*福岡市民救援会の通信紙に発表したものを、少し加筆修正したものです。福岡市民救援会の総意などではなく、私個人の意見です。

 今にはじまったことではないが、現天皇である明仁を持ち上げる風潮が続いている。特に、退位の意向を述べた「おことば」とやら以降、感銘を受けたという人々が、知識人なども含めて、一定数いるようだ。もとより天皇制とそれが生み出す時代区分(端的には「元号」)からは、離れて生きたいと願ってはいるが、来年に予定されている代替わりの前に、あらためて焦点が当たっている「象徴天皇制」というものについて、若干の批判を試みたい。

 とはいえ、紙幅の上でも、私の体力的にも網羅的な批判は難しい。ただ、現時点で私が考えていることを、この機会に自由に述べようとしているだけである。それゆえに、本稿の題名を「覚え書き的象徴天皇制批判」とした次第である。

 また、用語について述べておくと、現行の天皇制を「象徴天皇制」と呼ぶことには、いくらかの疑義がなくもない。大日本帝国憲法下の天皇制もまた、象徴的な機能をも持っていたと考えられるからである。とはいえ、既にこの言葉はある程度使われている言葉であるし、ここではそれに従うことにしようと思う。

 さて、明仁が称揚されているのは、裕仁と比較してのことであると考えられるが、まずはそこに嘘があると思う。少しばかり個人史的に振り返るのを許してもらうと、裕仁が死んだのは学生時代のことであり、それなりに年齢を加えた今、明仁が生前退位(この言葉はマスメディアから消えてしまったが)して、徳仁に代替わりしようとしているわけである。

 裕仁が死んだ時、私はただの学生で特に政治的ではなかったが、それでも「ああ、ついに戦争責任を取らせることなく死なせてしまったな」と思ったものである。別な言い方をすると、天皇裕仁という存在が戦争責任を取らないままであったことは、濃淡の差こそあれ、一定の範囲で共有されていた認識ではないかと思うのだ。ザ・タイムズの記者に質問されて、裕仁が「そういう言葉のアヤについては、私は文学方面はあまり研究もしていないので、よくわかりません」と答えたのは、あまりにも有名である。

 日本人(あるいは日本社会)は、裕仁に戦争の最高責任者としての責任を取らせないまま、「自然死」させたわけである。私は「戦争責任を追求する責任」もまた、「戦争責任」の一種ではないかと思う。「戦争責任」の頂点にあるのが裕仁だとしても、日本人たちには「戦争責任を追求する責任」があったはずである。ということは、裕仁が戦争責任を果たさなかっただけでなく、日本人たちもまた戦争責任を(やや異なる意味でだが)果たさなかったということだ。

 そして、その二重の無責任の上に成り立っているのが、明仁という存在である。称揚できるはずもない。ところが、承知のように、人々はそのようには考えなかった。むしろ、裕仁のような「疚しさ」のない、「平和の象徴」として明仁を歓迎したのだった。例えば、近年は安倍政権への反対が一つの大きな課題となっているが、「安倍は悪いやつだが、天皇は平和を愛しておられる」などといった類いの言葉を聞いたのは、一度や二度ではない。これでは、裕仁について「天皇陛下は悪くない。軍部に騙されておられる」と言うのとそう変わりはしない。

 そのようなことを考えていたところ、数日前には裕仁の侍従長の日記に、裕仁が戦争責任について漏らした言葉が書かれているというニュースが広まった。それらを伝えるマスメディアの論調には、はっきりそうとは書かれてはいないものの、「昭和天皇は、戦争責任を痛感しておられる良心的な方だった」というニュアンスがこもっていた。これにはさすがにあきれた。明仁が持ち上げられてきた(それが欺瞞であることは既に書いた)のは、裕仁と比較してのことだったはずである。ところが、今度は裕仁についてすら歴史を改編しようというのだろうか。

 とはいえ、このような動向(それを私は承知していないわけだが)には、一定の根拠があると思う。一言で言えば、人々は先に述べたような意味での戦争責任(「戦争責任を追及する責任」)を、果たさなかった自分たちを許したいのだと思う。より大きな視点から見れば、戦後の日本というものを「平和と民主主義」の時代として、自己のイメージを改変していってるのだろうと思う。その意味で、天皇とは日本人の無責任の象徴であり、ナルシシズムの拠り所であろう。

 それゆえ、天皇制に反対することには、少なくとも二つの側面があるのではないかと思う。一つは、もちろん、裕仁に戦争責任はあることやそれを果たさなかったこと、あるいは明仁もその上にあること等といった事実を訴えていくことである。もう一つは、先に述べたような歴史の歪曲と闘うことである。

 そのような歴史の歪曲は、日本社会の没論理性と没倫理性に由来すると考えられる。そうした悪い意味での融通無碍さと闘う者は、おそらくは必然的に「世間」から孤立することだろう。「なぜ天皇制に反対する必要がある?無害じゃないか」とか、「変なことを訴える人々」だとか。だが私はそこで、ぜひみんなで「孤立」しようじゃないか、「世間」というやつから降りようじゃないか、と言いたいのだ。なぜなら、そうすることではじめて連帯の可能性が生まれるであろうし、それが増すだろうからだ。

 また、これはもっと一般的な抗議活動などにも言えることではないだろうか。デモをやったりする時には、ふだん生活者・消費者として生きている世界から降りて、もっと根源的な個人としての自分の尊厳を基板として、活動しているのだと考えられる。そしてまた、そのように「世間」に流されずに、自分の中にあるモノサシに従って行動する者は、「世間」からは孤立してしまうものなのだ。

 裕仁の死の際には、強烈な「自粛ムード」があったが、来年の代替わりに対しては、今のところ歓迎的なムードが基調となっている。二つは対照的に見えて、どちらも悪質なものだと思う。この傾向は来年に向けて強くなっていくことだろう。

 私は世代的に言って、「連帯を求めて孤立を恐れず」という言葉に、特段の思い入れはない。だが、私が誰かと連帯できるとしたら、上に述べてきたような意味で「孤立」している人々だろうと思う。それに従って言えば、さしづめ「孤立を求めて連帯を恐れず」ということになろう。

 日本社会を変えようとする闘いは、個別のイシューへの取り組みであるとともに、その没論理性と没倫理性との闘いでもあるのではないだろうか。みな、「世間」から降りてもっと孤立するべきだ。そういう人が増えるほど連帯の可能性も大きくなるだろう。そのことを繰り返して、本稿を終えたい。

# by BeneVerba | 2018-09-26 07:26 | 意見 | Trackback | Comments(0)
 大月書店当該の芦原です。およそ一年半ぶりの「のうがき」登場となります。既に、このニュースでも何度かお伝えしましたが、ここ数年間非常に重い抑うつ状態にあります。
 
 その上、さらに追い打ちをかけるような出来事が最近ありました。大月書店の岩下結編集者が、「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」なる団体の一人として、コメントを寄せているニュースを見たのです。

 その時以来、これまで社会運動に参加してきた中で受けた、様々な差別がフラッシュバックのように繰り返し繰り返し思い起こされる、という極めて辛い体験に苦しんでいます。

 岩下が私に対して行ったことは「踏み絵」でした。「あなたの思想信条を捨てなさい。朝鮮民族としてのアイデンティティも捨てなさい。そしたら仕事をやらないこともない」といったようなものです。そのような差別者が、こともあろうに「反差別」を掲げてマスメディアに登場しているのです。

 思い詰めたあまり、匿名で「自殺予防ホットライン」に電話をしたりもしたこともあると言えば、私の今の苦しみの一端は推測できるでしょうか?

 シェイクスピアの『マクベス』の冒頭で、魔女たちが「Fair is foul and foul is fair」(マコトはウソなり、ウソはマコトなり)という呪文めいた奇妙な言葉を唱えます。これが今の私の生きている世界です。


# by BeneVerba | 2018-08-03 06:13 | 意見 | Trackback | Comments(0)
 私は、ある意味で自分のことを「見過ごされた/意図的に無視された差別被害者」だと考えるときがあります。差別というのは、人の魂の少なくとも一部を殺してしまうようなものです。あるいは身体の一部をもぎ取ってしまうようなものです。しかし、それに釣り合うものを私は得ていません。私は未だに血を流し続けて苦しんでいます。

 二〇一一年の年始、私は非常に健康で全く何の問題のないレベルで暮らしていました。社会復帰に向けて、少しずつ努力していました。私の人生はいくつかの言葉で言い表せます。「ぜんそく、うつ病、差別」です。どれも生きることそのものを困難にする、恐ろしい病気です。その二〇一一年頃、ひとまずうつ病の心配がいらなくなったと思ったら、今度は大月書店によって思想差別、民族差別を突きつけられました。次から次に、人生に関わるような問題が起きるせいで、その時私に休む暇ありませんでした。

 私が三・一一以来の運動でやって来たことの一つは、「差別に反対すること」です。だからこそ、在特会のような人々だけではなく、「反原発・反差別には天皇主義/靖国崇拝の右翼の協力も必要」(野間易通)いった人々や、「反現連や日の丸を批判するな」(大月書店)「日の丸が上がることは叛旗を意味する(原田裕史)「自分の中にある差別を忘れて、まず在特会をたたくことが必要」などと言ってきた人たちに対して、抗議運動の現場やインターネットで反論してきたのです。これらは「マジョリティ票狙いの右傾化路線」と言っていいでしょう。そして、その失敗は今や明らかです

 このような詭弁には人を謬らせる危ういものがあります。手短に言うと、こうした言説は、日本社会のマジョリティにとって大変に都合が良く、マイノリティにとって困ったものになっているのです。ここでは、二つだけ問題点を挙げると、一つには「普通の日本人」と在特会などの民族差別団体を区分することで、「普通の日本人」が差別と無縁であるかのような切断処理がなされている点です。しかし、日本社会における差別の主要な担い手は「マジョリティ」「普通の日本人」なのです。

 もう一つは、民族差別の文脈に即して言えば、「差別の責任に限定をつけている」点です。在特会をはじめとする団体が、最悪の民族差別団体であることに、疑いはありません。しかし、反差別のために右翼と組んだり、差別に対して差別で反撃したり、カウンターの場に日の丸を持って現れるのならば、単にそれらの団体を否定する以上の意味を持ちます。

 それは要するに、「在特会などの団体は否定するがそれ以上のことをする気はない」(在特会の源流である右翼の責任を追及する気ははない、日本の差別的な体制を変える気はない、我々「普通の日本人」は在特会を退治する正義の味方であって、差別の担い手ではないのだから変わる必要はない)などなどの態度を意味することになるのです。在日朝鮮人は日本の帝国主義によって、日本社会に定住するようになった存在なのだから、全くのばかげた意見です。

 ところが、そのような詭弁を信じ込んだ人々は、被差別者でもある私を、激越なまでに攻撃してきました。その中で差部発言が何度も飛び出したのは、(充分ではありませんが)これまでのエントリで指摘したとおりです。私はインターネット上で何度もリンチに遭い、その度に何日間も寝込むような傷つき方をしました。

 「リンチ事件」などの事件が起きたから、「カウンター」に問題があったのではありません。それは最初から問題含みの、ある意味日本人が好き勝手に在日朝鮮人の運命をもてあそんだものでした。それはいわば「在特会」を出汁に、あらゆる暴力性を解放するようなものでした。反原発運動への日の丸の持ち込みと、右翼との共闘と同じ流れにある出来事だと思います。

 私は、現在元々重いうつ病を抱えているために思うように動けず、本来なら当然すべき反論もできません。しかし、差別は加害者の謝罪もしくは賠償によって片をつけるものかと思いますが、それがまだ果たされていません。私は、この数年間ずっと、差別者たちによってえぐられた傷から、血を流し続けています。差別とは、見えないナイフで刺されるようなものです。「まだ、二、三本しか刺していないからたいしたことはない」などとはなりません。一本一本が致命傷なのです。

 まるで当たり前の評論家か活動家のような活動をして、私の人権を根本から否定する差別発言を人々が、「新しい社会運動」について語っているのは、この上ない苦痛です。

# by BeneVerba | 2016-07-23 19:58 | 意見 | Trackback | Comments(3)
 基本的人権にも保障されている思想信条の自由を使用しただけで、なぜ私はこんなにも苦しまなければならないのでしょうか?私がやったことと言えば、大月書店からの「反原連批判をやめよ」「日の丸批判をやめよ」という指示に従わなかったことです。その結果、半ば決まりかけていた次の翻訳書をチャラにされました。

 大月書店には、私が祖父を朝鮮半島に持つ、日本国籍の在日朝鮮人であることを伝えていましたし、また、大月書店との契約に先立って、日の丸の持ち込みに代表されるような反原発運動の国民運動を批判してきました。大月書店はその点を踏まえて契約したとみなされて仕方ありません。


 当然ながら、大月書店との契約に当たって、「反原連批判をやめる」「日の丸批判をやめる」などという条項に同意したりもいたしていません。つまりは、私の言論活動は、大月書店との契約とは関係なく、大月書店が私の言論活動に注文を付ける権利はないということです。ましてや、それを餌に「反原連批判をやめないと契約をやらない」などという権利はありません。

 わずか一冊のみ翻訳書を出した人間が、二冊目を断ることは勇気が要ることでした。断ったとして二冊目の依頼が来るかどうかわかりませんから。それに大月書店側がつけこんだと言えることもできると思います。それでも私のルーツと思想信条はかけがえないのものです。比較にすべきものとは思えませんでした。

 思想信条の自由と、エスニシティとは、人権の中でもかけがえないもののはずです。大月書店は私へのメールの中で「伝統的左翼出版社」と言ってきたのですが、その一番大切なものを踏みにじるこの会社が「伝統的左翼出版社」と言えるでしょうか?

 また、大月書店による人権侵害は今でも続いています。二〇一四年の社前行動では、終結した私たち全国争議団に、大月書店社員一名が終始「ファック・ユー!」のサインを出していました。担当編集視野の岩下結も、精神障害者差別や失業者差別をツイッターアカウントで、繰り返しています。これが「伝統的左翼出版社」のあり方でしょうか。

 つまり、大月書店のしたことと言えば、私が以前からそうした活動を行っていたことを知りつつ、また、在に朝鮮人であることを知りつつも、私の自由な言論活動に口出しし、(日の丸や極右を擁護する)反原連と日の丸批判をやめるように自作の翻訳契約とバーターで脅迫したということなのです。

 さらに、私の健康問題もあります。会社から不当な仕打ちを受けることは、それだけで大きな痛手です。それに加えて労組に入り争議を起こし、労働委員会やら行政訴訟で争うことも大きな負担になります。大月書店との仕事を始めるまで、比較的に健康だった私の健康はぼろぼろになってしまいました。

 また、私はこの問題が、(意外にも支持してくださっている方も多いとはいえ)さほど注目を集めていないことに腹を立てています。私があまり好きではない喩えですが、ナチスドイツに喩えるとします。ハーケンクロイツを批判するユダヤ人著述家に対して、「それでは受けない。ハーケンクロイツ批判はやめてくれ」などという出版社があるものでしょうか?

 日の丸を良しとする風潮には、日本人の歴史への忘却と関わっています。「日の丸くらいいいじゃないか」という体制に流されず、私は最後まで日の丸を帝国主義のシンボルとして認めない人間であろうと思います。

 それならそれでいいでしょう。日の丸は帝国主義の残滓でしかないということを明らかにするためにも、これからも戦い続けます。

# by BeneVerba | 2016-07-05 00:06 | 意見 | Trackback | Comments(0)
 二〇一一年六月一一日は、私にとって重要な日の一つである。それは一言で言って、反原発運動が変質した日、もっと悪く言えば象徴的な意味で反原発運動が殺された日である。この日東京は新宿で「原発やめろ!!デモ」が開かれ、その集会前アピールに日の丸が登壇するということがあった(ほどなく引きずりおろされた)。なお、参加者に聞くと、大変な勢いのあるものだったようだ。

 また、この日の日の丸登壇には、あまり注目されていないようだが、鈴木邦男が関わっている。なお、集会の様子が島田暁氏によって、ほぼ全てが撮影されている。実際、このフィルムには、新右翼の鈴木邦男が日の丸登壇に果たした役割が、はっきりとらえてあるのだがその割には認知度低い。今さらながら動画を見て解析したい。

 まず、撮影部分では、中山一也氏も登壇者ととしてこの部分には登場するのだが、これがひどい内容で実際にブーイングを受けている。

 中山一也「白州二郎や坂本龍馬が今いたらなんと嘆くことか」「だからこそ今こそ日本人は今こそすばらしいってことを、世界にアピールしようないですか。それが世界に対するね、お詫びですよ」「そしいもう一つ言うのは、広島に原子爆弾を落とされて、アインシュタインその原爆を作ったときに、核は絶対悪だということを湯川秀樹といっしょに言っているんだけどね。その二番目の場面が今回福島というところで、こういう災いを日本がなぜ受けないといけないのかといったら、なぜなら日本人は世界に誇れる民族であるからですよ」

 あまりコメントを付ける必要もないだろう。あからさまなナショナリズムである。

 さて、あらためて、タイムコードに注意しつつ画面に注目してほしい。

4分30分
 日の丸を持った人物(ざらすとろ)が現れ、他の人物たちの軽いもみ合い。やがて、この場に鈴木邦男らしい人物の背中も見える。その後、ざらすとらと鈴木の二人で話しているように見える場面も。

6分30分
 救援会からのアナウンス中に、ざらすとろがにじるようにして徐々に登壇の方に移動していく。

7分40分
 ざらすとらがマイクをジャック。この直前に鈴木邦男がざらすとらに手を振り、「行け行け」とするような仕草が見せる。また、鈴木はざらすとろの背中を押し、登壇した後には拍手もしている。

 このフィルムを材料に、ざらすとろと鈴木邦男の共犯とまで言えないかもしれない。しかし、事前の話し合い(と思しきもの)、「行け行け」という仕草、背中を押したこと、その後の拍手など、少なくとも「鈴木邦男がざろすとろを唆した」という形容をしても言いすぎではないだろうか。反原発運動の右傾化に対する鈴木邦男の責任追及を忘れてはいけない。





# by BeneVerba | 2016-07-04 23:08 | 運動 | Trackback | Comments(0)