ」とか、「日本国籍の匿名のクォーター」を貶める発言も(場合によってはもっと悪質な)差別である。

 「ほんとにご病気だとしたら、ツィッターはあまりよくない気が」(上瀧浩子)

 これはさんざん上で出た例だ。相手を病気認定することによって、相手の訴えを無効化する論法だ。それにしても不思議なのは、私が上瀧浩子さんに何かひどいを言ったことはないのに(ツイッターで相互フォローだったこともある)、このような考えに至る思考法だ。共産党系とも目される彼女ゆえだからだろうか。

 だが、冒頭で述べたように、私は反原発運動のナショナリズム化・ポピュリズム化に反対し続けており、スタンスを変えてはいない。

 「お薬の飲み忘れか」(KangKim)

 同じく。彼は医者だそうだ。


 これらの人々に共通するのは、まずもって本来は政治的意見の違いがもんだとなっていること、にもかかわらず相手を差別し貶めることで、「自分の意見は正しく、相手の意見は間違っている」とすることにあるだろう。また、おそらく自分は差別に反対していると信じていることでもあろう。

 だが、これらの人々は、最も卑劣で最も単純な種類の差別者である。

by BeneVerba | 2015-12-25 02:55 | 意見 | Trackback | Comments(0)
 反原発運動の国民運動化において、原田裕史という人物の罪は重い。2012年の段階で、彼は反原発運動への日の丸の持ち込みを肯定的にとらえている。それは、もちろん日の丸の下に束ねられたくない、というものを排除するものであり、マジョリティに媚びを売るものである。そして、彼らは負け続けている。

原田裕史 (‏@harada_hirofumi)
原発というのは「親方日の丸」の代表選手の一つです。ですから「日の丸」は敵の象徴でもあります。 原発政策に抗議の場に日の丸が立つこと「反旗が翻った」という意味を持ちます。 もともと敵の象徴ですから気分が悪くて当然ですが、闘いに於いて「反旗」は大事にしなければならないと思います。
2012年6月10日


e0252050_2454974.jpg


 また、あろうことか、原田は私が精神医療ユーザーであることをいうことで、私の発言内容そのものがとるに当たらないものであるかのような印象操作すら行っている。

原田裕史 ‏(@harada_hirofumi)
@BeneVerba 療養中ならTwitterで議論しようなんて思わない方が良いですよ。 碌なことが無いから。
2013年9月14日


e0252050_2554524.jpg


by BeneVerba | 2014-07-10 02:56 | 意見 | Trackback | Comments(0)
*どんどん追加していきます。それにしても、大月書店や共産党はこんな人物を支持してるんですからね。
e0252050_2213548.jpg


  • それは「名誉白人」である上に「名誉朝鮮人」でもある米津さんが自問自答するしかないと思うのですが、答え出ました? - 2011年8月12日
  • キチガイうるさいよ。絡まれてるのは私。 - 2011年12月24日
  • 天皇フェチ、日の丸フェチ、慰安婦フェチ、南京フェチ等々は、左右ともに他人の邪魔するだけだね。 - 2012年6月3日
  • はい、福島以降の反原発運動自体が帯びている政治性と共鳴するものですね。これは一種のレコンキスタです。 - 2012年7月13日
  • 名誉朝鮮人気取りの馬鹿。全体主義国家の暴力に加担するゴロツキ。人権概念を持たない無教養野郎。こんな感じですかね。 - 2012年8月11日
  • もうキチガイは全員「反・反原連」になってくれていいよ。マジで。反原連にもデモに来る人にも、もちろん反原発運動そのものにもなんの益ももたらさないから。 - 2012年8月14日
  • 猪瀬直樹でええやん。 - 2012年11月2日
  • 猪瀬あかんな。 - 2013年3月30日
  • 「ポリティカリー・コレクト・キチガイ」とい言葉を思いついた。 - 2012年11月5日
  • 針谷大輔はリベラル個人主義者。君は人権ゴロの全体主義者。前者を支持します。 - 2012年11月16日
  • 私はこの間針谷大輔のことを「リベラル個人主義者」と評して、おそらく右翼にとっては悪口になってしまうのかもしれないんだけど、やっぱりそうとしか思えない。加えて言えば、彼の思想はそのまま「中庸」の体現でもある。 - 2012年12月4日
  • おまえにはそんなものはない。 - 2012年12月27日
  • 針谷さんは2010年の初頭に「チョン校の子たちを守らなければ」といって反差別運動に参画されましたが、「チョン校」という表現をほかの人に咎められ、反省の弁を述べたあとに改めています。 - 2013年2月1日
  • 針谷さんは差別者ではありません。あなたにくらべてよほどリベラルです(針谷さん本人にとってはよろしくない評価でしょうが)。 - 2013年2月4日
  • 「決めつけ」は「自明なんだよ」のほうだよ。当時の社会状況をよく見てみろ。そんなに自明なら、堂々とCMに使われるわけないでしょ。日本人をなめとんのか。ほとんどの人は「あとから知る」んですよ。その「解釈」を。 - 2013年3月5日
  • 「知恵遅れ」はともかく、「キチガイ」が精神障害者差別ってどんな発想だよ。 - 2013年5月6日
  • 日本国籍の匿名のクォーターが、民族名で矢面に立ってる「バリバリの在日」に向かってすごいこと言うな……。 - 2013年6月2日
  • こういうふうに、他人を誹謗中傷することに必死になるキチガイがサヨク面するから、左から人が離れていくんだと思う - 2013年7月7日
  • 私も左翼自称ですがなにか? - 2013年4月7日
  • つか、こいつ→@lalaflower010 のTL、竹野内真理とかモヒートこと矢谷博紀とかサカイミエコとかお馴染みのアレなやつでうめつくされていて、キチガイはどんなジャンルでも同じようなのが群れるということがよくわかる。 - 2013年7月7日
  • 「差別」ってなんにでも使える万能の武器と思ってない? 思ってるやろなあ…。知性と責任感の欠落は、人間をここまで腐らせる。世界は絶対におまえの思い通りにはならない。ざまあみろ。 - 2013年7月29日
  • 一参加者として反原発デモへの針谷大輔さんの登壇に賛成したというだけで、2年以上にわたって私を「右翼とつるむ差別主義者」扱いしてきた人が、右翼が主催者にいるデモに参加ねえ……。それ自体は別に問題ないけど、こんだけいいわけがくっついてるとダメだろねw - 2013年9月21日
  • 頭おかしい - 2013年8月5日
  • キチガイの陰謀論は果てしないな。 - 2013年8月5日
  • 「在日朝鮮人二世」みたいな大仰なハンドルつけてこんなアホなことばっかり書いてるとミンジョクの恥になるんちゃいます? - 2013年8月6日
  • キチガイ2013年8月6日
  • これエセ同和行為ね。のぶかつが名誉毀損で訴えれば勝てるレベル - 2013年8月21日
  • では似非エセ同和行為またはエアえせ同和行為に訂正します。 - 2013年8月21日
  • また関係のない文脈で「日の丸」……。完全にキチガイでしょ - 2013年9月14日
  • カルメン・マキが正しくゴミみたいな反応で通常運転。 - 2013年9月23日
  • だから私が公安だって。逮捕スルゾ! - 2013年10月11日
  • キチガイと話すのがいやなだけです。 - 2014年4月18日
  • 頭のおかしい人、常軌を逸した人、異常な人、きわめて変な人という意味です。 - 2014年4月18日
  • この糞チョソン人、すごいこと言うな…。 - 2014年5月9日


by BeneVerba | 2014-05-24 21:28 | 意見 | Trackback | Comments(0)
*この記事はどんどん情報を追加していきます。

リンク集:

引用:

 種族的、宗教的又は言語的少数民族が存在する国において、当該少数民族に属する者は、その集団の他の構成員とともに自己の文化を享有し、自己の宗教を信仰しかつ実践し又は自己の言語を使用する権利を否定されない。
  ――国際人権規約B規約,第二七条

1.マイノリティに属する人々は、個人として、また当該集団の他の成員たちと共同して、いかなる差別もなしに、この宣言が定める権利を含めた、その諸権利を行使することができる。
2.マイノリティに属するいかなる人物も、この宣言が定める権利を行使することによって、あるいは行使しないことによって、不利益を受けることがあってはならない。
  ――マイノリティの権利宣言,第三条

 水俣病患者は病気のせいで差別されると思っていた。ところが、世界の公害現場を歩くうちに、弱者に対する差別のあるところに公害というしわ寄せが来ると分かった。原発も都会で使う電気が地方でつくられ、廃棄物まで押しつけられる。事故を機に研究や教育のあり方を問い直すべきだ。大学や学会は何なのか。さらに言えば、学会や専門家を容認してきた国民は何なのかということにもつながる。
  ―― 原田正純,毎日新聞朝刊,2011年12月3日

 原子力の問題というのは、単なる「テクニカルな問題」ではないのです。憲法9条の理念や、「私たちがどうやって生きていく」「どうやってこの国を作っていくか」という、非常に根本的な問題ともリンクしている。私は、「原子力の問題は差別の問題だ」と言ってきた。憲法9条を形作っている問題意識の土台も、 たぶんそうだと思っています。

 根源的には、差別の問題だと思っています。そして、差別の問題は、みなさん一人ひとりの身のまわりにも、そこらじゅうにあるはずです。その差別にまつわるひとつひとつ問題にみなさんが取り組んでくれるなら、それは私がいま闘っている原子力の問題と、必ず通底していると思います。そしてもし、「差別の問題」 を超えることができるなら、原子力は必然的になくなるはずです。
  ――小出裕章『原発と憲法9条

 私は沖縄国体少年ソフトボール競技の開会式において、日の丸を引きおろして焼きすてた。この私の行為は全国に大きな反響を呼び、この「事件」の裁判は歴史的な「日の丸裁判」として、現在那覇地裁で争われている。右翼は読谷に押しかけ、あらゆる反動がやってきた。

 だが、私がこの日の丸を焼いたことは、正しいことだったと思う。その思いは右翼からどんなに攻撃されようとも、というより攻撃されればされるだけ強くなるのだった。もっとも、たかだか三千五百円の布切れ一枚を焼いたことが、これほどの反動を呼ぶとは私も予想だにしなかったが。またそれほどの「魔力」がこの旗、日の丸に潜んでいることも。
  ――知花昌一『焼きすてられた日の丸――基地の島・沖縄読谷から

 今こそウォール街の占拠を拡張し、多様化するときである。もし、これが真に九九%のための運動であるのなら、それはニューヨーク市の残りの部分を必要とし、アメリカの残りの部分を必要としている。

 有色人作業部会は、人種的意識を持ち、包摂的な運動を築くために結成された。私たちは、移民、無届滞在者、低賃金労働者、囚人、有色人のLGBTQ、ムスリムのような周縁化された宗教的共同体、先住民を含む有色人の諸共同体に対して働きかけている。それらの人々にとって、この占拠は皮肉なことに、もう一つの負担となっており、ゆえに、この運動は非植民地化されなければならない。

 しかし、この運動はリバティ広場という空間に限られたものではない。あなた方の助力があれば、この運動は万人に対して開かれたものとなるだろう。

 そうでなければ、この運動は成功しないだろう。権力と特権の力学を無視することによって、この記念碑的な社会運動は、それが抹殺しようとしている不公平の構造そのものを複製する危険を冒すことになる。
  ――ライターズ・フォー・ザ・99%『ウォール街を占拠せよ――はじまりの物語




by BeneVerba | 2013-07-02 08:01 | Trackback | Comments(0)