帝国の言語としての英語を壊すために

 私が英語を操る能力は、当然にもネイティブ・スピーカーたちのそれに遠く及ばないだろう。だが、それが言語を運用する能力として本質的な劣性だとは思わない。同時にまた、私が英語より日本語の方に、はるかに習熟しているといっても、日本語の方が私にとって、より内面に近いとか、肉声であるだとか思わない。そうした見方は断固否定したい。

 それからまた、ネイティブ・スピーカーではない日本語話者が書いた「変な日本語」を笑いものにする風潮がある。人はそれらに滑稽さを感じるかもしれないが、そういう態度には大きな勘違いも含まれている。そうした「変な日本語」は、日本語の多様性のために、大いに喜ぶべきものであり、進んで迎え入れるべきものであると思う。

 私はこうしたことを、ウィリアム・バロウズのような「変な英語」で書く作家たちから、大いに学んだように思う。またアルンダティ・ロイも、「帝国の言語としての英語を壊すために」書いている作家の一人ではないかと思っている。

 私は言語というものに対して、また日本語と英語に対して、そういう興味の持ち方をしている。


To Confront English as A Language of Empire

My competence in English language is, of course, far from that of native English language speakers. But I don't think it is inferiority as an inherent competence in language. At the same time I don't think Japanese language is closer to internal existence or natural voices of mine. However I am far proficient in Japanese language more than English. I want to firmly deny such a point of view.

And there is a tendency which laughs about "ridiculous" words written in Japanese by non-native speakers. One may feel some kind of humorousness about those words, but such an attitude also contains significant mistakes. I think those "ridiculous" words are to be highly welcomed and willingly let in for diversification of Japanese language.

I think I learned a lot such things from authors who wrote in "ridiculous" English like William Burroughs. And I think Arundhati Roy is one of such authors who write "to confront English as a language of Empire"

I have an interest in language in general, and in Japanese and English language, in such a way.

by BeneVerba | 2012-07-31 16:12 | 言葉 | Trackback | Comments(0)