タグ:高橋源一郎 ( 2 ) タグの人気記事

 たった今高橋源一郎『恋する原発』(講談社)を読み終えた。その読後感を失わないうちにこれを書こうと思う。ここでは一応カテゴリ分けのため書評としたが、インターネット上に発表する文章は、紙媒体のそれとは異なる性格のものであっていいと思う。以前にもある本の「書評」をオンラインで発表しようとしたのだが、今ではその時抱いていた考えとは異なっている。そのようなものとして受け取ってほしい。


 この小説は「大震災チャリティーAVを作ろう奮闘する男たちの愛と冒険と魂の物語」と帯に書かれている。だが、とてもそのような売り文句で言い表せるようなものではない。というより、全ての良質な小説がそうであるように、どのような言葉もこの作品を要約できないのではないかと思う。それでも敢えて短く言い表すならば、これは、三・一一体験というものがあるならば、それが私たち全てに強いるものを、性に立脚しつつ、凝縮して示したような作品だと私には思われた。

 「なぜ原発とアダルト・ビデオなのか」という問いに対しては、この小説を読み終えた読者ならば、こう答えるはずだ。「なぜなら原発は、性という私たちの生命を紡ぐための自然な行為を、破壊しようとするものだから」と。そしてこう付け加えるかもしれない。「むしろ私たちは原発と性の問題こそを考えるべきではないのか。それが私たちの生、個人的な生のみならず種としての生を脅かすが故に」。

 おそらく三・一一の直後には、ほとんどの人がテレビかじりついて、呆然とした思いでそれを見つめていたのではないかと思うが、人々には、その時画面に見た光景のみに対してではなく、様々な思いが去来したのではないだろうか?私はそうだった。直接的な津波被害、震災被害、放射能被害から、そのようなものまでを総称して、さしあたり三・一一体験と呼びたいと思う。

 実際のところ、この本を読んでいる最中に私が思い浮かべていたのは、三・一一を様々な人々の視点から再構成した優れたルポルタージュである広河隆一『福島 原発と人びと』(岩波新書)だった。おそらく両方の書物は、三・一一体験を、また三・一一体験とは日常化するものではないことを、私たちに想起させる点で共通しているのだ。

 『恋する原発』においては、それは例えば、戦艦大和の生存者であるアダルト・ビデオ制作会社の「会長」の体験談として、「あらゆる死者を受け入れる施設」に生まれ変わった『ニュー・ヤスクニ』として、被災者であり、児童虐待の被害者であり、「AV女優」である「ヨシコさん」の言葉として、「大震災チャリティーAV」を制作しようとする小説の語り手の、広島の原爆投下によって死亡した「ほんとうの母親」として現れている。

 つまりは、三・一一体験は、私たちがテレビに釘付けになっていたあの時期に起きたことだけのみならず、未来を、そして過去を考えることを強いている。あるいは考え直すことを強いている。これからも強い続けるだろう。それが私たちの性の問題、生の問題であるが故に。そして死者たちの問題であるが故に。小説の形として、そのことを刻んだものとして私はこれを読んだ。

 この小説はある種の二重の否定で終わっている。小説の語り手が選ぶある否定、その小説の語り手に対するある否定。それを念頭に置きつつ、私はこの小説を再び読むことになるだろう。


12/3の追記:
 昨夜この本を読み終えて、そのまま書いたこの文章を、今朝読み直してみると、異性愛的な観点が強すぎるようにも思われる。しかし、性とは種の保存のための行為だけでなく、個と個とを結ぶ行為でもあるという意味において、この文章は読み直しうるのではないだろうか?そして、それこそが「恋する」という言葉の意味ではないかと今思う。『恋する原発』は、その可能性と不可能性を見つめつつ、「恋する」ことを希求している本ではないか。そのことを付記しておきたい。

2012/10/26の変更:
 その後カテゴリを「書籍」とした。そのために本文の内容と齟齬があることを付記しておく。




by BeneVerba | 2011-12-02 23:03 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
 それまで、「ウォール街を占拠せよ」運動にそれ程関心を払って来なかった私が、ナオミ・クラインのスピーチを翻訳し公開しようと思ったのは、私自身がそれに深く心を動かされたからだった。短い言葉で言えば、そこに資本主義批判と環境問題との接合を見たからだ。「ウォール街を占拠せよ」運動と脱原発運動の接合を見たからだ。

 訳に取り掛かると、早速「I was honored...」という、はしがきの最初の一文に引っ掛かることになった。この難しい単語が一つもない文が意外にも訳しにくいのは、「honor(名誉)」という単語が動詞として受身形で使われているからだ(訳文では「栄誉を授かった」としている)。そうした言い回しは日本語に移しにくい。

 このブログは当初、彼女のスピーチを紹介するために開設されたのだったが、アクセス数は開設後の数日間で2千人を越えた。おそらく、それらの人々も変革を求めており、より良い社会を築くための可能性を彼女のスピーチに見たのだろう。


 ところで、匿名で翻訳するということは、何重もの意味で隠れたあり方だ。

 匿名であるということは、実名を明らかにしていないということだけでなく、なぜ実名を明らかにしないのかその理由も明らかにしないということだ。そして、翻訳者は原文の書き手に対して、追い越すことも後れを取ることもできないし、押しのけることもできない。ただ、後を追いかけることができるだけだ。

 一方、それを公開するということは、何も隠すところのない行為だ。そしてその二つの間に、問題が一つある。もし、インターネット上の匿名の翻訳者という曖昧で複雑な存在に対して「名誉」が与えられるとしたら、誰がどんなやり方でそうするのかということだ。


 この問題に対して、昨日27日の朝日新聞朝刊の「祝島からNYへ 希望の共同体を求めて」と題された論壇時評で、高橋源一郎氏と朝日新聞は一つの回答を与えた。それは実際に私の訳文そのものを引用し、注記でこのブログの名称とURLを紹介するというものだった。

 引用された言葉は、私が考えあぐねた末に訳したという意味で、紛れもなく私の言葉だった。

 例えば、「stay put」は改稿を重ねるうちに「とどまり続ける」から「居続ける」になった。「flowers」を「花」にするか「花々」にするか考え、後者にした。「the information age」は「この情報の時代」とでも訳したかったが、「情報化時代」としなければならなかった。「a fact」を「現実」とするか「事実」とするか迷ったあげく前者とした。

 「have roots」は最初「根を持っていない」と直訳していた。その後、「root」という単語が動詞として「根づく」という意味があることを考慮し、「根をはって」とした。今となっては正確に思い出せないが、そこには祝島への思いがあったかもしれない。なぜなら、震災からそれ程経っていない時期のある集会で、初めて祝島と上関原発のことを知り、それについて考えざるを得なかったからだ。


 それ以外の方法が採用されるおそれもあった。実際には私の訳文を参照しているのにこっそり訳し直したり、引用せず単にナオミ・クラインがこういう話をしたという形で内容だけを伝えたりといったやり方で。しかし氏はそうしなかった。

 そして、題名からもわかるとおり、ニューヨークと祝島を重ね合わせて新たな社会のあり方を探ることが、この時評のテーマだ。高橋氏もまた訳文を読んだ一人であり、そこに可能性を見た一人であり、私が半ば無意識的に訳文に盛り込んだ意味を探り当てたのかもしれない。


 日本の社会は、そして日本のインターネット社会は、匿名性の強いものになっている。そして今私はこんなことを考えている。もし、日本の社会に匿名であることや、社会への主張を控えることを強いるような何かがあるのならば、個人に対するそうした抑圧を取り除くことで、社会を変革していくことが可能になるのではないか。

 私は、自分の訳した文章が引用されることによって、匿名であるまま記名性を与えられた。それは「honor(名誉)」の問題というよりは、「credit(名誉)」の問題だ。高橋源一郎氏と朝日新聞にあらためて感謝の言葉を申し上げる。

 そして、そういう風に匿名の存在をとり扱うのは「honorable(立派)」な態度だと言いたい。なぜなら、それが個人への抑圧を取り除くかもしれないからだ。私以外の人々に対しても、そうした「名誉」が与えられることを願う。

by BeneVerba | 2011-10-28 14:53 | このブログ | Trackback | Comments(0)