タグ:資本主義 ( 18 ) タグの人気記事

*ツイッターの補助ないし延長のようなエントリです。今後こうしたエントリは、「雑感」というカテゴリーでまとめていきたいと思います。おそらくたいていは短文となるでしょう。


 わたしは現場に触れていませんので、間違っているかもしれません。しかし、マスメディアからなにからなにまで、これだけ管理統制が行き届き、地域社会が壊れた社会で、大学生に自分自身の考えを話して見ろといっても、何もないのが普通だと思うのです。

 だってそれまでの人生において、(もちろんメディアが伝えるのと違う)重要な問題に触れて、自分の考えを練る機会なんてよほど恵まれていなければ、ないと思うのです。それは今の学生が「反動的」であるという問題とも結びつくかと思います。

 今の学生が「反動的」だとしたら、学生運動の退潮から今までの期間に、「左翼」の忌避を前提とする文化が、育まれたからではないでしょうか。そして学生たちはその中で育ってきており、それ以外の語法を持たないのです。資本主義社会の高度な発達によってイデオロギーは終わったとする、もう一つのイデオロギー――実際には資本による社会と民衆の新自由的な支配――からの脱出が必要だと考えます。

by BeneVerba | 2012-05-31 08:22 | Trackback | Comments(0)
資本主義と民主主義の結婚は終わった
The Marriage Between Democracy and Capitalism is Over
2011年10月09日 - スラヴォイ・ジジェク
参考:
http://occupywallst.org/article/today-liberty-plaza-had-visit-slavoj-zizek/
http://www.imposemagazine.com/bytes/slavoj-zizek-at-occupy-wall-street-transcript


  We are called losers. But the true losers are down there on Wall Street. They were bailed out by billions of our money. We are called socialists. But here there is already socialism for the rich. They say we don’t respect private property, but in the 2008 financial crash-down more hard-earned private property was destroyed, than if all of us here were to be destroying it night and day for weeks.

  They tell you we are dreamers. The true dreamers are those who think things can go on indefinitely the way they are. We are not dreamers. We are the awakening from a dream which is turning into a nightmare. We are not destroying anything. We are only witnessing how the system is destroying itself.

  We all know the classic scene from cartoons. The cat reaches a precipice. But it goes on walking, ignoring the fact that there is nothing beneath its ground. Only when it looks down and notices it, it falls down. This is what we are doing here. We are telling the guys there on Wall Street, “Hey, look down!”

  In mid-April 2011, the Chinese government prohibited on TV, in films, and in novels all stories that contain alternate reality or time travel. This is a good sign for China. It means people still dream about alternatives, so you have to prohibit this dreaming. Here, we don’t need a prohibition. Because the ruling history[system?] has even oppressed our capacity to dream. Look at the movies that we see all the time. It’s easy to imagine the end of the world. An asteroid destroying all life and so on. But you cannot imagine the end of Capitalism.

  So what are we doing here? Let me tell you a wonderful old joke from Communist times. A guy was sent from East Germany to work in Siberia. He knew his mail would be read by censors, so he told his friends: “Let’s establish a code. If a letter you get from me is written in blue ink, it is true what I say. If it is written in red ink, it is false.”

  After a month, his friends get the first letter. Everything is issued in blue. It says, this letter: “Everything is wonderful here. Stores are full of good food. Movie theatres show good films from the west. Apartments are large and luxurious. The only thing you cannot buy is red ink.”

  This is how we live. We have all the freedoms we want. But what we are missing is red ink: the language to articulate our non-freedom. The way we are taught to speak about freedom -- war on terror and so on -- falsifies freedom. And this is what you are doing here: You are giving all of us red ink.

  There is a danger. Don’t fall in love with yourselves. We have a nice time here. But remember. Carnivals come cheap. What matters is the day after, when we will have to return to normal lives. Will there be any changes then? I don’t want you to remember these days, you know, like “Oh, we were young and it was beautiful.”

  Remember that our basic message is: We are allowed to think about alternatives. The taboo is broken, we do not live in the best possible world. But there is a long road ahead. There are truly difficult questions that confront us. We know what we do not want. But what do we want? What social organization can replace Capitalism? What type of new leaders do we want?

  Remember. The problem is not corruption or greed. The problem is the system which pushes you to be corrupt. Beware not only of the enemies, but also of false friends who are already working to dilute this process. In the same way you get coffee without caffeine, beer without alcohol, ice cream without fat, they will try to make this into a harmless, moral protest -- a decaffienated protest.

  But the reason we are here is that we have had enough of a world where, to recycle Coke cans, to give a couple of dollars for charity, or to buy a Starbucks cappuccino where 1% goes to third world starving children is enough to make us feel good. After outsourcing work and torture, after marriage agencies are now outsourcing even our love life, we can see that for a long time we allowed our political engagement also to be outsourced. We want it back.

  We are not Communists, if Communism means a system which collapsed in 1990. Remember that today those Communists are the most efficient ruthless Capitalists. In China today, we have Capitalism which is even more dynamic than your American Capitalism, but doesn’t mean democracy. Which means when you criticize Capitalism, don’t allow yourself to be blackmailed that you are against democracy. The marriage between democracy and Capitalism is over.

  The change is possible. So, what do we consider today possible? Just follow the media: On the one hand, in technology and sexuality everything seems to be possible. You can travel to the moon. You can become immortal by biogenetics. You can have sex with animals or whatever. But look at the field of society and economy. There almost everything is considered impossible. You want to raise taxes a little bit for the rich. They tell you “it’s impossible. We lose competitivity.” You want more money for health care. They tell you, “Impossible, this means a totalitarian state.” Isn't it something wrong in the world, where you are promised to be immortal but cannot spend a little bit more for healthcare.

  Maybe we need to set our priorities straight here. We don’t want higher standard of living. We want better standard of living. The only sense in which we are Communists is that we care for the commons. The commons of nature, the commons of privatized by intellectual property, the commons of biogenetics. For this and only for this we should fight.

  Communism failed absolutely. But the problems of the commons are here. They are telling you we are non-Americans here. But the conservative fundamentalists who claim they really are American have to be reminded of something. What is Christianity? It’s the Holy Spirit. What is the Holy Spirit? It’s an egalitarian community of believers who are linked by love for each other. And who only have their own freedom and responsibility to do it.

  In this sense, the Holy Spirit is here now. And down there on Wall Street, there are pagans who are worshipping blasphemous idols. So all we need is patience. The only thing I’m afraid of is that we will someday just go home and then we will meet once a year, drinking beer, and nostaligically remembering “What a nice time we had here.” Promise ourselves that this will not be the case.

  We know that people often desire something but do not really want it. Don’t be afraid to really want what you desire.

  Thank you very much!

by BeneVerba | 2012-05-06 17:18 | 書き起こし | Trackback | Comments(0)
アルジャジーラ・インタビュー:今や領野は開かれた
The interview on Talk to Al Jazeera: Now the Field is Open
2011年10月29日 - スラヴォイ・ジジェク
原文:
http://www.youtube.com/watch?v=6Qhk8az8K-Y
http://beneverba.exblog.jp/16539863/





 ――世界のどこかで左翼というコンセプトが、それを現実化しようとしている場所をご存知ですか?

 物事はゆっくりと起きつつあります。しかし、メディアは充分にそれらを報道していません。例えば、私はメディアのインドと中国の取り上げ方に驚いています。中国は悪い奴だ、誰もが悪い共産主義や検閲があることを知っている、チベットをテロで支配している、そういったことです。インドが時々とはいえ注目を浴びることをご存知でしょう。しかし、充分に報道されているとは言えません。

 自然にも貧しい毛沢東主義者が反乱を起こしています。大方の味方はこうです。「OK、インドは大きなパートナーだ。インドとはいえ仲間だ」。百万人以上が反乱軍なのです。とんでもないことが起こっています。インドの新興資本主義は炭鉱へのアクセスを確保するため部族地帯にまで拡大しようとしています。しかし、私たちはそれを見ていないのです。だからこそ、反乱がそこにあるのです。

 こうしたことは今ではヨーロッパですら起こっています。事態はとても深刻です。それは「ギリシアは負債を支払うかどうか」といった表面的なことではありません。それは基本的に可能性の一つに過ぎません。何よりも先ずヨーロッパでは――私はこの隠喩を引用するのが好きなのですがね、「女は何を望んでいるのか?」、ジグムント・フロイトがこの奇妙で純朴な質問を発した時、彼はそれなりの年齢でした。私が主張する今日の問題はこうです。「ヨーロッパは何を望んでいるのか?」。ヨーロッパは自ら決定することができないのです。一方ではテクノクラティックなブリュッセル的ヴィジョンがあります。私たちはグローバルな市場で競争するために自らを組織化しなければならないというものです。

 それから私たちには、ナショナリスティックで反移民的な運動があります。それが唯一のオルタナティブであるとしたら悲しいことです。私が思うに今の世界は本当のオルタナティブを追い求めているのです。私は、アングロ-サクソン的ネオリベラリズムと中国-シンガポール的資本主義――詩的に言うならばアジア的価値観の資本主義ですが、つまり権威主義的な資本主義です。それは今や西洋のリベラル資本主義よりも能率的なのです――の二つしか選択肢がない世界に住みたくはありません。だからこそ、何かがなされなければなりません。それがヨーロッパの悲劇の1番目です。

 2番目です。残念ながら私はヨーロッパについてとても悲観的です。どれほどヨーロッパが退歩していることか。一つの出来事を取り上げてみましょう。欧州連合が基本的にトルコの加盟を認めていないことはご存知でしょう。民主的ではないとか何かで。

 ――イスラム的だと。イスラム的過ぎると。

 そうです。しかし、あることをお話しさせてください。この夏にイスタンブールで大きなゲイ・パレードがあったことを、ご存知ですか?数万人のホモセクシャルがデモ行進しました。そして、揉め事など何もなかったのです!

 これがもし欧州連合に加盟している東欧のポスト共産主義国家だったら、どうでしょうか。例えば、最近に分裂した南クロアチアの都市だったら。ゲイ・パレードですよ。どのようなものになるか想像がつくでしょう。彼らをリンチしようとする1万人の地域の人々から2千人の警察官に守られた7百人のゲイたち、などといった光景です。

 私が言いたいのはつまり――友だちを挑発するために言うのですがね、これも私の挑発の一つです。「そう、私は右翼に賛成する。ヨーロッパの遺産、ユダヤ・キリスト教的な遺産は危機に瀕している。しかし、彼らイスラームや何やらに反対している偽のヨーロッパの擁護者たち、彼らこそが危機なのだ。私はヨーロッパのムスリムを恐れない。私が恐れるのはヨーロッパの擁護者たちだ」。ユダヤ人の友だちにさえ言っているのです。「気を付けるんだ!今何が起きているか気付いているか?」と。

 あのブレイヴィクについて気付いたことはありませんか?ノルウェイで銃乱射事件を起こしたあの男です。彼は今持ち上がっていることの明白な例です。それは文字通りパラドキシカルなものです。反ユダヤ主義のシオニストです。

 一方では、明らかに彼は反ユダヤ主義者でした。彼はこう言っています。「イギリスを除けば、西ヨーロッパはOKだ。そんなに多くのユダヤ人はいない。だからなんとかなる」。それからこうです。「イギリス、そして特にアメリカにはユダヤ人が多すぎる」。したがって、標準的な国民国家のヴィジョンはこういうものです。「もし無視できるほどならユダヤ人は問題ない。だが数が多すぎれば……」。

 そうであると同時に、彼は全くのところ親イスラエル、親シオニストです。おや、あなたは私が孤独な狂人だとお思いでしょう(笑)。しかし、私が思うに、これがアメリカのキリスト原理主義保守派の基本的な態度なのです。

 フォックス・ニュースのスキャンダルを覚えているでしょう。グレン・ベックです。彼は反ユダヤ主義発言のために解雇されました。しかし同時に彼は全くのところ親シオニストなのです。これは私にとって悪夢です。

 イスラエル国家の代議士たちは、自分たちが何をしているのか気付いているのでしょうか?彼らは基本的に自分たちの魂を悪魔に売ったのです。それはこういう意味です。彼らは西側の政治勢力と取引をしています。そして私に言わせればそれらの勢力は、本質的に反ユダヤ主義なのです。

 つまり、彼らが人種的なゲームをしても良いのなら、私たちにパレスティナ人と同じことをすることを許せ、ということです。私は本当にユダヤ人のことを心配しています。ユダヤ人は偉大な民族です。シオニストの政治は彼らを偏狭な自滅的国家に変えようとしています。

 中東の紛争における真の犠牲者は、このカタストロフィックな政治において、ユダヤ人自身となることでしょう。彼らは、そのユニークさと偉大さを失うことになるかもしれません。

 ――あなたはどのような点において、真の変革、革命的な変化のかすかな兆候を、世界のどこかに見て取っているのでしょうか?あなたは左翼は本当はそれら多くの問題に対するグローバルな治療法、もしくはグローバルなアプローチを持っていないと仰いましたね。何らかの変化の兆候をどこに見ているのですか?

 現在既に起こりつつあることが、控えめな楽観主義の理由になると思います。魔法のような解決法が突然現れるという奇跡を期待してはいけません。はじまりは私たちが直面している困難は、貪欲な悪人が引き起こしたものではなく、良いシステムが代わりになるというものではないと、人々が気付くことです。しかし、私たちは確かにシステムそれ自体を問わなければなりません。

 この気付きは興りつつあります。それがこの〔アメリカの〕抗議者たちが、ここにいる理由なのです。私が思うに、この段階で重要なのは、拙速な解決策を提供せず、むしろそれを壊すことなのです。私はそれを皮肉を込めて、「フクヤマのタブー」と呼んでいます。

 それはつまり、彼は馬鹿ではないということです。私たちは今やみなフクヤマ主義者なのです。ラディカルな左翼でさえもです。私たちは何が資本主義に取って代わることができるのか考えることができないし、今以上の社会的正義や女性の権利などを求める状況をシステムに組み込むこともできないのです。

 やがてこのより根本的な疑問を問うべき時がやってきます。システムはもはやその自明性、自立的な妥当性を失ったのです。そして今や領野は開かれたのです。これは重要な達成です。

 ――しかしもし領野が開かれたのなら、誰が真空を満たすのですか?誰か上から注ぐのですか?

 常にその危険はあります。私は全くあなたの言うことに同意します。1930年代のヨーロッパやその他で、一体誰が空白を埋めたのか忘れないようにしましょう。これにはそれ自身のリスクがつきまとうのです。しかし、にもかかわらず私たちはこの機会をつかまなければなりません。

 なぜならば、私たちは経済的な危機のような連続的な現象がある種の永続的な非常事態になるのを見ているからです。したがって、世界経済が何とか前進するにしろ、そうした現象に敏感にならなければならないと思います。

 しかしそこには――これは良いパラドクスです。ベルリンの壁は崩壊しましたが、新しい壁や分断があらゆる場所で勃興しているのです。ほとんどの国家において、富裕層と貧困層の間だけでなく、分断は強化されています。

 ラテン・アメリカを例として挙げましょう。ファヴェーラやスラムやその他の場所に住む人々は、単純に貧しいと言うだけではありません。それはもっとラディカルなものです。彼らは単に公共の空間や政治参加その他から閉め出されているのです。

 したがって、再び問題は私たちがリスクを引き受けるかどうかといったものではないのです。はじまりは私たちの行く先にあり、私たちはそれを課されているのです。「単に黙って行くべき道を行ったらどうなんだ?」と私に訊く人への答えはこうです。

 私は、もし私たちが何もしなければ、次第に新しい種類の――それは古いファシズムではありません。ここで特に明確にしておきましょう――新しいタイプの権威主義社会に近づいていくと主張します。世界において、私が歴史的重要性を見ているのが今日の中国で起きていることです。

 今までは、率直に言って、資本主義について一つの良い論点がありました。遅かれ早かれ、それは民主主義をもたらすのだというものです。韓国にしろチリにしろ独裁制を維持できるのは20年間程度だと。しかし、私が心配しているのは、アジア的価値観の資本主義、シンガポールと中国です。

 そこでは私たち西側の資本主義よりも能率的でダイナミックな――少なくともそう見えている――資本主義があるのです。しかし、私はリベラル派の友人たちの希望を共有していません。彼らはこう思っています。つまり「十年もすれば、天安門事件のようなことが起こる」と。それは違います。資本主義と民主主義の結婚は終わったのです。

 ――なるほど。それでは中国があなたが希望を見て取る良い例ではないとしたら、終了が近づいています、他に良い場所はあるのでしょうか?なぜならあなたは、これら全てについてのあなたの不平は、消費主義が野心と不満を駆動する力となっているというものですね。どこかあなたが栄誉を与えることができる場所はありますか?

 それもまた中国です。中国ですら市民社会を組織化することはできるのです。エコロジーや労働者の権利やそういったことで。私が思うに、特に中国ではこのことは時に西側の民主主義よりも重要なのかもしれません。

 低レベルの驚くべきことが、中国では起こっています。中国の爆発的な状況が示唆するものが何かおわかりでしょう。彼らの最新の追認議会を覚えていますか?

 誰もが彼らは防衛予算を倍にすると思っていた。いいえ、彼らは国内治安の予算を倍にしたのです。中国は今や軍隊よりも国内治安に歳費を費やす唯一の大国です。だからこそ、抗議があるのです。

 アラブの春の話をしましょう。なぜ私があれをそんなに好きなのかご存知でしょう?なぜなら西側にいる我々は――といっても私たちは他の奴らよりそんなにひどくはないか。私は普遍的なペシミストになっているのかもしれないな――自発的なレイシストなのです。わかりますか?決まり文句はこうだったのです。「ああ、アラブ人ね。人々を結集させようと思ったら、集まるのはレイシストや反ユダヤ主義者、それにナショナリストや宗教原理主義者だけさ。民主主義の始まりを告げる世俗的な運動なんて起こりっこないよ」。ところが、まさにそれが起こったのです!

 さて、ここからが大事なところです。その後何が起きるか。これはとても悲しいことです。私はそうならないよう祈ります。しかし、いくつかの兆候が悲しい方向を指し示しています。私はそうなってほしくはありませんが、ひょっとして最終的な結果は、ムスリム同胞団と軍部のねじくれた盟約になるかもしれません。

 もっと簡単な言い方で言えば、ムスリム同胞団はより強力なイデオロギー的役割を統制する学校を手に入れ、その交換として軍部は特権や腐敗などを維持するというものです。

 しかし、にもかかわらず出来事は起きつつあるのです。ヨーロッパに目を向けましょう。ヨーロッパでは人々は最初ギリシア人のことを馬鹿にしていました。「ああ、ギリシア、あの怠け者の原始的な地中海人たち」と。いいえ、スペインがあります、イギリスもです。更に広がることでしょう。あなたが仰ったように、これは重大なことです。

 闘いは、物事がそのまま続くか革命が起こるかではありません。なすべきことは、抗議運動のエネルギーを適切なものに作り替えようとするもっとも困難な闘いを戦うことです。ここアメリカでも大きな抗議運動のエネルギーがあります。しかし、今のところそれは、ヒップ・アーティストたちによって盗み取られているのです。

 彼らは自分たちの作品をどうやって形作っているのか気付いているのでしょうか?50年前の労働者の抗議運動のような格好をしたヒップ・アーティストたちです。彼らの曲を聴けば、おわかりでしょう。私はティー・パーティーを支持するあるポップ・シンガーの曲を聴きました。彼はこう言ったことを歌っていました。「俺たちは搾取されている普通の労働者。ワシントンとウォール街にいる悪漢たちが俺たちを搾取している」などと。

 そこにこそ闘争があるのです。それは困難な闘いです。私は何ら幻想を持っていません。そこにはいくつもの大きな危険があります。しかし、中国のことわざにこんなのがあります。「彼らが本当に君を憎む時、君は興味深い時代に突入する」。私たちは確かに興味深い時代へと近づいています。

 ――お話どうもありがとうございました。

 こちらこそ!どうもありがとうございました。



訳者コメント:
 「ウォール街を占拠せよ」での演説「ウォール街を占拠せよ」に関するガーディアン紙の論考と関連するために、いずれ訳すことを目的に書き起こしていたジジェクのアルジャジーラでのインタービューをようやく翻訳。前半はこちら

 訳者の聞き取り能力の限界のせいで(ジジェクの独特の発音や、崩れた英語のせいもあるが、それよりも)、翻訳としては不充分なものになった。謝っておきます。すみません。訳している最中に書き取り自体の不正確な点にも気付いた。書き起こし共々至らない点があればご指摘いただきたい。そしていずれ見直したい。

 特に訳文の注意点を。論文名と受け取って『人類にとっての貨幣(Human to Money)』と訳した部分。インターネット上の書誌情報などを参照したが、このような文章をアーレントが発表したのかどうか、わからなかった。そのうち図書館にでも行って、調査してくるのでしばらくお待ちを。もし、アーレントに詳しい方がご指摘してくれたらありがたい。

 余りにも多くの論点を含むため、コメントは控えめにしたいが2点だけ。まずイデオロギーの問題。ジジェクは物事を見ないことがイデオロギーだと言っているが、同じような文脈において、「脱原発はイデオロギーではないが、反レイシズムや歴史修正主義はイデオロギーの問題だ」という人は、まさしく選択的に何を見るか決定している点で、イデオロギーにどっぷり浸かっている。ここには自然化したイデオロギーとでも呼びたい問題がある。

 次に、「アジア的価値観の資本主義」について。ひょっとしてここには没落する前の(あるいは今も?)日本を代入しても良いのかもしれないが、アジアに位置する我々とはややズレを感じる部分もある。そのズレた部分は私たちが自分で考えなければならないことなのだろう。それにしても今の中国に行き詰まりと希望を見るというヴィジョンは独特のもので興味深い。

by BeneVerba | 2012-02-04 12:00 | 翻訳 | Trackback | Comments(4)
アルジャジーラ・インタビュー:今や領野は開かれた
The interview on Talk to Al Jazeera: Now the Field is Open
2011年10月29日 - スラヴォイ・ジジェク
原文:
http://www.youtube.com/watch?v=6Qhk8az8K-Y
http://beneverba.exblog.jp/16539863/





ナレーション:
 中東からロンドンの街角、そしてアメリカの都市まで、現状に対する不満が爆発しています。強力な政府の鉄の支配であれ、富裕層と何とかやっていくだけの人々との間に横たわる大きな経済格差であれ。しかし、これら変化を切望する声はどこへと向かっているのでしょうか?社会変革を目指す彼らの長期的ヴィジョンはどれほど深遠なものなのでしょうか?

 「システムはもはやその自明性、自立的な妥当性を失ったのです。そして今や領野は開かれたのです」。

 スロヴェニア出身の哲学者スラヴォイ・ジジェク氏の懸念です。その資本主義と社会主義の両者への批判的な考察は、彼を国際的に認知された知識人にしました。例えば、ここニューヨークでは、ウォール街を占拠せよの占拠者たちの間で有名です。

 『トーク・トゥ・アルジャジーラ』では、スラヴォイ・ジジェク氏をお招きして、この夏のロンドンでの暴動について、彼らが政治的なアジェンダを持っているかについて、お聞きすることからインタビューを始めました。


スラヴォイ・ジジェク:
 彼らの抗議のやり方、あそこでの彼らの振るまいから見えるのは――私は抗議活動の参加者や目撃者と繰り返し話をしました――彼らは要求がないからこそ通りに繰り出したということです。彼らは、共産主義的なユートピアであれ、宗教的なものであれ、主張をまとめることができません。ただ、純粋な暴力と抗議の、それを何と呼ぶにしろ、消費主義を真似たアジェンダがあっただけです。それはとても悲しいことです。

トム・アッカーマン:
 ――ここアメリカ合衆国には、イデオロギー的に一貫した要求はあるのでしょうか?

 彼らをそのことで非難してはいけません。私は共産主義者ですらないのです。私は自らそう言ったのです。そのことを口にした後、実に多くの敵を作ることになりました。現実を直視しましょう。20世紀の共産主義はまさに――なぜならばあのような希望と共に始まり、悪夢として終わりを告げたのですから――おそらくは史上最大のカタストロフィ、言うなれば、人類の歴史において試みられた中でも最大の倫理的なカタストロフィです。それはファシズム以上です。

 その理由はごく単純なものです。ファシズムにおいては、私たちが抱えていたのは、「全てのプログラムはこれをやることだ。この悪事をなすことだ」と言っていた悪い奴らです。違いますか?なのに、彼らが権力を掌握した後で悪事をなしたのは、何たる驚きでしょうか!ですよね。共産主義において、私たちが抱えていたのは正真正銘の悲劇です。だからこそ反体制派や常に内部党争があったのです。だから――とはいえそれは終わったことです。

 これが意味することは何でしょうか?それが意味するのは、もう虚仮威しは止めようじゃないか、ということなのです。私たちは既存のシステムの限界を理解しています。それこそが私の拠って立つ基本的な立場です。

 人々は私に「ああ、あなたはユートピアンですね」と言うのです。申し訳ないが、私にとって唯一本物のユートピアとは、物事が限りなくそのままであり続けることなのです。2008年の金融崩壊の始まりがどのようなものだったか、ご存知でしょう。「OK、我々の銀行に対する立法措置は充分ではなかった。全てが上手くいくように、それらを少しばかり変えよう」。いいえ、それは上手くいきませんでした。

 だから、私たちによって、何かがなされなければならないのです。だがそれに対して率直に向き合わなければなりません。悲劇はこういうことです。私たちが現在保持している資本-民主主義に代わる有効な形態を、私も知らないし、誰も知らないということなのです。

 ここで一つ、もちろん私が政治的には反対する人物の言葉を引用しましょう。しかし、時に彼女は馬鹿ではありませんよ。ハンナ・アーレントです。ご存知ですね。最後の作品である奇妙な論考『人類にとっての貨幣(Human to Money)』の中で、彼女はこう言っています。「貨幣はリベラルさ(liberality)を表すための手段だ。我々が物を分かち合い、交換するなどの意味において。貨幣が意味するのは、我々がそれを平和的に行うということだ。私はあなたに貨幣で支払い、あなたは望むならそれを私に売る。もし貨幣というものが存在しなければ、直接的な支配と暴力的な強奪が幅を利かせることだろう」。

 私はこの部分において彼女に同意しません。しかし、この話をどこかで聞いたことはないですか?つまり、20世紀共産主義の多大なる経験において、彼らは市場、貨幣を廃止しようとしました。そして、暴力的な支配が必然的にその見返りとしてやって来たのです。

 ――あなたがお書きになった物を読みました。「もしそれが必要を意味するのなら、ファシズムは左翼だ」。そうですよね?「ファシズムは左翼だ」とはどういう意味でしょうか?

 それは私のリベラル派の友人たちを挑発するために言ったことなのです。私は挑発するのが好きなので。私が言ったことの中には、他にももっとひどい言葉がありますよ。例えば、「もし我々がトルコ人の半分を追いやったら……」

 ――文字通りには受け止められませんよ。一体あなたは何を言おうとしたのですか?

 もちろんですとも。ご承知のように、問題は暴力の問題です。もちろん私は暴力に反対します。それが人々に対する殺人や拷問を意味するのならば。しかし、私にとって、私が支持する真の暴力とは、物理的な暴力のことではありません。それは例えば、タハリール広場のエジプト人たちのような暴力なのです。彼らは通常の意味では暴力的ではありません。銃撃したりといったことはしませんでした。彼らはシステム全体の機能を止めようとしたのです。

 これが私の有名な宣言です。多くの敵から身を守るために書いたのですがね。最初の部分はこうです。「ヒットラーが問題だったのは、彼が充分に暴力的ではなかったことだ」。しかし、次の部分はこう続くのです。「ガンディーがヒットラーよりも更に暴力的だったという意味において」。ヒットラーの全ての暴力は、システムを上手く機能させることにありました。ガンディーはシステムを停止させようとしたのです。

 したがって、私にとって問題は暴力の悪魔化です。もちろん暴力は悪魔化されるべきです。しかし、その前に私たちはあらゆる形態の暴力を精査しなければなりません。目に見えない暴力を見るためにです。それはつまり――私はパラノイアではありませんよ――悪いメディアが未知の手段で私たちが思考することを妨げているとか何とか。

 単純にこう考えてください。例えば――暴力について話をしたいのですか?それならコンゴ共和国の話をしようじゃないですか!数百万の人々が死にかけていて、国家全体が機能していない。軍閥が支配し、薬物は蔓延し、未成年の戦士が戦っている、そういったことです。これが、システムの一部であるために、私たちが充分に気付いていない種類の暴力です。だから、私の言いたいことは、暴力の概念を拡張しようということなのです。

 同じ主題について、イギリスのガーディアン紙に書きました。ヨルダン川西岸地区についてです〔拙訳〕。オーケー、私はきっぱりと暴力を非難します。パレスティナ人によるものであれ何であれ、あの場所にある暴力を。しかし、私のその記事での論点は、もし何も起こらなかったら何が起きるのかというものです。メディアにとって大きな出来事が何も起きなかったらです。誰も殺されなかったとかそういったことです。その時に起きていることは、日常と化したイスラエルの官僚的な窒息するような占領なのです。おわかりでしょう。井戸に毒を入れ、木々を焼き払い、パレスティナ人たちをゆっくりと南に押しやっていく。これこそが現実です。こうしたバックグラウンドを知らされることなしに、全体像を描くことはできません。

 ――あなたは、例えばパレスティナ紛争について、イデオロギー上の解決策について話しているのではありませんね、どうでしょうか?

 イデオロギー上の解決策とはどういう意味ですか?

 ――そうですね、あなたは物事に変化がない時、それは通常の状態だとみなされると仰いました。

 まさしく、そこにこそ平時における暴力があるのです。

 ――紛争をナショナリスティックだったり宗教的にみなすものの見方よりも、イデオロギー的なアプローチは存在するのでしょうか?

 ここで問題なのは、「イデオロギー」という用語が何を意味するかです。私にとってイデオロギーとは、近年ますます日常生活における反抗を意味するのです。私たちは、とても奇妙な時代に生きています。少なくとも西側世界ではそうです。人々は自分たちがイデオロギーの外で生きていると思い込んでいます。まるで全ての人々がそうであるかのようです。

 イギリスであれどこであれ、私たちが社会から受け取る暗黙の命令は何でしょうか?それは「大義のために身を捧げよ」などではありません。それは「自分に正直になろう」とか、「充実した人生を送ろう」とか、「自分の潜在能力に気付こう」といったものです。それは私が精神化された快楽主義(spiritualized hedonism)と呼んでいるものです。だからこそ、人々はイデオロギーを経験していると気付かないのです。

 しかし、私たちはまさしくイデオロギーの中にいるのです。なぜなら私にとってイデオロギーとは、日常生活を機能させるために、物事を見たり見なかったりすることなのです。例えば、私たちが変革を想像できないという事実は、イデオロギーのなせるものです。

 もう一つ別の例を挙げましょう。昨今ではレイシズムとセクシズムの問題――それらは本物の問題です――が、寛容の問題に機械的に置き換えられることに、お気づきですか?これがイデオロギーです。マーティン・ルーサー・キングを見てください。彼は寛容については言及しないも同然でした。彼にとって問題は「ああ、白人たちは私たち黒人にもっと寛容であるべきだ」などといったものではなかったのです。彼が問題としたのは、経済的な搾取であり、合法化された日常の中のレイシズムなどだったのです。こうした問題を感じ取ることが、寛容の問題です。

 私たちは既存の社会のヴィジョンを受け入れています。そこでは、文化的な差異がほとんど自然化され、私たちはお互いに寛容であるべきだとかそういう具合に調整されています。そこでは政治の問題が消え失せてしまっているのです。



訳者コメント:
 「ウォール街を占拠せよ」での演説「ウォール街を占拠せよ」に関するガーディアン紙の論考と関連するために、いずれ訳すことを目的に書き起こしていたジジェクのアルジャジーラでのインタビューをようやく翻訳。後半はこちら

by BeneVerba | 2012-02-04 11:57 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)




*This transcript is made by collaboration of Ollie, red0box, thepauloapo and BeneVerba

Narration:
From the Middle East to the streets of London and in the American cities [there is] a discontent with the status quo. Whether it is with the iron grip of entrenched governments or the widening economic divide between the rich and those struggling to get by. But where are those so hungry for change heading? How profound is their long-term vision to transform society?

"The system has lost its self-evidence, its automatic legitimacy, and now the field is open."

The concerns of Slovenian-born philosopher Slavoj Zizek, whose critical examination of both capitalism and socialism has made him an internationally recognised intellectual, popular among the New York occupiers, here in New York for example.

Talk to Al Jazeera sat down with Slavoj Zizek, and we begun by asking him about the violent riots' the summer in London and whether the protesters there had a political agenda.

Slavoj Zizek:
The way the protests looked, the way they acted there -- repeatedly I spoke with participants there, with people who saw -- this is no -- they're on the streets there are no demands, they're not able to formulate the cause, which could be an utopian communist, which could be a religious. But just pure violence and the only cause of, however you call it, agenda is imitate consumerism. That's very sad.

Tom Ackerman:
-- Here in United States, do you see any kind of a coherent ideological demand?

Don't blame them. Listen. I am not an even Communist. I'm the first to say. This really made me many enemies when I said. Let's face it. 20th century communism was precisely -- because it started such hopes and ended in a nightmare -- was maybe the greatest catastrophe, ethical catastrophe almost attempted, to say, in the history of humanity. More than fascism.

You know why because the reason is very simple. In fascism, we have bad guys who said all program is to do this, to do bad things, no?, and what a surprise they took power then did bad things! No? In communism, you have authentic tragedy, which is why you have dissidents and you have always inner struggles. So -- But nonetheless it is over.

What does this means? This means that: Let's not the bluff. We see the limitation of existing systems. I stand here at my basic position.

Which is -- When people say "Oh, You're utopian," sorry, only true utopia for me is that things can go on indefinitely the way they are. You know the way look of the begining of 2008 financial breakdown. "OK, our legislation consulting banks was not good enough. We change that better a little bit. Everything could be OK." No, it's not.

So, something we have to be done. But let's face it openly. The tragedy is that: I don't know, we don't know, what effective form can replace capitalism-democratic systems the way we have it now.

Now I will quote someone whom I'm of course totally opposed politically. But sometimes she's not stupid. Hannah Arendt, you know. At last her work[?], when in her ridiculous Human to Money, she says: Money is in the way a means of liberality. In the sense of we have to divide things, exchange and so on. She says: money means we can do it peacefully. I pay you, you sell it to me if you want to. If not money then there has to be a some kind of direct domination and brutal extortion whatever. I don't agee with her here.

But doesn't feel it heared here. A point, in the sense of big experience of 20th century communism, they wanted to abolish market, money, and direct brutal dominations must have got returned with vengeance.

-- I've read what you said. What you said is fascism is the left if that means necessary, so bit right? What do you mean fascism is the left?

It was to provoke my liberal friends who are -- I'd like, you know, to provoke. There are much worse things what I said. For example, I said, "If we gave almost a half of the Turk..."

-- We don't take you literally, what was you saying?

Why not? Because you know, the problem is the problem of violence. Of course, I oppose to the violence. When by in it we mean killing, torturing people and so on. But for me, true violence which I support is not physical violence. But violence when you say, like the violence of Egyptian demonstration on Tahrir Square. They weren't violent in the formal sense. They didn't just shoot and so on. They wanted the whole system to stop functioning.

This is my famous statement, written to block me from so many enemies. The first part is: The problem of Hitler is he was violent enough. But then [in] the second part: in sense which Gandhi was more violent than Hitler. Hitler's all violence was to make the system work. Gandhi wanted to stop it.

So, this is for me, the problem is this obsession with the demonization of violence. Of course, it is to be demonized, violence. But before doing that we should also see all the forms of violence, which is to see violence which is invisible. Not because -- I'm not paranoia -- because some bad media controll by don't-know[?] forms prevent us to think it.

Just think, for example -- You want to talk about violence? Talk about Republic of Congo today! Millions dying, the full state doesn't function, warlords dominate, you have drugs, child warriors and so on. This is the violence which we don't notice too much because it's part of the system. So, all I'm saying is let's extend our notion of violence.

The same things I wrote about in the Guardian, a British daily newspaper, about West Bank. Okay, I unambiguously condemn violence, violence of Palestinians, or whichever -- terrorism there. But, my point was what happens there when nothing happens. Nothing big for the media. No one is killed, blah blah. This everyday suffocating bureaucratic occupation of Israel. You know, poisoning wells, burning trees, slowly pushing Palestinian south. This is the reality. Without getting this background, you don't get a whole picture.

-- You're not talking about any ideological solution to, for example, the real Palestinian conflict, are you?

What do you mean by the ideological solution?

-- Well, you're talking about when things don't change there it's regarded as a norm.

Yeah, in which you see the violence is the normal state.

-- Is there an ideological approach to responding rather than looks to everyone as a nationalistic or maybe a religious conflict?

You know, whole problem here is what does the term ideology means. For me, ideology is present more and more a rebel of daily lives. We live in a very strange era, well, at least in the West. People think they're outside ideology. Like take every its people today.

What is the implicit injunction that you get from society in the U.K. or whatever. It's not "Sacrifice yourself for a big cause." It's something like "Be true to yourself", "Have a full life", "Realise your potential." It's a kind of a what I call spiritualized hedonism. So, people don't think the experience it as ideology.

But I think we are in the ideology, precisely. Because the ideology is for me the way you see things and you don't see things, so that you can function our the daily lives. For example, the fact we cannot imagine change means ideology.

I'll give you another example. Did you notice how today problems of racism and sexism -- which are very real problems -- are automatically translated into problems of tolerance? This is the ideology. Look at Martin Luther King. He never practically mentioned the tolerance. For him, the problem was not "Oh, whites should more tolerate us blacks." The problems are what economical exploitation, legalized everyday racism and so on. To percieve this problem is the problem of tolerance.

You already accept a certain vision of society where, you know, there are almost naturalised cultural differences and we should learn to tolerate each other and so on and so on. Politics problems disappear here.

-- Do you see anywhere in the world where -- that a concept of the left is trying to actualise that?

Thing are slowly happening, I mean. But, our media are here not covering it enough. For example, I was surprised just they how the media cover India and China. China is a bad guy. Everybody knows bad communism, censorship and so on. Terrorizing Tibet. But do you know that India from time to time you get a note? But it's not reported enough.

You have a meager Maoist naturally to rebellion. According to the most of the estimates, we are talking about, "OK, India is a big partner. It's nonetheless a number even for India." Over one million are the rebels. Horrible things are happening well. Indian new capitalism is trying to extend into this tribal area to get access to mine. We simply don't see. So, there is a rebellion there.

There are things happening now even in Europe. Things are very serious. It's not just see these superficial things: "will Greece pays it debt or not?" It's basicaly to put it in one of possible ways. First it is that Europe -- I like quote this metaphor, you know Sigmund Freud when he was old as this ridiculous naive question, "Was will das Weib?" -- What does a woman want? I claim that today the problem is: What does the Europe want? Europe cannot decide. On the one hand, we have this pure technocratic Brussels vision: We should just organize ourself with regard to global market to be competitive.

Then we have this nationalist anti-immigrant movements is very sad this is the only alternative. I think that today world is asking for a real alternative. Look, what do you like, I wouldn't live in a world where only alternative is either Anglo-Saxon neoliberalism or Chinese-Singaporean, poetically call it, capitalism with Asian values, which means authoritarian capitalism, which is now even more effective than western liberal capitalism. So, something will have to be done. That's tragedy of Europe, the first one.

Second one. I'm such a pessimist unfortunately in Europe. How Europe is regressing. Look one incident. You know that European Union basically didn't want to allow in Turkey for not being democratic enough or whatever.

-- On a being Islamic, too Islamic.

Yeah. But, let me tell you something. Do you notice it? This summer there was in Istanbul a big gay parade. Ten thousands of homosexual demonstrating. No incidents!

Try to do this in a post-communist East European country which is a part in European Union. There was recently in split, the Southern Croation city. A gay parade, you know how it looked. Seven hundred gays protected by two thousand policemen protecting them from ten thousand local people trying to lynch them and so on.

I mean, this -- So, I am saying to provoke my friends. Another my provocations: Yes, I agree with right-wingers. European legacy, Judeo-Christian legacy is in danger. But they, false protectors of Europe against Islam and so on, they are the danger. I don't fear Muslims in Europe. I fear protectors of Europe. Even my Jewish friends, I'm telling them. Beware! Are you aware what is happening?

Did you notice this something about this Breivik, a guy who went on a shooting spree in Norway. He is the clear case of something which is emerging now. Something paradoxical. I mean literally. Anti-Semitic Zionist.

On the one hand, he is clearly anti-Semitic. He says, "In Western Europe, except England, it's OK. We don't have too many Jews, so we can manage it." He said, "England, especially in the United States, too many Jews there." So, the standard nation-state vision: Jews are okay if they are negligable, if too much, blah blah.

At the same time, he is absolutely pro-Israel, pro-Zionist. Now, you will see this is a lone mad man, ha-ha. I think this is the basic attitude of American conservative Christian fundamentalists.

You remember the scandal at Fox News, Glenn Beck. He was fired for anti-Semitic marks. But at the same time, he was absolutely pro-Zionist. And this for me is the nightmare.

Are the representative of the state of Israel aware what they are doing? They basically sold their soul to the devils. By this, I mean this: They made a deal with these political forces in the West who are almost I would say, by definition, anti-Semitic.

Telling them, you can play your racial games there, just allow us to do the same with the Palestinian here. I really worry about the Jewish here. Jews are the great nation. Zionist politics is turning them just into another narrow land-graving nation.

The true victims of Middle-East conflict, this catastrophic politics, will be in any case, I claim, Jews themself. They will lose their uniqueness and greatness.

-- What point do you think or what point would you notice that there was some glimmer of real change, revolutionary change, anywhere in the world then? Because you are mentioning the fact that the left really hasn't got a global remedy or a global approach to deal with a lot of these problems. Where would you see glimmers of some kind of the changes there?

I think there already what is happening now is the reason for the modest optimism. Don't expect miracles in the sense of all of a sudden there will be magical solution. The beginning is simply that people should become aware that difficulties we are confronting are not just difficulties caused by bad greedy guys in an otherwise good system. But we have to ask certain questions about the system as such.

This awareness is rising. This is what all the protests are here about. I think that at this stage, what is again important, it's not so much to offer fast solutions. But to break this, I call it ironically "Fukuyama Taboo."

OK, I mean, he's not the idiot like a -- We all were till now Fukuyamaists. Even radical leftists. We're not thinking about what can replace the capitalism or our state they were demanding, you know, more social justice, more rights for women, within the system.

Time has come to raise this more fundamental questions. The system has lost its self-evidence, its automatic legitimacy, and now the field is open. This is a very important achievment.

-- But if the field is open, who's gonna fill the vacuum? Is gonna be somebody from above?

There is always a danger. I totally agree with you. Let's not forget that we know where who fill in the opening in 1930s in Europe and so on. No? This brings its own risks. But nonetheless we have to take a chance.

Why? Because, we see it more and more through series of phenomenon like economic crisis becoming a kind of a permanent emergency state. Then, I think a phenomenon which we should be very attentive to how even if worldwide economy is to somehow progressing.

But there are -- This is a nice paradox. Berlin Walls fell, but there are new walls, new divisions, rising up everywhere. Within most of the states, you have stronger divisions, not just between simply rich and poor.

But like in, for example, Latin America. People there who live in favelas or slums or elsewhere are not simply poor. It's something much more radical. They're simply excluded from public space and political engagement and so on and so on.

So, again, it's not the question of shall we take the risk or not. The opening is in the way imposed on us. Let's my answer to those who tell me, "Why don't you just keep quiet and we silently go on the way it is?"

I claim if we do nothing we will gradually approach a kind of a new, it will not be old fascism, we have to be very specific here, a new type of authoritarian society. Here I see the world historical importance of what is happening today in China.

Till now, let's be frank, there was one good argument for capitalism: sooner or later it brought a demand for democracy. You can have dictatorship for twenty years [in] South Korea or Chile even. But, what I'm afraid of is with this capitalism with Asian values, Singapore and China.

We get a capitalism much more efficient, dynamic than, it looks so at least, our western capitalism. But I don't share the hope of my liberal friends -- like, give them ten years, [there will be an] another Tiananmen Square demonstration - No, the marriage between capitalism and democracy is over.

-- OK. So, if China is not a good example of the way you see this, breaking open, is there anywhere else? Because you're talking about a -- your complaint is in all these case that consumerism is a driving force of the ambition and the discontent. Do you see any place where you can get be honored?

Again, even in China, you have attempted to organize civil societies, in the sense of social movements like for ecology, for workers' rights and so on. I think especially in China, for example, this may be even more important than sometime of Western democracy.

At low-level incredible things are happening in China. You know what can give you a hint of the explosion situation in China. Do you remember at the last session of their rubber stamp parliament?

Everyone expected they would redouble their defense budget. No, they redoubled the budget for internal security. China is now the only big country which spends more for internal security than for the army. So again. There are protests there. There are ---

This ArabSpring. You know why I liked it so much? Because we in the West are as we always are -- but we are not worse than others, I'm getting [to be] a universal pessimist -- spontaneous racists, you know? The cliché was: "Oh, with the Arabs, all you can get if you want to mobilise people is kind of a racist, anti-Semitic, nationalist or religious fundamentalist movement. You cannot get a nice secular movement for democratic opening." Well, we got exactly that!

Now comes the crucial part. What happens after. This is the saddest thing. I pray it will not happen. But some signs do point out in this sad directions that, maybe, I hope not, maybe final outcome will be a kind of a perverse pact between Muslim Brotherhood and the army.

To put it in very simplified terms, Muslim Brotherhood gets much stronger ideological roll-controlling schools, but the army gets, in exchange for, it keeps all its privileges and corruptions and so on and so on.

But nonetheless, again things are happening. All if you take it in Europe. In Europe, people first thought made fun of Greece, "Oh, Greece, those lazy primitive Mediterranean people." No, you have Spain, you have England, it will spread, I claim. And as you said, I agree, this is crucial.

The battle is not will things go on or will there be a revolution. What we should do is to fight the most difficult struggle who will appropriate the energy of protest. Look, even here in the United States there is a great energy of protest. But till now, it was appropriated by hip[?] artist.

Are they aware how if you look at how they formulate their stuff. Hip artists look like workers' protests fifty years ago. You know, if you're listen their songs, I listened to one pop singer who supports Tea Party. He says, "We're ordinary working people exploited. Bad people in Washington and Wall Street exploit us" and so on and so on.

Here it will be the struggle. And it's a tough struggle. I have no illusion. There are great dangers. But, you know what the Chinese says, "When they really hate you may you leave in interesting times." We are certainly approaching the interesting times.

-- Thank you very much for speaking with us.

My good! Thank you.


Thanks to My Collaborators:
  • Thanks to Ollie, for your kindness. If you didn't decide to work with me, nobody will appear to.
  • Thanks to red0box, for bringing a key to the completion.
  • Thanks to thepauloapo, for taking me up to the next step.


by BeneVerba | 2011-11-07 19:01 | 書き起こし | Trackback | Comments(31)
「ウォール街を占拠せよ」を支持する中国の活動家と学者からのメッセージ
Message from Chinese activists and academics in support of Occupy Wall Street
2011年10月1日 - 「ウォール街を占拠せよ」を支持する中国の活動家と学者たち
原文:
http://www.wyzxsx.com/Article/Class16/201110/265482.html
http://chinastudygroup.net/2011/10/message-from-chinese-activists-and-academics-in-support-of-occupy-wall-street/


 今年の九月中旬以来、アメリカでは偉大な「ウォール街革命」が勃興している。「ウォール街を占拠せよ」の名で知られるこのストリートの革命は、既に七〇を超える都市と、北アメリカ、ヨーロッパ、その他の地域にまで拡大している。彼らの「ウォール街革命」の声明において、アメリカの民衆は「企業の王国ではなく、民主的な国家を」求めるものだと誓っており、民主主義革命は世界の全ての地域にまで行き渡らねばならず、彼らは目標に到達するまで休みはしないだろう。二〇〇八年の金融危機以後に始まった反資本主義デモは、今年になってヨーロッパ、中東、北アフリカ、南アメリカにまで広がり、この崇高でグローバルな民衆による民主主義運動は、遂に資本主義の金融帝国の中心にまで到達したのだ――ウォール街へと。

 「ウォール街革命」の勃発は、民衆による民主主義(popular democracy)革命が世界を席巻する歴史的指標となるものである。この運動は特別に重要な意味と役割を持っている。これ以前にはストリートの革命は、専らアメリカのエリート集団が他国の政権を転覆するための道具として使われていた。しかし現在、「ウォール街革命」は、――その目標である分かち合いの繁栄と民衆による民主主義とともに――民主主義の擁護者をもって任ずる国家において、抗議運動を開始したのだ。これは必ずしや、世界各国の民衆への掠奪と抑圧に対して責任があり、世界を危機と不安定性に押しやった張本人である、アメリカのエリート集団にとって痛恨の一撃となるであろう。この抗議運動こそは、資本の支配に対して弔鐘を鳴らすものである。二十一世紀には、民衆による民主主義がエリートによる民主主義に取って代わるだろう。エリートによる民主主義から民衆による民主主義への交代を告げる幕は切って落とされたのだ。「ウォール街革命」という言葉を用いるのは、これが民衆である99%と腐敗した1%の間の闘争だからだ。1%のエリート階級に対する99%の民衆の闘争だからだ。そして、これは資本主義のエリート支配層に対する民衆の最終的な闘争なのだ。

 世界は世界の全ての人々のものであり、国家はそこに住む全ての人々のものである。富は全ての人々によって生み出されるものであり、それ故に全ての人々によって分かち合われるべきものである。富は、ごく少数からなる1%の――あるいは1%以下の――エリート集団によって占有されてはならない。経済における共同の繁栄の要求と、政治における民衆による民主主義は、不可避的な歴史的潮流となっている!架空経済の高度な発展と社会的な富の巨大な流れは、全ての人々に共同の繁栄を実現するために必要な、充分に信頼できうる物質的基盤を生み出した。ネットワーク技術と政治文明の発展は、人類の社会を資本家による民主主義から民衆による民主主義へ移行させるために必要な、物質的条件を生み出した。人類の社会は、転換に必要な全き能力を備えるものである。過去の奴隷所有階級による民主主義から、封建階級による民主主義へ、資本家階級の民主主義へ、そしてエリート階級による民主主義から民衆による本物の民主主義へと、根本的な移行に必要な能力を。故に、共同の繁栄と民衆による民主主義は、二十一世紀の社会における歴史的変化の基本的な内容となるであろう。どれ程残忍にアメリカの武装警察が「ウォール街革命」の参加者たちを鎮圧しようとしても、どれ程グローバルなエリートたち――とりわけアメリカと中国のエリートたち――が、「ウォール街革命」の報道を抑え込もうとしても、世界の人々による民主主義革命の活動的な成長とその最終的な勝利は阻止できないだろう。

 アメリカに主導されたエリート集団による、「ウォール街革命」の報道のインターネット上の情報封鎖と暴力的な鎮圧は、先進国であれ発展途上国であれ、いわゆる民主主義国家であれ権威主義国家であれ、虐げられた人々の運命は同じものであることを証明している。国際的なエリート階級は、グローバリゼーションを通して、最初に国家を越えて結びついた階級である。彼らによる公共の富の掠奪と民衆による民主主義運動の鎮圧は、徹底的で冷酷なものであり、そこには全く自由も民主主義もない。現代社会において自由民主主義と呼ばれるものは、資本主義のための民主主義以外の何ものでもない。それはエリート民主主義なのだ。「自由」という言葉は、エリート階級が他の人々を掠奪する自由、抑圧する自由、暴力的に鎮圧する自由を意味する別名である。民衆は現代社会において、自由と民主から完全に排除されて来た。民主的な権利と言えば、既に資本によって決められている大統領候補を選ぶことだけだ。あなたは四年に一回投票することができるが、あなたの運命を直接決めている人々に影響を及ぼす術はない。あなたのボスであれ上司であれ。そして、架空資本の手をさっと一振りするだけで、大半の人々の富を奪い去ることができる資本家のオリガルヒ(新興財閥)を束縛する術はない。自由と民主はヴァーチャルなゲームと成り果てた。それは他の国家を転覆させるための道具以外の何ものでもない。「ウォール街革命」によって代表される、現在の民衆による民主主義的な世界革命は、こうした政治的なゲームの終了を、そして、真の自由と民主を人々の手に取り戻すことを要求しているのだ。民主主義とは、単なる大統領への監視ではなく、政府の官僚たちへの監視である。民主主義とは、単なる権力への監視ではなく、資本への監視である。もし、封建的絶対的な支配者の権利と特権が罪悪だとみなされるのならば、それらを資本に与えることも同様に罪悪である。

 本来、有価証券とコンピューター・ネットワークは、我々の産業社会から情報社会への、物的経済から架空経済への、資本主義から人間中心の経済システムへの、エリートによる政治から民衆による政治への移行において、決定的な二つの要素となるべきものである。しかし、エリート階級は有価証券を、中世ヨーロッパの僧侶階級によって発行された「贖宥状」の如き掠奪の道具に代えてしまった。証券化された経済においては、全ての公共の富――住居、賃金、労働力、そして将来への希望でさえも――が、簡単に空中へと溶解していくことが可能なのだ。これらのものは、ごく少数のエリートたちの掠奪の対象となっている。ある一点において、金融資産を所有する先進国のホワイトカラー中産階級と、住宅費や医療費を賄えない発展途上国のブルーカラー労働者は、同じ階級に属している。現代のプロレタリアートである。人々が、前例のない掠奪と架空資本によって引き起こされた甚大な収入格差に対して抗議した時、彼らは暴力的な弾圧を受けたのだ――アメリカのような人権の擁護者をもって任ずるいわゆる民主主義国家と、自由も民主主義もないと言われる権威主義国家の両方で。バルカン諸国から北アフリカまでのストリートの抗議運動に直面した時、オバマ大統領とクリントン国務長官は、繰り返し繰り返しこう言った。「いかなる状況においても、平和的な抗議活動の権利と公共の空間を占拠する権利は、尊重されなければならない」。にもかかわらず、アメリカの市民たちが、それらの諸権利を実際に使おうと試みた際には、即座に武装した警察による暴力的な弾圧と、メディアによる情報封鎖に出くわしたのだ。もし、これが人権の主導者を自称するアメリカの反応であるならば、他の資本主義国家における反応がどの様なものになるであろうかを予想することができる。エリート資本家による支配は、「ウォール街革命」によってまさにこう記述されている――それはあらゆる場所にある、と。我々が、民衆として生き、かつ死ぬ場所はもうどこにも残されていないのだ。

 世界の金融帝国の中心における「ウォール街革命」の勃発は、世界の人々の99%――先進国の人々であれ、開発途上国の人々であれ――が、搾取され抑圧されたままであることを示している。世界中の至る所で民衆は、自らの富が掠奪され、人権が剥奪されるのを目撃している。貧富の経済的両極化は、今や我々全てにとって共通の脅威である。民衆と支配層エリートの間の軋轢は、全ての国家で見られるものである。しかし今では、民衆による民主主義革命は、その国の支配階級からのみ弾圧を受けるのではなく、グローバリゼーションを通じて形成された世界のエリート階級からの弾圧を受けるのである。「ウォール街革命」は、アメリカの警察による弾圧を受けたが、同じく中国のエリート階級による報道管制を受けているのである。

 同じ運命、同じ苦難、同じ問題、同じ軋轢が我々を結びつけている。その中でグローバルなエリート階級が既に同盟を組んでいる、一つの共通の経済を前にして、世界の民衆にはただ一つの選択肢があるのみである。「万国のプロレタリアートが団結」することである。そして、エリート資本家の支配を打倒するための統一され共有された闘争の中で、誰もが、働く権利、住む権利、医療を受ける権利、教育を受ける権利、安心な老後を送る権利といった基本的人権を享受することができると保証することである。しかし、新しい社会主義世界の歴史的枠組みにおいて、共同の繁栄と民衆による民主主義を実現するためには、我々は更に推し進めなければならないだろう。資本主義が人類にもたらした危機と災害から完全に脱出し、それを無効化し、調和のとれた人類の社会的発展を実現するためには。

 アメリカの民衆による偉大な「ウォール街革命」とチリの民衆による偉大な「チリの冬」は、我々が共同の繁栄と民衆による民主主義を実現する日が近づいていることを示す先触れである。それは、一九七〇年代に中断された、民衆による民主主義的な社会主義運動が、世界を再び席巻することを告げている。しかし今度は、人類が資本主義を埋葬する最後の闘いとなるであろう。民衆による民主主義の勝利とエリート支配層の滅亡は避けられない!野火焼けども尽きず、春風吹いて又生ず。民衆による民主主義が、歴史を変えるべく、再び到来したのだ!

 アメリカの民衆による偉大な「ウォール街革命」を断固支持する!

 共同の繁栄と民衆による民主主義を目指す、全てのストリートの革命を断固支持する!

 偉大なる「ウォール街革命」、万歳!

 民衆による民主主義運動、万歳!

 全世界の民衆の団結、万歳!


署名:
1. 马宾(中共老一辈无产阶级革命家,对鞍钢宪法有重要贡献)
2. 张宏良(北京学者)
3. 孔庆东(北京学者)
4. 张勤德(中共中央某机关退休干部)
5. 司马南(北京资深主持人)
6. 左大培(北京学者)
7. 苏铁山(北京学者)
8. 贾根良(北京学者)
9. 韩德强(北京学者)
10. 韩中(电视剧《毛岸英》中饰演毛泽东主席的演员)
11. 刘毅然(电视剧《毛岸英》导演)
12. 顾秀林(昆明学者)
13. 赵磊(成都学者)
14. 刘长明(济南学者)
15. 孙锡良(长沙学者)
16. 郭松民(北京学者)
17. 杨思远(北京学者)
18. 徐亮(北京学者)
19. 范景刚(北京左翼网站乌有之乡网站负责人www.wyzxsx.com)
20. 吴国屏(江苏无锡红色文化大讲堂负责人)
21. 戴诚(江苏常州红色合唱团负责人)
22. 葛黎英(郑州红色事业活动志愿者)
23. 任羊成(河南林州,修建红旗渠的特等劳模)
24. 袁金萍(河南安阳,林州市红旗渠精神学习会理事)
25. 赵东民(西安红色法律工作者)
26. 桑文英(西安红歌会负责人)
27. 李忠(太原红色事业活动志愿者)
28. 聂晓萍(北京老中医)
29. 吴泽刚(四川理县,藏族农民,中共党员)
30. 苏群(深圳红歌会志愿者)
31. 朱超(重庆红色事业活动志愿者)
32. 刁伟铭(上海红色事业活动志愿者)
33. 李欣(天津红色事业活动志愿者)
34. 曹文质(北京景山红歌会负责人)
35. 吴凤藻(北京首钢退休干部)
36. 薛云(北京红色企业家,点石金校校长)
37. 杨晓陆(北京反转志愿者)
38. 马婷娜(北京反转志愿者)
39. 吕霙(北京,退休科技工作者,当年红卫兵)
40. 刘英(广西桂林学者)
41. 陈红兵 (郑州当年红卫兵)
42. 石恒利(辽宁社科院退休研究员)
43. 熊 炬(男,中共党员,诗人,作家,重庆出版社退休干部)
44. 谢明康(男,中共党员,重庆市垫江县城乡建委退休干部)
45. 邬碧海(女,浙江红色事业活动志愿者)
46. 王庆人(天津学者,南开大学教授)
47. 司马平邦(中国名博沙龙常务副主席)
48. 王左军(资深媒体人士、绿色环保人士)
49. 曾有灿(工程师)
50. 陈晶(北京红色事业活动志愿者)



訳者コメント:
 題名通り、10月1日に『UTOPIA』において発表された「『ウォール街を占拠せよ』を支持する中国の活動家と学者からのメッセージ」である(原題は「支持美国人民伟大的“华尔街革命”」)。恥ずかしながら中国語が読めないので、基本的に英訳を参照した。つまり重訳である。だが、次に述べるような慎重なやり方で適時中国語の原文も参照した。

 まず、英訳には、意味の取りにくい箇所が多かった上に、どうも中国語原文と食い違うと思われる部分も多かった。その際に、中国語原文を見ると意味がわかることが多かった。そう、中国語は読めなくとも漢字は読めるのだ。そこで、英訳の他に、中国語原文とGoogleによる機械翻訳を参照しつつ、勝手な誤訳を盛り込まないように極力注意しながら、基本的には英訳に添う形で、最低限度に中国語原文から語句を取り入れた。

 したがっていつも以上に訳文に対する保証はない。もし、中国語に堪能な方が誤訳などを指摘してくれたら嬉しいことこの上ない。また、彼らが参照していると思われる「ウォール街を占拠せよ」の文書は、どうも「ニューヨーク市の占拠の宣言」ではないようだ。この点もどなたかの助力を願いたい。

 これらの人々について、訳者は解説する言葉を持たない。『China Study Group』において、英訳を投稿したjj氏によれば、おそらく元革命家で元高級経済官僚の马宾(Ma Bing)氏と、北京の大学教授でインターネットの扇動家の张宏良(Zhang Hongliang)氏が書いたものだろうと、また左派ナショナリストのマオイズムの影があると言っているようだ。

 そうしたことも含めて、彼らの立場を考慮しつつ読むべき文章なのだろう。例えば、彼らは中国当局を刺激しないようにしつつ、それを批判している。また、彼らの言葉遣いが古く見えたとしても、今ここにある現実に応答しようとしている。陳腐な決まり文句は止めたい。例えば、中国に資本主義の行き詰まりと新たな可能性を見ているジジェクのように読みたい。あるいは『ショック・ドクトリン』で、現代中国を資本主義の「ショック療法」後の社会と見たナオミ・クラインのように読みたい。

 とはいえ、「カイロからの連帯表明」の中にあった「全地球にまたがる一つの世代が、現在の物事の秩序においては我々に未来がないのだと、理性的かつ情熱的に自覚して育った」という言葉などを思えば、読者がどのようにこの文章を読むかいろいろ詮索するのも、私の勝手なおせっかいというものかもしれない。そして、彼らもまた何よりもそのことを言いたいのだと思う。

11/9の更新:
 英訳を参照しながら訳を見直したが、幸い誤訳などは発見できず(もちろん私の気付いた範囲でだが)、それよりも訳語の選択、つまりどういう日本語をあてるのがふさわしいのかという観点から、若干の語句を修正した。

 訳語で一番悩んだのは、中国語原文にある「大众民主革命」、英訳にある「popular democracy」だが、他に適切な言葉が見つからず、今回の見直しでも「民衆による民主主義革命」のままとした。なお、この言葉は、社会主義革命との対比で捉えるよりも、直接民主主義と密接に関連する言葉だと捉える方がふさわしいと考えている。

 また、この機会にこの文章にある「報道管制(blackout)」について触れておきたい。それなりに「ウォール街を占拠せよ」運動に関する報道がなされている現在では、ひょっとして奇妙に響くかもしれないが、確かに一時期までは、そう読んでさしつかえないような状況があった。「占拠せよ」運動の参加者たちが盛んにそう言っていたし、またアルジャジーラ英語版にも「'Occupy Wall Street': A media blackout?」という記事があることでもそれは理解できると思う。
 


by BeneVerba | 2011-11-07 14:00 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
カイロからの連帯表明
Solidarity Statement From Cairo
2011年10月24日 - カイロの同志たち
原文:http://occupywallst.org/article/solidarity-statement-cairo/

 合衆国の公園、広場、その他の場所で現在占拠を実行している全ての人々へ。あなた方のカイロの同志たちは、あなた方を連帯の意志と共に見守っている。あなた方の民主主義への移行からとても大きな助言を受けとりつつ、今度は我々がいくつかの助言を伝える番だと考えた。

 実に、様々な点において、我々は同じ闘争に巻き込まれている。ほとんどの識者たちが「アラブの春」と呼ぶところのものは、デモ、暴動、ストライキ、そして世界中で行われている占拠にルーツがあり、その基礎に横たわるのは、長年に渡る人民による闘争であり、民衆運動である。我々が自分たちのような存在は何も新しいことではないのだと気付いたのは、エジプトやその他の場所で、我々が抑圧と公民権剥奪の体制と、またグローバル資本主義の野放図な破壊と闘っている時だった(そう、我々は「資本主義」と言ったのだ)。世界をその住民にとって危険で過酷なものへと変えてきた単一の体制のことだ。政府の利害がますます民間の国境を越えた資本の利害と快適さに仕えるにつれ、我々の街や家はますます抽象的で暴力的な場所と化し、次の経済開発のための気まぐれな荒廃や都市再開発計画に、従属させられて来た。

 全地球にまたがる一つの世代が、現在の物事の秩序においては我々に未来がないのだと、理性的かつ情熱的に自覚して育った。構造調整政策と国際組織の専門家とされている世界銀行やIMFの下に育ち、我々は、我々の資源、産業、公共サービスが売り払われ解体される一方で、「自由市場」が、外国の商品や更には外国の食物への依存を押し付けるのを見てきた。それら自由化された市場の利益と公益がどこかへと行ってしまった一方、エジプトやその他の南の国々では自分たちの窮乏化が、警察の抑圧や拷問によって著しく追い打ちをかけられている。

 現在のアメリカ及び西ヨーロッパにおける危機は、この現実をあなた方の元へともたらしつつある。我々がみな裸にされるまで働かされ、個人的な負債と公共部門の削減で背骨が折られるであろうと同様に。公共圏と福祉国家の残り物を削り取るだけでは飽きたらず、資本主義と緊縮財政国家は今や私的な領域と人々のまともに生活する権利に攻撃すらかけている。差し押さえられた家の持ち主が、今やホームレスであり、彼らを路上へと追いやった銀行に借金を持っているように。

 ゆえに、我々はあなた方を支持する。その古いものを打倒しようとする試みにおいてだけではなく、新しいものをもたらそうとする実験において。誰か抗議せずにおられないものがいるだろか?彼らの行為が当然だと思わないでいられるだろうか?我々は占拠する。我々は商品化されて来たそれら公共のための空間を取り戻す。顔のない官僚制によって、不動産のポートフォリオと警察の「保護」によって、私有化され閉鎖されて来た空間を。これらの空間を固守し、育み、占拠の境界を広げていこう。結局のところ、一体誰々がそれらの公園を、広場を、ビルディングを築いたのだ?一体誰々の労働がそれらを現実のものとし、居心地の良いものとしているのだ?我々を抜きにして、どうしてそれらが自然なものに見えているのか?警察によって警備され、規律を与えられて?それらの空間を正当かつ集団的に取り戻し運営することは、我々の正当性の充分な証である。

 タハリールにおける我々の占拠では、我々は毎日涙を流しながら広場へとやってくる人々を迎え入れた。なぜなら、彼らが警察の嫌がらせなしにそれらの通りや空間を歩くのは、それが初めてだったからだ。占拠というアイディアは重要であると言うだけでなく、それらの空間は新しい世界を築く可能性の基礎となるものだ。それらは公共の空間である。人々が集うための、楽しむための、お互いに出会い、お互いに交わるための空間である。それらの空間は我々が都市に生きている理由であるべきなのだ。国家や所有者の利害によって、立ち入ることができず、また排他的で危険になっている場所においては、それらを安全なものに、そして包摂的で適正なものにする手段を講じることは、我々の務めなのだ。我々はそれらの場所を、より良い世界を築きたいと願う全ての人々にとって、開かれたものにし続けなければならない。特に、周縁化され排除された人々のために、最も苦しんでいる集団のために。

 あなた方がこれらの空間で行っていることは、自惚れたものとしてでも観念的なものとしてでもないし、またありふれた「本物の民主主義」としてでもない。占拠により生み出された実践と社会参加の萌芽的な形態は、空疎な理想を、そして、民主主義という用語がその名前において代表されるようになった賞味期限切れの議会政治制度を退ける。ゆえに、占拠は継続するべきだ。改革を求めようとするものなどもはや誰もいないのだから。それらは継続されるべきだ。なぜなら、我々は我々がもう待てないものを、自ら作り出しているのだから。

 だが、所有と専有のイデオロギーはもう一度自らを明らかにするだろう。土地所有者や首長の野営への明白な反対であれ、交通規制や反野営法や医療と安全の規則などの空間を制御しようとするより微妙な試みであれ。そこには、我々の都市と空間の理解への模索と、法律とその背後にいる警察制度が我々になそうとしていることの間の直接的な衝突がある。

 我々はそのような直接的間接的な暴力に直面しており、これからも直面し続けるだろう。エジプト革命は平和的なものだったという人々は、警察が我々になした恐怖を見ていないし、レジスタンスや、暫定的な占拠と空間の防衛のために革命側ですら警察に対して使った力を見ていない。政府の許可の元に、99の警察署に火が付けられ、数千のパトカーが破壊され、エジプト中の与党の事務所が焼き討ちされた。バリケードが築かれ、我々に催涙ガスと実弾を発射してもなお警察官は撃退され、石つぶてを投げつけられたのだ。しかし、1月28日の終わりには、彼らは退却し、我々は自分たちの都市を勝ち取った。

 暴力を用いることは我々の欲するところではなかったが、我々の負けることを欲する思いより勝っていた。積極的に抵抗しなれば、彼らが我々が勝ち取り戻したものを奪おうとしてやってきた時に、我々は間違いなく負けるだろう。我々が「平和的に」と叫ぶ際の戦略を、非暴力を物神化する態度と混同しないでほしい。もし、この国家が即座に諦めていたら我々は大喜びしただろうが、彼らが我々を虐待し、叩きのめし、殺害しようとしている時に、我々は反撃する以外に他の選択肢はないことを知っていた。我々は諦めて、我々の「主張をはっきりさせる」ため、逮捕されるに、拷問されるに、殉教させられるに任せているべきだったのだろうか。そうしたとしてもなお、我々は血を流させられ、打ちのめされ、殺されていただろうに。だから、あなた方が占拠している場所、そしてそこで築き上げているものを守るために備えるのだ。なぜなら、あらゆるものが我々から奪われた後で、それらの取り戻された空間こそはとても貴重なものであるからだ。

 結論に代えて、我々のあなた方への本物の助言を一つ申し上げるならば、それは続けよ、前進し続け、決して止まるなということだ。もっと多くの場所を占拠し、お互いを見い出し、より大きな大きなネットワークを構築し続け、社会生活における、合意における、そして民主主義における新しい実験の方法を発見しようと努めることだ。それらの空間の新しい使い方を発見し、それらの空間を固守する新しいやり方を発見し、決してそれらを諦めないことだ。攻撃された際には、果敢に抵抗するべきだ。だがそれ以外では、自分たちがしていることから楽しみを得るのだ。気楽にやるように、更には愉快にやるようにしたまえ。我々は今やお互いを見守っている。そして、カイロから我々が言いたいことは、我々はあなた方と連帯し、我々はあなた方の全てをその行いのために愛しているということだ。


カイロの同志たちより
2011年10月24日



訳者コメント:
 特にこの文章に対しては、(私の中東への無知のせいもあるが)あまり多くのコメントを付けたくない。この文章自体が雄弁にさまざまなことを語っているからだ。ただ、これがグローバルな資本主義の問題であることと、以前に私も書いたように「占拠」とは私有化されたものを取り戻す行為だということは確認しておきたい。それは「全地球にまたがる一つの世代」の問題なのだ。

 技術的には、意味の取りにくい箇所が多かった。誤訳などがあれば指摘を歓迎したい。また前述の通り訳者は中東に無知なため、知識の上でも助言がいただけたら幸いだ。

 また、いつものやり方ではあるが、この文章と前回翻訳した文章は、あらためて見直す機会があるだろうことをお断りしておきたい。

11/22の更新:
 ようやく訳文の再チェックを行い、若干の語句を修正。致命的な誤訳はないと思う。この文章が11月15日未明のニューヨーク市警による強制排除を予言していたことに気付く。そして、今現在エジプトではタハリール広場やその他の地に再び人々が集結し、軍政に反対している。ニューヨークからカイロまで闘いは継続中だ。

by BeneVerba | 2011-11-03 09:39 | 翻訳 | Trackback | Comments(0)
 スラヴォイ・ジジェクが先日アルジャジーラに語った論説(原文記事の最終更新日は10月29日)を、勝見貴弘氏が訳されたのでぜひ紹介したい。詳しい解説は不要だと思う。彼が「ウォール街を占拠せよ」運動で語った内容と重なりつつ、異なる部分があり興味深い。

 なお、転載は末尾リンクにも記した『ある哲学者の発想から得た、資本主義との正しい「離婚」のススメ』より。そこでの勝見貴弘氏の見方もまた、私の見方と重なる部分と異なる部分があり、これも興味深い。読者の方の見方はどうだろうか。



アルジャジーラが取り上げた、スロベニア哲学者Slavoj Zizekが語る「民主主義と資本主義の結婚は破綻した」(改訳しました)という論説の全訳。 http://t.co/OoBz8aDf #OccupyTokyo #Occupy
tkatsumi06j 2011/10/30 03:54:47



人類は、真に代替となるシステムを求めている。

アングロサクソン的な価値にまみれたネオリベラリズムと、
中国・シンガポールのアジア的な価値にまみれた資本主義。
あなたなら、どちらを選ぶだろうか?

このまま何もしなければ、いずれ我々は新たな
権威主義社会に近づいてしまうと、私は断言する。

ここに私は現代の中国で起きていることに歴史的意義を見出す。

これまで資本主義の良いところは、いずれ
民主主義を希求することになることだとされてきた。

しかし、アジア的価値観の資本主義を追求すれば、
果たして西欧側よりもより効率的でダイナミックな
資本主義となるのだろうか。私はそれを懸念する。

私は、十年も経てば、(確実に)天安門事件のような
大規模なデモが再び起きるだろうという、
リベラルな人たちが抱く淡い期待を共有しない。

もはや起こりえない。

資本主義と民主主義の結婚は、破綻したのだ。

Slavoj Zizek



リンク:



Twitterより:
 YouTubeのどこかで見た誰かの傑作な言葉の紹介をかねて、少しだけTwitterでのやりとりを引用。

@tkatsumi06j 勝見貴弘
あ、なるほど。あなたも「結婚」と素直に訳されたんですね。ここ私実は最初悩みました。RT @BeneVerba 同じ人です。重なるといったのは内容の方ですね、失礼。資本主義と民主主義が一体である状態は終わったからおおいに資本主義批判をしよう、ということかと。

@BeneVerba BeneVerba
@tkatsumi06j そこは実は何も考えず訳しました。最初に @toshiogr さん経由で知った時に、そういう風に訳されていたので。でも、その後彼の演説のYouTubeでのコメントに「結婚生活は終わったよ、だって資本主義の家庭内暴力がひどいんだもん」みたいなのがありました。

@tkatsumi06j 勝見貴弘
あはは、それは素晴らしい!RT @BeneVerba 最初に @toshiogr さん経由で知った時に、そういう風に訳されていたので。でも、その後彼の演説のYouTubeでのコメントに「結婚生活は終わったよ、だって資本主義の家庭内暴力がひどいんだもん」みたいなのがありました。


by BeneVerba | 2011-10-30 08:07 | 転載 | Trackback | Comments(0)